太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

冷凍庫を整理しながら・・・

もうすぐまた6週間の出張だし、
家にいる時間がこのごろあまりにも少ない。
冷凍庫に保存しているいろんな意味深い食物も、
私がお料理に使えないと意味がないのだーーー
ということで、旬の時期に面倒な下処理をして保存していたアーティチョークを
一気に使うことにした。
アーティチョークがごろごろ入ったキッシュ。
d0251987_1623199.jpg

パイクラストはダックファット入り。
d0251987_1628311.jpg

このダックファットとサワーチェリーは
相棒の好きなチェリーパイを作るために買って冷凍してあった。
でも、留守が続くとパイを焼いてあげる機会もあまりないので、
一気にキッシュとともにチェリーパイも作った。
d0251987_16255280.jpg

パイ好きの相棒は大感激してくれた。
d0251987_16255324.jpg

アーティチョークキッシュも二人で半分平らげた。
d0251987_16264563.jpg


でも、お料理もここまで。
引き受けすぎてしまった翻訳の仕事が終るかどうか・・・
もうお料理どころじゃなく、今日はひたすら翻訳の仕事をした。
ちゃんと終るといいなーー
でも、そもそも引き受けなければよかったーー
嘆いてももう遅いし。
今回お手伝いをしてくれている方々には本当に感謝です。。。
[PR]
by boudham | 2013-12-31 16:33 | 日常(2013以前) | Comments(8)

お金ってなんなんだろ

世界人口の20%のみが豊かな先進国に生まれ、
その中でも貧困に合わずにいた自分は世界からみたら、
10%以下のラッキーな身分だ。
でも、そんな身分でもお金にはいつも困らせられている。
子供たちは成人してもお金に困っているし、自分だって、
老後どうなるんだか・・・

でも、

炊くほどは風が持て来る落ち葉かな、
立って半畳、寝て一畳。
心配しても仕方がないのですよね。

逆にお金が困らないほどある人は、だからといって幸せでもないようだ。
幸せのためには、家族や友人などの人間関係が大切なようである。

2か月もかけてまだ読み終わっていない、村上春樹の「海辺のカフカ」
今日読んだところにこんなのがあった。

ジャン・ジャック・ルソーは人類が柵をつくるようになったときに文明が生まれたと定義している。そのとおり、すべての文明は柵で仕切られた不自由さの産物なんだ。もっともオーストラリア大陸のアボリジニだけはべつだ。彼らは柵を持たない文明を17世紀まで維持していた。彼らは根っからの自由人だった。好きなときに好きなところに行って好きなことをすることができた。彼らの人生は文字通り歩き回ることだった。歩き回ることは彼らが生きることの深いメタファーだった。イギリス人がやってきて家畜を入れるための柵をつくったとき、彼らはそれが何を意味するのかをさっぱり理解できなかった。そしてその原理を理解できないまま、反社会的で危険な存在して荒野に追い払われた。

この柵っていうのが、お金なんだと思う。
でも、こんな柵のあるのが当たり前の生活をしている我々は、
それを無視することもできないし、どう生きていったらいいのだろう。
[PR]
by boudham | 2013-12-28 12:03 | 思ったこと | Comments(12)

クリスマス当日

クリスマスツリーの下にプレゼントがいつのまにか置いてあるのを見て、
私も何かあげなくちゃと、イブの日に慌ててポピーシードシュトルーデルという
相棒の好きなお菓子を焼いた。
こんなの↓
d0251987_2123313.jpg

もともとハンガリーのお菓子だが、ドイツでも売っているので、
私にも馴染みのあるお菓子だ。
アメリカでは普通見かけない。
相棒は祖父母がハンガリー住まいのドイツ人だったので、
おばあちゃんのハンガリー料理を子どものときに食べた思い出があるのだ。
一応包んだけど、ツリーの下に置いておいたら、
ボウディーに絶対食べられてしまうので、冷蔵庫の上に置いておいた。
私のプレゼントは・・
d0251987_2161094.jpg

