太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

生活習慣の影響

毎日の生活。
私の場合、ここ3年間仕事優先の生活。
その前の4、5年は、お金はなくても、
畑作りを楽しんだり、手作りを楽しんだり、
人とのつながりも、今よりは楽しんでいたように思う。

毎日畑に精を出していると、どんどん楽しくなっていって、
いろんなことができるようになって、得意にもなってくる。
毎日お料理に精を出していた頃も同じだ。

でもそれは、生活習慣が変わると案外そっけなく
なくなってしまうのかもしれない。
最近はお料理をする自分の手もある意味ぎこちないし、
裁縫仕事などさらにひどい。
子どもたちが小さい頃は、お料理はもちろん、
パンも日常焼いていたし、ぬいぐるみも積み木も手作りしていた。

今回長女に子どもができると知り、
いつも子どもたちや孫ちゃんにしていたように、
ベビーベッドの上に下げるモビールを作ろうと思った。
なのに、このところ3、4年針と糸を持っていないこの手は、
針と糸を持つことにすごく抵抗があり、
仕事から帰ると、疲れているから針を持つ気には到底なれないし、
週末は週末でのんびりしたいし、
私はもう針も持てないのか?と感じた。
こんなことでは畑ももうできないかもしれない、
ペットももう飼えないかも、そんな気分になった。

自分に鞭を打って針と糸を手にして、
モビールのマスコットはかろうじて作り始めました。
d0251987_08271101.jpg
ちゃんとできあがるかなぁ。



[PR]
# by boudham | 2018-03-23 08:40 | Comments(4)

ジョージアは春

ジョージアに来てほぼ一週間。
雨の日もあったが、ほとんどいいお天気に恵まれている。
実は今ジャグジーから携帯で更新中。
d0251987_07144744.jpeg
気持ちいい!
けど、たぶん平均的な人には
このお湯は汚なすぎるかも。
ゴミや葉っぱが浮いているし、ありも縁に
行列を作っている。見えるかな。
d0251987_07131656.jpeg
職場の桜が咲き始めている。
d0251987_07224998.jpeg
ハナミズキがあちこちに咲いている。
明後日は未だに雪が降るミシガンに帰るが、
今回の出張はちょっと得をした気分だ。
d0251987_07233418.jpeg

[PR]
# by boudham | 2018-03-16 07:07 | Comments(2)

風邪と私の仕事

今回の風邪、未だにちゃんと治っていないが、
職場でも、長引いている人が多く、
治りかけていたのにまたひどくなってしまう人もいる。

私の場合、仕事でしゃべらなくてはいけないので、
喉の風邪は致命傷だ。
3週間ぐらい前、一番咳がひどかったころは、
通訳中に咳が止まらなくなって、本当に困ってしまった。
困ってしまったも何も、そうなってしまったらどうしようもないのだけど。
仕事はそこで中断。残された人たちは通訳が突然いなくなって、
会話ができなくなってしまう。
いつも2人組とかで仕事ができたらいいけど、
ここはそんなに大きな会社でもないし、そうはいかない。

できなくなってしまった場合はそうなるしかないが、
少しでもできるようになると、休ませるべき喉も、
すぐに酷使される状態になって、無理を容赦なくされる。
仕事を休みでもしなければ、声を出して仕事をする羽目になる。
だったら休めば? と思うのに、1日休めばまたもう1日と、
どんどん休んでしまいそうで、今度はそれが怖くてなかなか休めない、
という変な精神状態に陥ってしまった。
仕事って変な中毒性があるのか、
それともたまたま私がそうなだけなのか、
いや、それともお金がほしいからここまでしているのか、
よくわからないけど、我ながらよく仕事ばかりしているものだ。
明日はまたジョージアへ行く。



[PR]
# by boudham | 2018-03-09 09:44 | Comments(9)

まだ冬なミシガン

2ヶ月ぐらいブログの更新をしないでしまった。
昨年末から風邪気味だったのが、カリフォルニアに行ったときは、
ちょっとマシになったかと思ったら、
ミシガンに帰ってきてまたずっとくすぶり続けていた。
ジョージアとを行き来しながらずっとそんな状態だったが、
2週間前ついに熱も出て咳も止まらなくなり、
そして、いまはだいぶ回復した・・・よかったーー
風邪は一度はある程度悪化しないと良くならないのかな。
未だに痰が絡むので薬を飲んでいるが。

ブログに載せようと写真を撮ったりしたが、
どれを載せようかと考え始めるとブログが更新できなくなるので、
過去の分は置いておいて、とりあえず今の写真を載せようっと。
窓の外はぼた雪が降っている。
d0251987_08331050.jpg
今日は家にもう何もなかったので、仕事帰り買い物に行った。
久しぶりにステーキみたいな力の出そうなものが食べたかったので、
今日の夕食はステーキにした。
d0251987_08360095.jpg
ステーキをわざわざ焼いてまで食べようと思う程度に
元気になったということなので、うれしいことだ。
200gぐらいの半分以上平らげた。
d0251987_08394014.jpg
だんだんと積もってきているが、
明日は普段より早く6時に家を出なくてはいけないので、
積もらないといいなー 車に霜がつかないといいなーー

