太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

年末なのに締め切りに追われてます

翻訳の仕事が入って忙しくしている。
日本の奈良県からの仕事で閉め切りが1月6日、ということはアメリカの1月5日。
つまり、年末年始は働けという神様から私への御達しらしい。

大掃除もなし、おせち料理なんてもちろんなし、って元々するつもりもなかったけどね。
とにかく新年ムードはなしで、久しぶりに締め切りをクリアすべく仕事に励んでいます。
とてもありがたいこと。何しろ私、いつも職探しをしているような身分なので(苦笑)

仕事は、奈良県○○市の外国人向けシティーガイドのようなものの英訳の直しだ。
「直し」の仕事って、0から訳すより大変だったりする。
日本でハーレクインのロマンス小説を定期的に訳していた頃、下訳の人を探したことがあった。
私1人なら年に3、4冊しか翻訳できないものが、よい下訳の人が見つかれば年に10冊も可能かも、と考えたからだ。
でも、実現しなかった。自分だって、決してすばらしい翻訳家ではない。
でも、翻訳にはある特殊の技能が必要だ。
それは、読者が気持ちよく読めて、本来の意味がちゃんと伝わるように訳すということだ。
今、私が直している英訳は、英語をたくさん勉強した人たちの訳なのだろうが、
英語がネイティブの人たちには、読むのがつらい文章が多すぎる。
読んでも意味がわからない文章もある。
英語は、主語述語がはっきりしていないといけないし、修飾部分はそのあとに来る。
でも、私が直している英訳は、日本語をそのまま英語に移し替えたような文章で、
修飾語が文の始めにいくつも並んでいて、英語としてとても成り立たない。

こんなことをブログで言っても何にもならないが、1月5日まではこの仕事をなんとか終わらせないと・・・とちょっとストレス気味の毎日だ。

みなさん、よいお年を御迎えください。2012もよろしく御願い致します。
[PR]
by boudham | 2011-12-31 11:12 | 日常(2013以前) | Comments(9)

クリスマスのドッグパーク

クロワッサンで軽く朝食を食べたあと、ドッグパークに行った。
クロワッサン、ラズベリー、ブルーベリー、ジャム、ハム半切れ、オレンジジュース
d0251987_3143543.jpg

犬の買い主たちなら誰でも、ワンコにも楽しいクリスマスをと願うようで、
ドッグパークは犬と買い主でいつも以上ににぎわっていた。
d0251987_31634.jpg

d0251987_3172651.jpg

ドッグパークではすれ違い際に知らないもの同士でもよく言葉を交わす。
「名前はなんていうの?」「年は?」「好きなものは?」などと質問が交換される。
でも、誰も人間のことをきいているのではなく、犬に関しての質問だ。
「体重はどのくらい?」「うちのは最近ちょっと太っちゃってね〜」「どこでヘアカットしたの?」「かわいいねーー」「甘えっ子なのね」「ボール遊びは好き?」「水遊びする?」
などなど、いろんな会話がはずむ。
ここで愛犬を連れて歩く人たちはみんなハッピーな顔をしている。
もちろん、いつもハッピーなわけではないだろうが、
飼い犬が楽しそうに駆け回っている姿が見れるこの公園は、買い主にとっても癒しの場なのだろう。
[PR]
by boudham | 2011-12-27 03:24 | 日常(2013以前) | Comments(0)

クリスマスの朝

クリスマスは特に何もしないと話していたので、私はプレゼントすら用意していなかった。しかし、朝起きてクリスマスツリーの下に目をやると、なんとプレゼントが。
d0251987_1342031.jpg

サンタが私に? それともボウディーに? などと考えながら、相棒が起きるのを待った。
私が開けてもいいとのことだったので、開けてみたら、セルフタイマーを使用する際、カメラを固定するマグネットの小さな台だった。いつもセルフタイマーで写真を撮る時、カメラを固定するのに苦労していたので、これがあれば便利かもしれない。

相棒のクリスマスツリーの飾りは一つ一つ思い出のあるものだそうで、見ていると楽しい。
これはパリで買ったエッフェル塔と、ボウディーの前に飼っていた犬に瓜二つの犬の飾りだそうだ。
ちなみに犬種はスプリンガースパニエル。
d0251987_20208.jpg

