太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

英日通訳がどう大変か

今週は月、火と日本との会議で残業連続で始まった。
時差があるからどうしてもこうなるのだ。
11〜12時間も仕事をして家に帰るとぐったりする。
夕食はたいていこんなときは職場で残業の人用に取るピザだ。

日本語から英語の通訳がどういう風に大変なのか、
ちょっと説明してみたい。
例えば、日本人が会議であまり前置きもなく資料を見て、
「うーん、なんとかもっと上げて行ってもらわないと困るでしょう」
などと言ったとすると、私の頭の中は、
誰が困るの? もっと上げるべきな人は誰?
何をもっと上げるの? ってパニクって、
必死に状況を知ろうとする。
とはいえ、会話はどんどん先に進むので、とりあえず、
必死な思いで「Well, it is troublesome unless
somehow they manage to raise this higher」などと言う。
主語はじめ、言葉の省略は日本語では普通のことだから、
省略されている言葉が何なのか?といつも私は神経を張り詰めている。
英語はあまりその種の省略がない代わり、
(英語という言語は言葉をあまり省略できない構造だから)
弾丸トークというか、とにかく言葉数が多いから、
すごい早口で日本語にしていかなければならない。
これまたすごい集中力がいるし、喉は酷使される。

ときどき日本人が「ああ、マイケル、高いとかいう話が出たんだって?」
などと突然話し始め、そこで文章を切って、
私が訳すのをご親切に待ってくれることもあるが、
ここで切られてもどう英語にしたらいいのか。
とにかく主語を言ってくれーーと心の中で祈りながら次を待っていると、
「あれ? なんで訳してくれないの?」みたいに変に思われることもある。
とにかく集中力を使う上、新しいボスの通訳はまだ慣れないので、
家に帰ってくるともうへとへと。
ワイン飲んで寝るだけ。

ここまで書いて思ったが、俳句が日本語だから可能な芸術だというのも、
日本語がいろんな言葉を省略することによって、
むしろ美しい表現ができたりするからなのかもね。
それに比べ西洋の詩は、特に、古い詩とか(ゲーテもボードレールも)
結構くどいと私は思うのだけど。
いずれにしろ、私のような能力が不十分な通訳にとっては、
どちらもすごく悩みの種だ。




[PR]
by boudham | 2018-06-20 10:21 | Comments(0)

苦味という美味しさの不思議

姉が送ってくれたフキノトウをこの週末食べている。
d0251987_03401663.jpg
食べているというより味わっている。
時間をおいて、食べ比べたりしながら、
この美味しさはなんなんだろうと考えている。
d0251987_03410530.jpg
乾燥わらびもそうなのだが、
この美味しさはなんなんだろう。
ピザや、ステーキや、お寿司のトロやイクラが
美味しいのとは、まったく違う美味しさなのだ。
そもそも苦味が美味しいというのは、
どういうことなのだろう。
ゴーヤーなどは、私は食べ慣れていないから、
懐かしい食品としては上がらないけど、
あの苦味が美味しい感じは、よくわかる。
フキノトウの苦味はこんなにもおいしいのだから。
ここアメリカでも寿司が食べられて、
お醤油も味噌も納豆もちょっと遠出すれば手に入るのだが、
どうしても手に入らないのがこういうものだ。
この、おいしい苦味って、どういうことなんだろう。




[PR]
by boudham | 2018-06-18 03:46 | Comments(2)

この1週間のいろいろ

新しいボスとのジョージア出張。
ジョージアはネムノキが花咲く季節だった。
d0251987_07055784.jpg
d0251987_07062013.jpg
去年の今頃ジョージアのあちこちで目にしたネムノキの花、
記事にも書いたし(→⭐︎)、あのころ綺麗だなーと思ったが、
どうやら増えすぎて困っている種らしい。

出張終わってぐったり疲れて帰って来たら、
日本の姉から小包が届いていてうれしかった。
d0251987_07093964.jpg
これから週末に食べようと思っている。
平日は味わう時間と気持ちの余裕がないから。

それからこんな和む写真が送られてきた。
d0251987_07113978.jpg
孫ちゃん2が私が作ったモビールを見つめている写真。
(4月にモビールを設置したとき)
今回このモビールを作るのは少し大変だった。
現在の生活のモードが「手作り」などということから、
かけ離れてしまっていて、針を持ったのも数年ぶりだった。
でも、作って良かった!

こんな感じで最近は、畑、手作り、しかもお料理からも、
私の生活モードは遠くなってきている。
人間、そのときにフォーカスしているものによって、
こんなに変わるんだなーーと我ながら不思議だ。
でも、やっぱりあと数年は老後のためにお金を貯めることが、
私にとっての最優先順位事項なのだ。

もう一枚、孫ちゃん1は今日が小学校1年生の最後の日だった、
と写真が送られてきた。
このブログにこんな記事を書いたこともある孫ちゃん1。
もうこんなに大きくなった。早いなぁーー
d0251987_07273680.jpeg
私は遠くにいるし、日々をシェアすることもないまま、
どんどん孫ちゃんは大きくなっていってしまう。





[PR]
by boudham | 2018-06-15 07:30 | Comments(5)

今日この頃の気持ち

ブログの更新が一月近く空いてしまった。
仕事場で一番近く接しているボスが変わり、
仕事が以前より重荷に感じるようになってきた。
以前はボスの仕事ぶりが大好きだったので、
仕事が楽しくて突っ走ってきたが、
ボスが別の人になって、
私は仕事に関して気持ちにブレーキがかかってしまい、
どうしていいのかよくわからない。

老後の貯蓄のために働いているのだが、
実際いくら貯めたら十分なのか。
私がどんなにがんばってもお金持ちにはなれないし、
家を買うというのを漠然と目標にしていたが、
家の値段は場所によって大きく違うから、
いったいいくらまで貯まったらよしといえるのかわからない。

それにこの頃思うのだが、
家を買っても、一人で家に住んで楽しいのだろうか。
一軒家に一人で住むのは怖いような気もする。
アメリカだからそう感じるのかわからない。

アパートの駐車場の花。
ライラックは今年は少ししか咲かなかった。
d0251987_07001501.jpg
でもその下にある白い花は可憐な美しさがあって気に入った。
d0251987_07402726.jpg
前回の記事ではやっと春が来た! と言ったが、
もう初夏になり30度を超える暑い日もあった。
相変わらず仕事でジョージアとミシガンを
行ったり来たりしている。








[PR]
by boudham | 2018-06-03 07:05 | Comments(16)