ドイツ製のウールのスリッパと電話。
昨日届いたkumiko さんからの手提げ袋と一緒に。
この古くさい電話をわざわざ包んでリボンをかけてくれたのは実はジョークで、
スマートフォンを注文したのだけど、まだ届かなかったのだそうだ。
どんなのがくるんだろう。使いこなせるかな。

朝食
d0251987_2201660.jpg


そして夕食は、相棒のリクエストでこれもハンガリー料理。
d0251987_227025.jpg

グラッシュというパプリカ味のシチューとダンプリング(すいとんみたいなもの)
やはりクリスマスだから、今はいない家族団らんなどを思い出すのかな。
これも子どもの頃に食べた思い出のあるおばあさんのお料理だそうだ。

ボウディーもクリスマスだから、
ドッグフードに豚肉の油身とサワークリームをのせてあげた。
おあずけ中↓
d0251987_2231638.jpg

[PR]
by boudham | 2013-12-27 02:23 | 日常(2013以前) | Comments(9)

クリスマスイブ

クリスマスイブとはいえ、うちはいつもとそれほど変わりない1日。
ドイツのママから相棒にマフラーと毛糸のソックスのプレゼントがちょどイブの日に届き、
一緒に送ったらしい私宛のものはなぜかまだ着いていない。
でも、サプライズなうれしいプレゼントが!
ブログ友達からDVDと手作り買い物バッグが届いた。
d0251987_4463062.jpg

砂漠人というブログのkumikoさんが「こんなところに日本人」
というTV番組に出演なさったときの録画DVDを、
ご本人が日本に帰国されていたときに送ってくださったのだ。
さっそくDVDをコンピューターで観た。感激〜〜

見終わってリビングに行ってみたら、相棒が本棚の大掃除をしていた。
d0251987_453210.jpg

私がここに住み始めてもうすぐ3年になるが、
この棚がきれいになったところは初めて見た。
d0251987_4541063.jpg

棚には本のほか、木製の水鳥の模型がたくさんある。
これは中ががらんどうで軽く、鳥を猟銃で撃つ人が川などに浮かべて、
鳥を引き寄せるために使うものらしい。
でも、相棒は鳥を撃ったりしない。
なぜこんなものがあるのかというと、相棒のお父さんが作ったものだからだ。
92歳で亡くなったお父さんは、定年後、これを作るのが趣味だったとか。
今までホコリがかぶっていて、よく見たことがなかったが、
よく見ると、すごく細くてよくできている。
d0251987_4584464.jpg

相棒がひとつひとつ雑巾できれいにした。
眠っている鳥↓
d0251987_4592060.jpg

羽根の細かい筋が丁寧に精巧に掘られている。
d0251987_504716.jpg

よほど器用で根気づよい人だったんだろうなー

夕食はインドレストランに行った。
相棒はママがプレゼントしてくれたマフラーを巻いて、
私はkumikoさんの手作りバッグを持って
記念撮影↓
d0251987_52161.jpg

[PR]
by boudham | 2013-12-26 05:37 | 日常(2013以前) | Comments(4)

やっぱりうちはいい

d0251987_11545340.jpg

昨日の夕食。
前に作って冷凍しておいたボルシチがあったので、
それとサラダとパンにハムを載せたもの。
相棒と一緒にいただきま〜す
d0251987_11565019.jpg

今朝は起きたら雪が少し積もっていた。
d0251987_11571637.jpg

相棒はまだ風邪ひいてるし、こんな朝はパワージュース。
d0251987_11582790.jpg

大きなボール一杯のザクロ、にんじん、リンゴ、レモンをジュースにした。
それで朝ご飯。
相棒と一緒にいただきま〜す
d0251987_11593014.jpg

今日は日曜だったが、私は翻訳の仕事。
相棒は風邪ひいてるので、本を読んだりドラマを観たりゴロゴロしたり。
夕食に蒸し餃子と温かいソバを作った。
ソバはなんと山形産。Hマートで見つけた貴重品。
d0251987_1214644.jpg

これも相棒といただきま〜す
d0251987_1232984.jpg

うちはいいなぁ〜としみじみ。
年明け早々また長期出張なので、
うちのありがたさをつくづく感じている。。。
[PR]
by boudham | 2013-12-23 12:04 | 日常(2013以前) | Comments(8)

風邪をひかないためには?

