太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

寒波

ミシガンは今週寒波で、今日は朝から午後まで吹雪だった。
朝、仕事に行ったが、駐車場に車を止めてから職場の建物に入るまで、
わずか50メートルの距離が、向かい風で顔が凍りそうで、
建物にたどり着いたときは、はぁーはぁーっと3分ぐらい、回復に時間がかかった。
明日の予報は最高気温がマイナス9度、最低はマイナス26度。
明後日とその次の日は最高気温がマイナス24度、最低はマイナス28度だ。
私がこれまで経験した寒さの最高記録かもしれない。
ミシガン、寒いっ!

今日仕事から戻ったら、アパートの駐車場と前の歩道の雪かきが行われていた。
アパート前の歩道はこんな手押しの雪かき機で除雪。
d0251987_10271329.jpg
アパートの裏の駐車場は除雪車が除雪。
後ろの方に見える大きな除雪用雪かきが付いた車が見えるかな。
私もアパートの他の住民も、雪かきに来てくれる人に合わせて、
自分たちの車を移動して、できる限り除雪をしてもらっている。
d0251987_10273054.jpg
雪かきをちゃんとしてもらうことと、
今夜どのぐらい降るかによって、明日仕事に行くときに、
車を出すのがどれだけ大変かどうかが決まる。

今日は仕事に行ったが、咳き込んで大変な状態に3回ぐらい陥った。
重要なミーティング中ではなかったので、よかった。
明日はもっと回復してマシになるといいのだけど。
こんな加湿器をベッドわきに置いたり、
d0251987_10361313.jpg
レモンを買っててはちみつと混ぜて飲んだり、
d0251987_10363763.jpg
いろんな手を尽くして、咳が長引かないようにしているのだが、
本当に早くよくなりたいものだ。


by boudham | 2019-01-29 10:34 | Comments(2)

風邪をひいてしまった

1週間前のジョージア出張の初めから喉がいがらっぽい感じだったが、
普段どおりジムで走ったり、ジャグジーに入ったりしていた。
それがいけなかったのかなぁ。
木曜日から咳き込むようになって、その後は気をつけて自重している。
金曜日は外部のお客さんが来るシチュエーションでの通訳だったので、
咳が出ないようにがんばって、なんとかそこそこ大丈夫だった。
社内の会議の通訳の時は、咳き込んでしまってダメな出来だったので、
ジョージアの通訳に会議の席で待機してもらうことを提案したのだが、
私が咳き込んだら、会議を中断して私が治るまで待つ、と言われた。
そこまで当てにされて嬉しく思うべきか、重荷に思うべきかわからない。

昨日、寒いミシガンに帰ってきて週末は家で休んでいる。
たくさん眠れたのはよかったが、
気管支の辺りに痰がつまっているような感じで、
喉より深いところからひどい咳が出る。
声はまだ出るが、ガラガラ声だ。
明日、仕事ができるだろうか。

ジョージアでいつも泊まるホテルのジムで。
d0251987_07453959.jpg
日本食レストランでおいしいお寿司も食べた。
d0251987_07461118.jpg
でも、今は明日(月曜日)仕事に行けるかどうか、
行ったら仕事になるかどうかが一番の心配事だ。





by boudham | 2019-01-28 07:48 | Comments(6)

最近なかなか目覚めない

どうしてなのかな。
普段、目覚ましをかけていても、それが鳴る前に目覚めていたのに、
ここ2ヶ月ぐらい目覚ましが鳴るまで目が覚めない。
鳴ってからも、まだ寝ていたいのにーーと辛い思いでなんとか起きる。
どうしてこうなったのだろう。

前回パンを焼いた記事を載せたあと、
お料理らしいお料理をしていない。
じつは食べる量をすごく減らしている。
パンを一気に何枚も食べたら、
一気に着ている服のウエストがきつくなった。
これほどてきめんに結果が出るなんてショックだった。
なので、その後パンもご飯もやめて、
なんとか着ている服が窮屈ではないところまで戻った。

