人気ブログランキング |

ボーダはゆく

boudha.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

狭いキッチンでワイワイお料理

感謝祭当日は娘二人と3人で担当を分けてお料理。
私はイランのアシュというハーブたっぷりのスープと、
パンとハーブ類で作るスタッフィング。
2女はインゲンのサイドディッシュとデザート。
3女はメインのターキー(七面鳥)
とは言ってもターキーとは呼び名ばかりで実はベジタリアンの
野菜オンリーでできたターキーもどきだ。
ハーブの山を前に、イランの思い出に浸りながらハーブを刻んだ。
イランでこのスープを作るのを手伝った時 →☆(砂漠人さんのブログです)
d0251987_16231147.jpg
今回使ったのは、ディル、ほうれん草、イタリアンパセリ、シラントロ、グリーンオニオン。
ちなみにキッチンがいっぱいなのでリビングで刻んだ。
キッチンはこんな様子。
d0251987_16314146.jpeg
お料理中にシャンペンで乾杯!
d0251987_16330542.jpeg
娘たち、それぞれパソコンでレシピを見ながら作っているようだ。
2女のデザートは凝ったパイを二種類。
食べ過ぎないようにマフィン型で小さいのを少しだけ作ってくれた。
一つはパンプキン、サツマイモ、バナナの入ったパイ。
もう一つはバラの形のアップルパイ。
焼く前の写真。
d0251987_16355040.jpeg
そして、3女のベジターキー。
d0251987_16422603.jpeg
バタースクウォッシュの中になす、ズッキーニ、ネギをスタッフィングして、、、
紐で巻いて、グレージングもして、まるでターキーみたい。
d0251987_16375701.jpeg
くり抜いたスクウォッシュ、ズッキーニ、なすは、
パルメザンやナッツとペースト状にして隙間を埋める。
これは面白半分なお料理だと思ったが、実際なかなかおいしかった。
こんなでワイワイと狭い我が家のアパートでみんなで午後中お料理。
そして、感謝祭のディナーの完成。
d0251987_16485946.jpeg
d0251987_16494727.jpeg
みんなでお料理なんて今はめったにできないけど、
やっぱりいいねぇ。
考えてみれば我が家はみんなお料理好きの食いしん坊だ。






by boudham | 2015-11-28 16:56 | 家族 | Comments(10)

早く帰りたい

今は水曜日の早朝でこれから仕事。
月火水と普通の仕事日だが、午後お弁当を食べてからが長く感じる。
いつもはそんなこと感じないし、就業時間が終わっても残っている仕事があると
残業もあまり気にならない。
それが今娘たちが来ているから、早く帰りたい〜と思ってしまうのだ。
特に最後の1時間2時間は5分ごとに時計を見るような感じ(笑)
昔、中高生だったころを思い出す。

日曜日のシカゴは土曜と打って変わって快晴。
d0251987_19471417.jpeg
ビルの間をたくさん歩いた。
d0251987_19483092.jpeg
お昼はシカゴピザ。
カリカリのディープなクラストに具がたっぷり入っているタイプだ。
ヘビーだけど、寒いところをたくさん歩き回った後は特においしかった。
d0251987_19500273.jpeg
私が昼間いなくても、というかいないほうが(?)娘たちは
自由にのんびり楽しく過ごしている様子。
ヨガ、ウォーキング始め、普段家で忙しくてできないことが
じっくりできている様子だ。
明日は感謝祭。
みんなでいろいろお料理の予定だ。
早く今日の仕事が終わらないかなぁ。
でも、早く時間が過ぎたら過ぎたで、
金、土は二人をそれぞれ空港に送っていかなくてはならないので、
その日があっという間に来てしまう。

シカゴアートインスティチュートはフランス国旗色にライトアップされていた。
d0251987_20030689.jpg
フランスの、世界中のテロの犠牲者のことを考えた。

by boudham | 2015-11-25 19:57 | 家族 | Comments(8)