昨夜見た夢のこと。
私はよく夢を見て、しかも起きたときに覚えている。
娘たちは今やみんな30代なのに、
夢に出てくる姿はいつも子どもだ。
これは年を取ってきている傾向なのかな、と思っていた。
年を取ってくると、少し前のことより、
ずっと前のことを思い出すと読んだり聞いたりしたことがある。
ところが、昨夜見た夢は、私が7、8歳のときの設定だった。
自分は今の自分なのだが、その頃住んでいた家に寝ていて、
トイレに行こうとしているところだった。
子どもたちは存在していないころなので、
当然出てこなくて、姉が出てきた。
これって、夢がどんどん昔のことになっていって、
私はどんどん年を取ってきているということなのだろうか。
きゃーー



[PR]
# by boudham | 2018-03-07 08:54 | Comments(10)

よく眠れる夜

ロングビーチでは3女の小さい部屋に泊めてもらっている。
ソファの背を倒すとベッドになるのでそれに私が寝、
3女は床にスリーピングバッグで寝ている。
そのソファベッドは普通ならかなり寝心地の悪い代物なのだが、
毎晩不思議なほどよく眠れる。
それはたぶん、日中頭ばかりアンバランスに使うことなく、
気持ちがリラックスしていて、
歩いたり遊んだり程よく体を使っているからにちがいない。
d0251987_08403904.jpg
d0251987_08532113.jpg
d0251987_08545602.jpg
d0251987_08560928.jpg

d0251987_08395084.jpg
d0251987_08422629.jpg
孫ちゃんには普通のことでも、これだけやれば、
おばあちゃんはそりゃあよく眠れるでしょう。
今日は3女が教えているヨガクラスも無料で受けさせてもらった。
d0251987_08454022.jpg
遊園地で遊んでも、ヨガをしても、
自分の体力がひどく落ちているのを実感。
日頃のウォーキングやスイミングは、
どうやら大した運動になっていないようだ。
一人でもくもくとしているだけだと、
そういうことにも気づかないから困ったものだ。


[PR]
# by boudham | 2018-01-18 08:49 | Comments(6)

カリフォルニアに来ています

昨日、今年初めての記事を投稿して、
それを読むとジョージアにいるように思われたかもしれないが、
実は数日前から南カリフォルニアに来ている。
1週間の休暇を取って娘たちに会いに来た。
真冬のミシガンやジョージアと打って変わって、
夏のようなロングビーチ。
公園のファーマーズマーケットでかき氷を買う孫ちゃん。
d0251987_04595289.jpg
孫ちゃんはもう6歳で、学校にも通っている。
d0251987_05005360.jpg
今朝一人で海まで散歩に行った。
今日はちょっと曇っていて、海はもやーっと霞んでいた。
d0251987_05021113.jpg
海は霞んでいても、ビーチの植物はビビッド。
d0251987_05031557.jpg
ロングビーチならではのレインボーカラーの横断歩道もビビッド。
d0251987_05025526.jpg
お天気がよくて暖かいと何をするにも楽で、
寒いミシガンに帰るのが嫌になってしまいそうだ。


[PR]
# by boudham | 2018-01-17 05:07 | Comments(0)

すてきなホテル

今回アトランタで初めて泊まったホテル。
ポルシェの北米拠点の一部になっているホテルだった。
入り口に飾ってあるポルシェ。
d0251987_12071403.jpg
部屋はたまたまだが、すてきなスイート。
d0251987_12080004.jpg
レストランからの眺めは、着陸する飛行機が数分ごとに
降下してくるのが良く見える。
たぶんよく計算された、よい眺め。すばらしい。
d0251987_12073327.jpg
でも、私がレストランで一番目を見張ったのはこれ。
d0251987_12082233.jpg
テーブルに置いてあった高さ40センチぐらいの、この瓶の中には
一つの世界が出来上がっているように見えた。
数種類の植物、苔、きのこが育っている。
底にはちゃんと土があって、中は湿気があり、
鬱蒼としているのがわかる。
こういうの、自分でも作ってみたい。
ペットを飼うのは今の私にはできないし、畑も無理だけど、
こんな瓶の世界なら、できないかなーー


[PR]
# by boudham | 2018-01-16 12:14 | Comments(0)

もう1月も半分過ぎてしまった

みなさん、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ふぅーー もう1月15日だ。
今年は1日にジョージアに移動して、
2日からジョージアで初仕事。
なので、お正月気分は全くなしだった・・・が、
アパートの部屋の壁には暮れにしめ飾りを飾った。
長女が過去に2回送ってくれたしめ飾りが
両方取ってあったので、両方繋げて壁に飾った。
d0251987_11510097.jpg
d0251987_11511774.jpg
元旦のミシガンはすごーく寒く、
車から空港のターミナルまでスーツケースを引いていっただけで、
顔が痛くなり、死ぬかと思うほど寒かった。
d0251987_11515245.jpg
これなら、ジョージア出張もラッキーかも! と思ったら、
アメリカ全体が寒波に襲われていたらしく、
ジョージアも寒かった。
d0251987_11522441.jpg
ヤドリギがついている木。
ジョージアも気温がマイナスで、すごく寒かったが、
お天気はよかった。
ただ、普段寒くならない土地が寒くなると、
屋内が寒くて仕方ない。
その点、ミシガンは冬は寒くなるのが前提なので、
屋内は暖かく快適なのだった。
そんな寒いジョージアのオフィスで新年初仕事が始まった。