寒い寒いデンバーに帰って来た。
相棒は火曜日からずっと風邪で仕事を休んでいて、
やっと昨日声が出るようになったそうだ。
最初フロリダに着いて電話をしても出ないし、
数日間何度かけてもかけ直してもくれないし、どういうこと? 
と怒っていたら、そういうことだった。
今も咳がひどくて、咳以外はマシになって来たそうだが、
風邪の菌が家中そこいら辺を飛んでいるに違いない。

私は年明け早々また6週間の出張が決まっているので、
その間、風邪をひくわけにはいかない。
咳が出たら通訳はできない・・・
ということはいっそ今ひいてしまった方がいいのか・・・
いやでも、うまく今日からひいて1月4日までに治るなんてことが
できる保障はないから、やはりひかないほうがいい。
だから、ひかないようにものすごく気をつけることにした。
「1日1個のりんごは医者知らず」というから、
普段あまり食べないりんごを買ってきた。
野菜ジュース用の野菜も買って、うがいと手洗いと顔洗いを徹底して、
暖かくして、睡眠をタップリとって、ビタミン剤を飲んで、
あとは、んーとんーとなんだろう。

4日間お散歩に連れて行ってもらえなかったボウディーをさっそく散歩に連れて行った。
d0251987_8485665.jpg

クリスマスの飾りがついた家がたくさん。
夜はライトがきれいだが、昼用のかざりもいろいろ。
d0251987_851239.jpg

d0251987_8513445.jpg

さっき買い物に行ったホールフーズの駐車場になんとこんなウサギが。
d0251987_852176.jpg

普通見かける野生のウサギは茶色っぽいのに、
こんな真っ黒は初めてみた。
それとも誰かのペットだったウサちゃんなのかなーー
[PR]
by boudham | 2013-12-22 08:53 | 日常(2013以前) | Comments(6)

着生植物

昨日のブログで紹介したエアープランツのようなのって、
着生植物というようです。
今日も休憩時間に、さらに着生植物を求めて仕事場の建物の回りを歩き回ってみた。
d0251987_11563486.jpg

昨日も載せたこの種類のエアープランツはヤシの木と松の木の両方の幹に育っている。
一本のこんなヤシの木↓
d0251987_11574617.jpg

その幹の地面から50センチぐらいのところにこんな着生植物が生い茂っていた。
d0251987_11592621.jpg

少なくとも2種類あると思う。
d0251987_12033.jpg

今日は着生植物のうち主な2種類の小さいのをひとつずつ採取してきた。
d0251987_1214822.jpg

平べったいギザギザの葉っぱは押し葉にしようと思うが、
エアープラントのほうは押し葉にするには厚みがありすぎる。
かわいそうだが、このままコロラドに持って帰って、
うちの元気のないエアープラントと一緒に世話してみようか。
[PR]
by boudham | 2013-12-19 12:03 | 出張・フロリダ | Comments(6)

休憩時間に見つけたこんなもの

仕事が朝の遅めの時間から夜の遅めの時間帯なので、
せっかくまた暖かいフロリダにいるが、明るい日中の外を楽しむ機会がない。
休憩中に建物の外に出たら、こんなのがあった。
エアープランツ。
d0251987_1281464.jpg

松の木の幹でこんな風に育っている。
うちにもこれと同じようなエアープランツがひとつあるのだが、
生き延びてはいるものの、いつも元気がない。
でも、当然だよなーー
ここフロリダの空気で自然に育つような植物が、
コロラドで元気に育つはずがないのだ。
空気の温度も湿度も圧力も、まーーったく違うんだから。
ここフロリダの別の松の木にはここまで生い茂ったエアープランツが。
d0251987_12111735.jpg