これから1週間の天気予報は、最高気温もマイナスな毎日だ。
今日は土曜日、アパートの窓から自分の車を見ると、
だんだんと雪に埋もれてきている。
d0251987_07350674.jpg
私は明日から一週間ジョージアに出張だし、
上司がうちで私をピックアップしてくれることになっているので、
このままでもいいやー と思っていたのだが、
これから1週間の天気予報を見ると最高気温がプラスになる日が
なんと水曜日1日だけ、しかもプラス1度だ。
ということは、一週間後私が帰ってきたときは、
車がこのまま雪に埋もれた状態のままで、
しかもガチガチに凍っているのか?
と心配になり、車から雪を落とすことにした。
d0251987_07352614.jpg
また降る可能性は高いが、とりあえず今のところはオッケーだ。
d0251987_07354470.jpg
ミシガンの冬は厳しい。
が、実は私はあまりそうは感じていない。
家の造りや暖房が徹底しているので、家の中はいつもポカポカだからだ。
ジョージアは日本の九州ぐらいの緯度で、
温暖ではあるのだが、冬はそれなりに寒い。
建物の造りや暖房設備はミシガンのように寒冷地仕様ではないので、
ミシガンと違って屋内が寒い。
だから、来週ジョージア出張だというと、
仕事仲間はジョージアは暖かいからよかったねー というのだが、
それは実は違うのだ。
半端なく寒いミシガンの冬の方が、わりと快適だという気もする。
(運転だけは除く)




by boudham | 2019-01-20 07:49 | Comments(2)

久しぶりのパン焼き

日本の軽井沢のお土産にりんごジャムとりんごバターをいただいた。
d0251987_09451882.jpg
おいしそうなので、パンにつけていただきたいが、
実は私はパンを日常食さないのだ。
家にパンを置いておかない、だいたい買わない。
それはなぜかというと、私は美味しいパンだけが好きで、
アメリカの普通のパンは食べる気がしない。
しかし、美味しいパンがあると、我を忘れて食べてしまうので、
半端なくカロリー摂取してしまうことになる。
だから普段は食べない。
とはいえ、外食や会社で出されたパンは食べている。
だから、それでも十分すぎるほどパンを食べてしまっているのだ。
家でどうしてもパンが食べたくなったときは自分で焼く。
ということで週末このジャムを食べるために久しぶりにパンを焼いた。
雑穀がたくさん入ったパンを焼きたいので、
カリフォルニアの婆さんのレシピをもとに、さらに雑穀を増やして作った。
コネコネ↓
d0251987_09493976.jpg
入れたのは全粒粉、グルテン粉、ひきわりオーツ、コーンミール、キヌア、チアシード、フラックスシード、白胡麻、パンプキンシード、チェスナッツ。
これでもかというほど雑穀を入れたので、
ふんわり感は全くないが、噛み締めれば噛みしめるほど味の出るパンができた。
d0251987_09545614.jpg
私好みのパンだ。
d0251987_10034314.jpg
ジャムをのせたらおいしい!
でも、私的にはオリーブオイルで食べるのがとてもおいしかった。
それでスライス6枚ぐらいあっという間に食べてしまった。
やっぱりパンは美味しすぎて体重管理には危険な存在だ。




by boudham | 2019-01-08 10:07 | Comments(8)

今年初めての週末

新年だし、いろいろと豊富もあったのだが、
ちょっとしたことで左下のあばらを痛めてしまい、
動くのが大変になってしまった。
寝返り、姿勢を変えるとき、起きたり寝たり、
くしゃみや深呼吸のときなどが痛くて大変。
これと同じことは過去に4回ぐらい経験があるので、
時間が治療で、よくなるのをひたすら待つしかない。
肋骨の下部は私のウィークポイントなのか?
それとも骨全体が弱いのだろうか? 
そうなんだとしたら問題だな。
とにかく、仕事に支障はないと思うので、
週末はゆっくり休む(ゴロゴロする)ことにしよう。
何もしなくてもおなかは減るので冷蔵庫にあるもので
肉じゃがを作った。ハラペーニョ入り。
d0251987_12362761.jpg
年末のカリフォルニア訪問の写真を見ていて、
孫ちゃん2との写真を繰り返し見た。
d0251987_12371980.jpg
プレゼントでもらったこの買い物袋のお花の絵は、
この孫ちゃんが小さなお手てで、ペタペタと色を染めてくれたのだそうだ。
本人はそんなことは忘れていると思うが、こんな笑顔はかわいい。
お母さん(長女)に少し似ているかな。