シカゴに来ています

d0251987_22323123.jpeg
土曜日はシカゴ雪でべちゃべちゃしてましたが、無事3女と3女の友達を迎えに行ってさっそくあちこち散策。

ジョンハンコックビル、有名な高いビルに上ったけど、霧で何も見えず、ザンネン。
d0251987_22422809.jpeg

初めてiPhoneでアップ。
ちゃんとできているかな。

by boudham | 2015-11-22 22:31 | Comments(4)

これからお迎え

これからカリフォルニアからやって来る2女を、
インディアナ州の空港に迎えに行く。
うちから一番近い空港で車で1時間半ぐらいかかるようだ。
なので、今日は仕事が終わってから部屋を掃除して、
このために買ったエアーマットレスを膨らまして寝床を準備して、
買い物に行っておやつのフルーツやナッツを買った。
d0251987_11043997.jpg
d0251987_11054009.jpg
ここに越してきてから初めてのお客さんだ。
到着は夜中なので、ここに戻ってくるのは午前2時ぐらいになるかな。
夜食用に肉じゃがも作った。
d0251987_11080969.jpg
残念ながら明日(金曜日)は私は仕事なので一日留守になる。
土曜日は2女と一緒に今度は3女をシカゴまで迎えに行く。
娘たちがこうして遠いミシガンまで訪ねてきてくれるのはとても嬉しい。
来週は木曜日が感謝祭なので、それに合わせての来訪だが、
私は月火水も仕事があるので、
娘二人でこの小さい町でのんびり過ごしてもらうしかない。
私の会社は雇用されてから6ヶ月経過しないと有給休暇が取れないので、
残念ながら今回はぎりぎりで取れないのだ。
それでも実際は私がずっといるよりも、ある程度いなくなるほうが、
娘たちにとってもちょうどいいかも。
準備も整ったし、そろそろ時間なので迎えに行こうっと。
暗い道を1時間半の運転になるが、迷わないといいな。


by boudham | 2015-11-20 11:17 | 家族 | Comments(8)

自分ちにただいま〜

昨日強風と小雨の中、飛行機はなんとか着陸して、
そこからさらに車で2時間半かけて
アパートに帰り着いたときは真っ暗だった。
今日は昨日と打って変わって快晴。
d0251987_07175759.jpg
私のミシガンのアパートは両隣と後ろが教会なので、
懐かしい教会の鐘が今日も聞こえてくる。
植物はちゃんと元気にしていたし、木もサボテンも大きくなっている。
ここを後にしたときはまだ夏だったのだから、そりゃ育つわけだ。
今は秋、落ち葉も結構床に積もっている。
d0251987_07211377.jpg
まだ6週間ぐらいしか暮らしたことのないこのアパートだが、
家に帰ってきた気はするものの、
いろいろ忘れてしまっていることもある。
引っ越してきて物が片付いたとたんに3ヶ月半も留守にしたので、
自分で何をどこにしまったのか思い出せない。
その点ではまだちょっと人のうちにいるような気分だ。
食料品も何があって何はないのか忘れてしまった。
この2年ほど、トイレットペーパーを自分で買ったのは、
ここにいた6週間だけで、そのときいろいろ小さいパックを買って試してみて、
気に入った種類を決めたはずだったのにどれだったか忘れてしまった。
なので、今日はトイレットペーパー売り場でうろうろ。
どれがお気に入り品だったか思い出そうとしてみても、思い出せなかった。
キッチンのテーブルの上にグッドウィル(リサイクルショップ)で買った
メイソンジャーが何個かそのまま置いてあって、
わざわざ欲しくて買いに行ったことは覚えているが、
何に使おうと思って買ったのかが思い出せない。
新品は12個パックで売っているので、
それでは多すぎるとわざわざグッドウィルで買ったことは覚えているのだが。
ボケてきた?
とにかく、そんなこんなで自分の家にいるのに、
わからないことがいろいろあって不思議な気分だ。


by boudham | 2015-11-15 07:33 | ミシガンで新生活 | Comments(12)