これはボウディーに似ている犬の飾り。
d0251987_22012.jpg

この洋なしや桃は、指で簡単につぶせそうなうす〜いガラスでできている。砂糖菓子のようなシャカシャカした感触。相棒が子供のときからあるものだそうだ。
d0251987_251162.jpg

d0251987_271166.jpg

これは相棒が5歳のときの手形。
d0251987_285170.jpg

私にはまねできない物持ちの良さ。
私みたいな引っ越し人生だと、常々残せるのは当座の衣類と鍋釜ぐらいなものなのである。
[PR]
by boudham | 2011-12-26 02:12 | 日常(2013以前) | Comments(2)

クリスマスイヴ

感謝祭でお祭りモードを十分堪能したので、クリスマスは特に何もしないということにした。
夕方に相棒と、相棒のチャーチのクリスマスサービスに行った。私がそのチャーチに行ったのは、東北大震災の寄付のための夕食会があったときと今回で合計2回だ。
チャーチと言っても、ユニタリアンのチャーチでキリスト教のチャーチではない。現に相棒はテラヴァダ仏教徒でもある。
サービスは牧師さんのお話と歌とが交互に進む。歌はみんなで歌う。私が知っている曲もたくさんあった。キャンドルサービスがあり、みんなでキャンドルを手に、「きよしこの夜」を歌った。
d0251987_153576.jpg

その後、インドレストランで食事。
d0251987_1275441.jpg

これで2人分? いいえ、相棒4人分ぐらい頼んでました。もちろん食べきれず、残りはお持ち帰りです。
[PR]
by boudham | 2011-12-26 01:13 | 日常(2013以前) | Comments(0)

ソーセージテイスティング 2度目

前回ソーセージテイスティングをしてから3ヶ月経った。
前回は全く違うソーセージを比べたので、それぞれがそれなりにおいしく、うまく比べられなかった。なので、今回は白っぽいソーセージに的をしぼってのテイスティングにした。
いつものジャーマンデリからゲットした白いソーセージ。(一つ白くないのもあります)
d0251987_11241125.jpg

左からTee Wurst, Duck Wurst, Potato Wurst, Bock Wurst, münchener weiss Wurst だ。
それを炭火で焼いた。
d0251987_1132521.jpg

う〜〜ん、おいしそうでしょ。
d0251987_11362261.jpg

テイスティングの結果は、私の好きな順序は
Tee wurst, münchener weiss Wurst, Bock Wurst, Duck Wurst, Potato Wurst だった。
[PR]
by boudham | 2011-12-24 11:40 | 食べ物(2013以前) | Comments(2)

たくさん積もりました

ゆうべは降り続いたようで、朝起きたらかなり積もっていた。
とは言っても30センチくらいかな。
d0251987_1243555.jpg

日本の北部も、特に日本海側は寒波だそうですね。
運転などお互いに気をつけましょう。

午後、ランチをタコベルというメキシカンファストフード店で軽く食べた。
d0251987_12123728.jpg

トスターダという、タコスの上に豆とサラダがのっているもの。
これ二つで2ドル80セント。
ホットソースを5パックお願いしたら(無料)、8パックもくれた。
d0251987_1211394.jpg

その後、「タンタンの冒険旅行」という3D映画を見に行った。
エルジェというベルギー人が1950〜1960年代ごろに書いたマンガが映画化されたものだ。
マンガを知る私には、まあまあ、というにとどまる映画だった。
エルジェはあの年代にしてはとても正確に世界各地の風景や暮らしを冒険マンガの中に描いた。
それがコンピューターグラフィックで3D映画になったらあまり意味がないような気がするのだ。
もし、『ゲゲゲの鬼太郎』が3Dのコンピューターグラフィックになったら、
やはりそんな感じがするんじゃないかな。あれはペンで描かれた絵だからよいのだ。

夜は感謝祭のときのターキーを冷凍にしていたものと、そのときのターキーの骨を煮だして作ったストックで、ブラックビーンチリを作った。これで感謝祭のターキーも全部おしまい。
サラダとコーンブレッドを添えた。
d0251987_12233554.jpg

[PR]
by boudham | 2011-12-23 12:24 | 日常(2013以前) | Comments(4)