by boudham | 2019-01-06 12:42 | Comments(2)

2019年

新年明けましておめでとうございます。
今年も皆さんにとって良いお年になりますように。

このブログも始めてから8年目になった。
ほんとうにいろんなことがあったな。
ブログで知り合うことができた人たちも数多いし、
自分の記録としても助かっているこのブログ。
ときには書くに値することがないと思える日が続いたり、
気持ちがいっぱいいっぱいで何を書いたらいいのかわからない日があったり、
そんなこともあるけど、続けてきた。
ブログを覗いてくださる方々はこんなでも訪問してくださって
ありがとうございます。

30日にミシガンに戻ってきて以来、今日初めて青空が見られた。
仕事が終わって帰宅してからもまだ明るかったので、
ウォーキングに出かけた。
d0251987_11571973.jpg
夕暮れ時の寒い中でのおさんぽだったが、雪がないから楽だ。
今日は仕事二日目だったが、休暇後で通訳がうまくできないかと思っていたら、
それが案外うまくできてほっとした。
これまではちょっと休むとすぐに脳みそや口が錆び付いて、
スラスラと訳せなくなる感じがしていたのだ。
でも、今回は10日も休んだのに、なぜか、
休暇前よりもうまくできているような気がする。
やはり、たまに休暇を取るのはいいことなのかもしれない。
d0251987_11583332.jpg
去年の1月にカリフォルニアに行って娘たちと会ったとき、
娘たちと一緒に2018年の目標をみんなでそれぞれ書いた。
娘たちはいろんなことを書いていたのに、私のはこれだった。
d0251987_12042914.jpg
「現状維持」
1年前の私はそれしか考えつかなかった。
今の仕事を何とか続け、生活を安定させようということしか考えられなかった。
それ以外のことは、とりあえずどうでもいいというような気持ちだった。
今年も同じように今年の目標というか豊富を書いたが、
去年とは気分が大きく違っているのに気付いた。
d0251987_12045069.jpg
たぶん私は、この知らない土地で3年間自分なりに仕事をしてきて、
やっと少し気持ちにゆとりが持ててきたのかもしれない。
少し慣れたというか。
ゆとりがもてたのはいいけど、ここは私がずっと住むつもりの場所ではないので、
近いうちにまた次の場所を探さないといけない。



by boudham | 2019-01-04 12:15 | Comments(6)

太陽いっぱいからどんより曇り空へ戻る

1週間の南カリフォルニアは明るかった。
ワンコもいたので散歩もできたし、
買い物も歩いていけるところがいい。
ロングビーチはそんな街だが、ロングビーチでも恵まれたロケーションだ。
アメリカで歩いて買い物や飲み食いに行ける場所に住んでいる人は少ないだろう。
d0251987_03251070.jpg
d0251987_03213944.jpg
3女はこんなスクーターが普段の足で、それより遠いところに行くときは、
バスや電車、またはウーバーを使う。
d0251987_03221300.jpg
こんなバーで巨大ビールも飲んだし↓
d0251987_03261630.jpg
ラーメン屋でおいしいラーメンもみんなで食べたし、
孫ちゃん達にも会えたし楽しい滞在だった。
昨夜ミシガンに帰ってきたが、
外はどんよりと分厚い雲で覆われていて青空のかけらも見えない。
あさってからまた仕事だ! 今年もがんばろう。
あと来年の目標はヨガかな。
ということでこれからヨガのクラスを探そうと思う。




by boudham | 2019-01-01 03:33 | Comments(0)