ジョージアは一旦さよなら

今日ミシガンに飛ぶので、これから荷造りをしなければ。
ブログに載せようと思っていた写真で
載せる機会がなかったのが数枚あるのでジョージアを出る前に載せておく。

「一旦さよなら」とタイトルに書いたのは、
たぶんまた出張で来ることになるかなー という気がするから。
先のことはわからないが。

2週間前のアトランタ。霧が深くて高層ビルの上の部分が見えなかった。
d0251987_18404946.jpg
d0251987_18412759.jpg
ジョージアは湿気が多く、霧? というかもやに包まれることが多かった。
寒そうに見えるかもしれないが、そんなに寒い訳ではない。

ある日のホテルごはん。
蕎麦だけど、おかずはジョージアならではのフルーツと塩茹でした生ピーナッツ。
d0251987_18441292.jpg
塩茹でピーナッツはかなりハマって食べていたのだが、
ここ1ヶ月ほどはひかえていた。
外食が多くなって体重が増えてきたからだ。
本当は私には外食よりこの塩茹でピーナッツのほうがおいしいくらいだが、
両方食べてたらどんどん太ってしまうからねぇ。

d0251987_18471282.jpg
牛のいる牧場を見つけてからは、いつもその道を通勤に使うようになった。
毎日牛を見ながら通勤するだけで一日の楽しみが一つ増えるからね。
もっとゆっくりみたいのだが、道に路肩がないので、
車を止めて写真を撮ったり見たりすることができないのが残念。
上の写真の1匹は明らかに私を見ている。
d0251987_18502783.jpg
上の白い家は牧場主の家だと思うが、
南部の人は白い柱のあるこういうスタイルの家が好きらしい。
この辺ではこういう家をたくさん見かける。

水辺で見かけた里芋みたいな葉っぱ。
子供の頃、こういう葉っぱの上で水の玉を転がして遊んだことを思い出した。
d0251987_18524299.jpg
さーて、荷造りを始めないと。


by boudham | 2015-11-13 18:54 | 出張・ジョージア | Comments(4)

ウォルマートのジャケット

ミシガンに帰るのに暖かい服が必要なので、
ウォルマートでジャケットを買った。
ウォルマートはアメリカ中どこでもあるスーパーの大きなチェーン店だ。
ここ数年出張でいろんな場所に行ったが、
どこにでもウォルマートだけはあった。
そして、売っているものはかなり安い。
このジャケットはミシガンに帰るように買ったが$19.96(約2000円)だ。
d0251987_18584980.jpg
ほらね。
d0251987_18592207.jpg
メイドインチャイナのこのジャケット、
ウォルマートで買うのはこれで3度目だ。
出張で寒いところと暖かいところを行き来するので、
買っては捨ててくる(ホテルに置いてくる)を繰り返した。
1度目はペンシルベニアのウォルマートで紫色を買った。
その1年後、またペンシルベニアの同じウォルマートで今度はピンクを購入。
これ↓
d0251987_19024389.jpg
そして、今年はミシガンへの帰りの道中のためにここジョージアで購入。
色はまた紫。
d0251987_19040819.jpg
19ドルだし、もちろんダウンではなくポリエステル製だが、
それにしてもどうしてこんなに安いのか。
中国でどんな風に生産されているのだろう。
この売値からして、すごく安い費用で作られていることは間違いない。
材料が安いのは別として、
これを作っている人たちの労働条件のことなどを考えると、
複雑な気持ちだ。



by boudham | 2015-11-12 19:11 | 出張・ジョージア | Comments(2)