夕方からまた降り出した

今週になって2度目の雪。
夕方から降り出して、もう真っ暗になったのに、相棒が雪かきをしてくれた。
d0251987_13245545.jpg

お向かいさんちのクリスマスライト。
d0251987_1326331.jpg

ごらんのとおり、路上に駐車した私の車には雪が積もっている。
今夜はこのまま降り続けるのかしら。
[PR]
by boudham | 2011-12-22 13:27 | 日常(2013以前) | Comments(2)

ハヌカ・ろうそく・ティハール

今日(12月20日)から28日までの9日間はハヌカと呼ばれるユダヤ教のお祭りだ。
この日にちはクリスマスとは違って毎年変わる。だいたい11月か12月のどちらかだ。
メノーラというろうそく台に毎日9日間、ろうそくを灯してお祈りの言葉を言う。そのあと、子供たちは親からお菓子をもらうのだ。私のexはユダヤ人家庭で育ったので、彼のお母さんは毎年ハヌカ用のろうそくを私たちに送ってくれたものだ。この時期、アメリカのどのスーパーにでも置いてある。
私たちファミリーはユダヤ教とは関係ないし、日本に住んでいたが、ハヌカだけはお祝いしていた。
今も私がメノーラを持っているが、特に理由もないので、子供たちでも来ていない限りはしない。
ろうそくを灯されないメノーラがちょっとかわいそうに見えるが、またそのうち灯す機会も来るだろう。最後にろうそくを灯したのは一昨年のハヌカのときだ。ある古い友人がたまたま訪ねて来ていて、彼がユダヤ人だったので、一緒にろうそくを買いに行ってハヌカを祝った。
これはそのときの写真だ。ろうそくが7本灯っているので、ハヌカの7日目だ。
d0251987_4271875.jpg

何年も前、ハヌカの時期にニューヨークにいたことがあるが、エンパイヤーステートビルが水色と白に点灯されていた。ハヌカのシンポルカラーだ。ハヌカが終わると、赤と緑のクリスマスカラーに変わった。ニューヨークはユダヤ人が多いのが感じられた。

ろうそくの炎は心が温かくなるようで大好きだ。そういえば、ネパールにもろうそくを灯すお祭りがあった。ティハールと言って、ラクシュミというヒンズーの神様のお祭りだ。家々にはたくさんのろうそくが灯され、子供たちは歌を歌いながら近所を回るかわいらしいお祭りだった。いかにも美の神、ラクシュミらしいお祭りだ。
[PR]
by boudham | 2011-12-21 04:27 | 日常(2013以前) | Comments(2)

レモンメレンゲパイ

長女に手伝ってもらってレモンメレンゲパイを作った。
グラハムクラッカーで作ったパイクラストに、マイヤーレモンで作ったフィリングを入れ、メレンゲをのせた。マイヤーレモンというのはこの時期だけに手に入るおいしいレモンだ。普通のレモンより皮が薄くてつやつやしていて、ジューシーで味も良い。
d0251987_8585049.jpg

長女がメレンゲをきれいな波形にした。
d0251987_91797.jpg

焼き上がり。
d0251987_915433.jpg

マイヤーレモンと。
d0251987_93812.jpg


この日のランチはスシデンでおいしいものをたくさん食べた。ベジタリアンのにぎり寿司もあり、長女はなすとキノコの握り、それから揚げ出し豆腐を食べた。
みんなお腹いっぱい食べたので、夜はこんなアペタイザーとレモンメレンゲパイとティラミスだけですませた。
d0251987_96505.jpg

[PR]
by boudham | 2011-12-18 09:06 | 食べ物(2013以前) | Comments(5)

ベジタリアンメニュー

長女はベジタリアンで肉と魚を食べない。
マッシュルームスパゲティー、パンプキンスープ、サラダ
d0251987_23563444.jpg


牛肉抜き山形芋煮、栗ごはん、大根とニンジンのなます
d0251987_2358066.jpg


長女が肉や魚を食べないのは主義というより体に合わないかららしい。
私は何を食べても平気なので、子育て中、家族メンバーの好みの違いにあまり理解を示さなかったが、彼女は肉を食べると体調が悪くなっていたのだ。当時あまり信用しなかったことを今はすまなく思っている。今ならいくらでもベジタリアンメニューを作ってあげたいが、めったに会えないのでたまに会えたときは好きそうなものを作る。
[PR]
by boudham | 2011-12-17 00:06 | 食べ物(2013以前) | Comments(2)