3女とヨガ

3女はヨガのインストラクターだが、
今回彼女のクラスの3つに参加させてもらった。
一つは普通のクラスで、とてもハードだった。
日ごろの運動不足がたたり、バランス感覚がひどく悪くて、
できないポーズもたくさんあって、ちょっとがっくりきた。

もう一つは、ママにはこっちのほうがピッタリと3女が言ったシニアクラス。
椅子とマットを使ってやるのだが、確かにこちらのほうがレベルが合っている。
シニアに一歩足を踏み入れている年齢だとはいえ、
このままどんどん体が劣っていったらやばい。
ヨガは誰でも自分に合わせたレベルでできるからこれから
もっと日常的にしたいと思うが、クラスがないとどうも
自分一人ではしないでしまうのが私の悪いところだ。

もう一つ受けたのは脳卒中などで体に麻痺がある人のクラスだ。
このクラスはマットなしでほとんど椅子に座った状態でする。
ヨガは本当に誰でもできる運動だし、このクラスもハードだった。
日本人も数人来ていて、娘さんにはお世話になっていますなどと言われ、
恥ずかしいやら嬉しいやらだった。
3女はこの2年ほどヨガインストラクターとしてどんどん成長し、
自分一人の力で一つ一つクラスをゲットしてキャリア面も広げていっている。
体を張っての仕事で大変なこともあるだろうと思う。
みなさん、よろしかったらインスタのページを覗いてみてください。
また、お近くの方はクラスも受てみてください。



by boudham | 2019-01-01 03:01 | Comments(0)

年明け前のお正月のお祝い

娘たちは私同様お正月は日本風に祝いたいようで、
私がいない年も栗きんとんなどを作って姉妹で一緒に祝っていた。
今年は私も参加なのでお料理を数種類作った。
もちろん娘たちの大好物の栗きんとんも。
d0251987_01393837.jpeg
アメリカの日系人たちは日本にいる日本人よりも真剣に
日本の習慣を守ろうとしているようなところもあるが、
私や娘たちもそんなふうになっていくのだろうか。
長女がお年玉の習慣も復活させたので、
3人の孫ちゃんは親やおばあちゃん(私)からお年玉もあり、
娘たちは7歳の孫ちゃん1に日本語で「あけましておめでとう」を言わせ、
両手で封筒を受け取るようにと教えていた。
私、昔そんなことを子どもたちに教えたっけ?
ともかく、これは私にはうれしいことだ。
できれば娘たちにはもっと日本語を話してほしいし、
孫ちゃんも話せるようになってほしいが、それは難しいようだ。

長女の住むサンディエゴには、戦前から住んでいる日系人が開いている
和菓子屋さんがあるそうで、そこから美しい和菓子を買って来てくれた。
d0251987_01475864.jpeg
戦前からいる人たちとすると、戦争中は強制収容所に入れられたのだろう、
と私が言ったら、娘たちは強制収容所時代の話を
日系人から聞いたことがあると言っていた。
クリスマスのケーキといい、この和菓子といい、
日本人はアメリカでもいろんな日本的なものを作り、
日系人はじめ、多くのアメリカ人たちがそれを買っておいしいと絶賛する。
カリフォルニアは日本はじめいろんな文化があっていい。

食事の後、みんなで散歩に出かけた。
海まで10分かからない二女宅は素晴らしいロケーションだ。
d0251987_01533902.jpeg
d0251987_01535887.jpeg
たくさん歩いて帰りは暗くなっていた。
孫ちゃん2には長すぎたようで最後はベビーカーから出して
お母さんが抱っこをしなければならなくなって大変そうだった。
私の子連れ時代は遠い過去のことになったが、
確かに大変といえば大変だったわ。
そんな時期もあっという間に過ぎてそのうちとても懐かしい日々に変わる。




by boudham | 2019-01-01 01:55 | Comments(0)