秋のジョージア

この頃すっかり秋らしくなったジョージア。
d0251987_12074924.jpg
職場にある日本の楓(たぶん)
d0251987_12063267.jpg
あと数日でミシガンに帰るので、もっと真っ赤になったところは見れなさそうだ。
ミシガンはもう木の葉が全部落ちたと聞いている。
寒いらしいが、夏服しか持ってきてないので、
帰りの日のために何か着るものを買いに行かなくちゃー

コロラドからミシガンに越したのが6月2週目。
やっとアパートが片付いたと思ったらジョージア長期出張が入り、
ジョージアのホテル生活が3ヶ月以上も続いている。
もうこっちが家みたいなものだ。
よくホテル生活が長くて大変だねと言われるが、
ここまで来ると、もう大変だとも感じなくなった。

南部訛りもだいぶ慣れた・・・が、
黒人の訛りは未だに聞き取るのが難しい。
昨夜は職場の人のおうちに呼ばれて行ったが、
その晩来ていたのは北部から来た人たちばかりで、
ジョージア出身の人はいなかった。
なので、ジョージア人の英語がわからないとか、
時間にルーズだとか、太った人が多いなどなど、
いろんな悪口(?)が出るわ出るわ。
人間、どこでもこういう会話はつきもので、
きっとジョージア人はミシガン人のことをいろいろ話しているに違いないし、
日本人がいない場では、日本人は・・・といろいろ言われていることだろう(笑)

ここもあと残り一週間ないのだが、
ミシガンの職場に戻るのは緊張するな。
覚えかけた人の名前も忘れてしまったしなぁ。




by boudham | 2015-11-08 12:24 | 出張・ジョージア | Comments(4)

湖で釣り! 釣り人の秘密

職場に日本から釣の達人が新しく来ている。
日本ではスポンサーも付いているような釣り人なのだそうだ。
さっそくその師匠に釣に最低限必要な道具を安く見繕ってもらい、
4人で湖にGO!
こんな感じで釣を開始した。
d0251987_18594378.jpg
静かな湖のほとりの桟橋。
人っ子一人いない大自然の中。
釣はいいなぁー こんな場所に1日中いられるから。
釣りをしてなかったら、どんなに長くいたくても1日中は無理だろう。
師匠の指導のおかげで2種類の小さい魚がちらほら釣れ始めた。
一つはブルーギルという魚、もう一つは師匠も知らない魚。
ブルーギル
d0251987_19222398.jpg
名前のわからない魚
d0251987_19230419.jpg
みんなこの2種類をそこそこ釣っていたが、
突然師匠の竿がこんな風に!
d0251987_19090824.jpg
すごく大きい魚が引っかかったようだった。
師匠は焦らずに魚が泳ぎたいように泳がせながら
岸のほうにゆっくり時間をかけて誘導していった。
でないと安物の竿と糸なので切れてしまうそうだ。
そして岸の浅いところまで連れてきてやっと捕まえた。
d0251987_19130102.jpg
50センチもあるナマズだった。さすが師匠。
私だったらあっという間に糸が切れて終わっていただろう。
夕方まで一日中釣り続けてこれだけ釣れた。
d0251987_19294555.jpg
途中、ボート釣りから帰ってきた釣り人がバスを7匹もくれた。
す、すごい! 私たちが釣っていた魚とは大きさの基準が違い、
一瞬みんな、ボートがすごく羨ましくなった。
1番大きいのが40センチぐらいかな。
d0251987_19311242.jpg
夕方まで一日中釣って、帰りにグリル器を買って、
ホテルの駐車場で焼いて食べることに。
男性陣がグリル器を組み立てている間、
私は小さい魚とナマズの半身をから揚げにした。
d0251987_19333364.jpg
釣りに行かなかった仕事仲間も呼んで一緒にグリル。
大漁話に花を咲かせた。
d0251987_19344430.jpg
ボートの人にもらった7匹の大きいバスが外見的に一番立派だったのだが、
誰もこれがもらいものだとは明かさなかった(笑)








by boudham | 2015-11-01 19:39 | 出張・ジョージア | Comments(10)