エアープランツ以外にも、松の木の幹にこんな別の種類の植物が育っている。
d0251987_12135585.jpg

やっぱり湿気があって暖かい場所は植物にとって天国なんだなーー

今回は前回と同じ場所で5日間の出張なので、いろいろ勝手がわかり、
初日にホールフーズでレトルト食品これだけ買い込んだ。
ホテルの無料の食事に比べれば、このほうがまだお腹にマシだから。
d0251987_1216437.jpg

レトルトカレー3種、かたゆで卵や豆、豆スープ、サラダなど。
米だけは自分でお鍋で炊こうと調理されていない雑穀米を買った。
5日ぐらいならこれで十分何とかなるだろう。
[PR]
by boudham | 2013-12-18 12:18 | 出張・フロリダ | Comments(7)

昨日のデート&またまた空港

昨日の土曜日は相棒がデンバーアートミュージアムに来ている、
フランスの絵画を見に連れて行ってくれた。
ミュージアムのレストランはちょっと芸術的な雰囲気の、
相棒お気に入りのレストランなので、まずはそこでランチ。
私が頼んだシュリンプエンチラーダのモーレソースがけ。
d0251987_053376.jpg

相棒が頼んだブレックファストブリトー
d0251987_0524670.jpg

今回見に来た特別展はこれ
d0251987_0531070.jpg

モネ、マネ、ロートレック、ルノワール、ゴーギャン、セザンヌなど有名な画家の作品があった。
どれもすばらしかった。
特に、セザンヌとマネが今回は気に入った。
もちろん、モネはいつものようにすばらしく、
一部屋はモネの作品ばかりになっていて、
そこのベンチに座っていると、頭の中にドビュッシーの曲が流れて来た。

そして今朝、またまたデンバー空港に来ている。
実は5日間だけまたフロリダに働きに行くのだ。
キャンセルした方の穴埋めなので、急遽決まった仕事だ。
前回の疲れから完全に回復していなかったのだが、
「断ったら次がこなくなるのでは」といういつもの貧乏性ゆえ、
断ることができないのだ。
今、空港のこんな場所で、
d0251987_0585313.jpg

こんな朝ご飯を食べながらブログを書いている。
d0251987_0584073.jpg

そうそう、昨日アートミュージアムの売店で、
こんなクリスマスツリーの飾りを見つけ、相棒が買ってくれた。
ガラスの球の中に、折り鶴がぶら下がっている。
d0251987_0594351.jpg

[PR]
by boudham | 2013-12-16 01:00 | 出張・フロリダ | Comments(10)

寒波がやっと去った

私が帰って来た翌日から最高気温もマイナスという毎日が続いていた。
その寒波もやっと過ぎ、昨日は日中13℃まで上がった。
そこで庭のビニールで覆っている畑のビニールを外してみた。
d0251987_0442541.jpg

発芽しなかったものや、ケールやレタスのように発芽はしたけど、
寒さで死にかけているものもあるが、
ほうれん草とルッコラは元気に生きている。
ほうれん草↓
d0251987_0452152.jpg

ルッコラ↓
d0251987_118728.jpg

ビニールがかかっているとは言え、マイナス20度でよく死なずに生きているもんだ。
バードバスもカチカチに凍っていたが、新しく水を入れた。
d0251987_1193620.jpg


夕食はピザがいいと相棒が言うので、相変わらず私は自分用を作った。
d0251987_1221395.jpg

左側が私の。ちょっと焼き足りなかったなー
具はハムとサラミ(輸入もの)、オリーブ、アーティチョーク、レッドペッパー。
チーズはフレッシュモツァレラ。
おいしくできないはずがない豪華な具。
でもやはり、あっさりしていてしょっぱくないので、
普通のピザに比べると、もの足りない味かもしれない。
食べながら、ヴァイキングというドラマを観た。
ヴァイキングは西暦900年頃に北欧で栄えた海賊たちだ。
ヨーロッパを回るとあちこちで彼らの歴史が刻まれているのがわかる。
だから大きな関心を持っていたのに、始まって30分ぐらいで眠ってしまった。
このところ毎晩10時間ぐらい眠っている。
[PR]
by boudham | 2013-12-14 01:37 | 日常(2013以前) | Comments(9)