[PR]
# by boudham | 2018-01-16 12:00 | Comments(2)

今年の思い出

今年も今日が最終日になってしまった。
今年一番心が揺さぶられたことを書いておこう。
10月に私の3人娘は予定を合わせ、一緒に日本の父親宅に行った。
私の元旦那だ。
彼は来年ついに日本で定年を迎え、
大学職員用の公舎から日本国外に引っ越すそうだ。
私が残してきた子どもたちのものが、
私たちがアメリカに来てから17年、
かなりそのままになっていたようで、
娘たちはそんな物を整理しに行ったのだ。
整理するとは、つまりはほとんど捨てたということだ。
お人形や、おもちゃ、私が当時取っておいた手紙類、
子どもたちの絵や工作、お雛様、その他いろんな物があったようだ。
いくつかは写真を撮って私に送ってくれて、
捨ててもいいのか? ときいてきた。
きかれた物は全て捨てていい、と答えた。
だって、他にどうしようもない。
持ってきたり送ってもらうには遠すぎる。
どうせ死ぬときは持っていけないから、
どんなに愛着があるものでも、いつか手放さなければならない。
思い出のたくさん詰まったものを実際捨てる作業をした娘たちは
悲しい気持ちがしただろう。ご苦労様でした、と言いたい。
それにしても、子どもたちの工作や絵がかわいらしくて、
あまりの懐かしさになんとも言えない気持ちがした。
d0251987_01062456.jpg
d0251987_01050534.jpg
d0251987_01382194.jpg
一つ、変な文章が入った絵があって、はじめは忘れていたが、
なぜこんなことを3女が私に言ったのかを思い出し、
なんとも言えない気持ちになった。
これがそれだ↓
d0251987_01104304.jpg
「まま、れいかがいちばんばかです」
私はあのころ、ハーレクインの小説の翻訳をしていて、
3ヶ月に1度締め切りに追われていた。
徹夜続きだったり、子どもたちをなんとか夫に連れ出してもらって、
仕事時間を作ろうと必死なことがあった。
翻訳の仕事は集中力がいるから一人のほうが絶対はかどるから。
そんなある日、夫が子どもたちをどこかへ
連れ出してくれることになった。
だが、3女だけ行きたくない!
と言い張って家に残った。
彼女はママ(私)と一緒にいたかったのだ。
そんな彼女(当時5、6歳の)に私は、
怒って「バカ!」と怒鳴ったのだった。
私は3女に残られては仕事ができないと思ったのだ。
普段、私は子どもたちにバカ!などと怒鳴ることは
あまりなかったはずだが、
その時だけは、締め切りのストレスからそう言ってしまった。
その後、バカと言われた3女は悲しい気持ちで、
この手紙を私に書いたのだろう。
今、考えると泣けてきて仕方がないが、
あのときの自分のストレスも覚えている。
もっとストレスを感じずに子育てができていたらよかったな。
でも、もう済んだことは仕方がない。

今年は2月にペルーに一人旅をした。
それは今年のいい思い出になった。




[PR]
# by boudham | 2018-01-01 01:24 | Comments(14)

お掃除ロボット

1週間前に届いたお掃除ロボット。
信頼できる友達がとても割のいい安売りを見つけてくれたので、
思い切って買った。100ドルちょっとだ。
d0251987_07065825.jpg
これがすごい優れ者で、
毎回(一回2時間ぐらいかな)手の平にふわっと乗るぐらいの
ゴミを集めてくれる。
1回目に集めてくれたゴミをA4の紙の上に置いた↓
d0251987_07140889.jpg
その後毎日仕事から帰ってから1ラウンドお掃除してもらってるが、
初日の半分ぐらいの量のゴミをいつも集めてくれている。
壁や家具やいろんなものにぶつかっては後退し、
それをうまくよけてお掃除してくれる。
d0251987_07132891.jpg
d0251987_07113850.jpg
ときどきカーペットのフサや端っこ、
電気のコードにひっかかることがある。
ひっかかりを直そうとするのだが、
自分で直せないとその場で止まってしまう。
最近私はお掃除ロボットがひっかかりそうなものは、
最初からよけてからロボットをスタートさせる。

私は家事の中でお掃除が、しかも掃除機掛けが一番嫌いなので、
このロボットのおかげでそれをしなくて良くなるなら、
100ドルは安いものだ。そうなるだろうか?
そうなったら最高なんだけど。
d0251987_07162041.jpg



[PR]
# by boudham | 2017-12-24 07:17 | Comments(2)