太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 181 )

時間の過ぎ方

時間の過ぎ方は、過ごし方によって大きく違うようだ。
10日後の今頃はキューバのハバナにいるはずの私。
1週間のキューバ旅行だが、濃厚な1週間になること間違いなしと思う。
2年前にペルーに行った時も、もっと過去に旅行した時もだが、
新しい体験がいっぱいの毎日は濃厚にゆっくりと過ぎ、
いつまでも記憶に残る。
それに比べて、毎日仕事に追われ、同じような日々を過ごしていると、
1週間はあっという間に過ぎ、気づかないほどだ。
先週のことも忘れているし、前回いつジョージアに行ったっけ?
みたいな感じだ。
そんな毎日が続くと、限られた長さの一生なのに、
とても損をしているような気がする。
もっと頻繁に濃厚なときを過ごしたいものだ。

孫ちゃん2が1歳のお誕生日を迎え、カリフォルニアでは娘たちが
集まってお誕生会をしたようだ。
楽しそうな写真が送られてきた。
d0251987_08382478.jpg
d0251987_08375963.jpg
楽しそうでいいじゃない〜〜
自分だけ遠くにいてちょっと寂しい気分。
でも、みんな楽しそうでこれはいいことだ。
しかも、こんな美味しそうな鍋をしたとか…… うーーん食べたい。
d0251987_08464758.jpeg





by boudham | 2019-03-14 08:47 | Comments(0)

最近のお気に入り番組

だいぶ前に「亀五郎の狩猟生活」にはまって、
YouTubeで見まくっていたが、
最近ハマって見ているのは旭さんの八丈冒険団。
魚を釣って、家に持ち帰って、さばいて食べる動画で、
一つの動画が10〜20分ぐらいで見やすいのだ。
d0251987_07481111.jpg
d0251987_07482583.jpg
しかも、飼い猫ちゃんもちょくちょく出てきてかわいい!
d0251987_07483633.jpg

今日もずっと見てたし、見なくてもつけていた。
出張中もホテルの部屋で流していた。
なぜか、心が休まる。
自分は釣りもしないし、魚もさばかないのだが、
いつか釣りもしたいし、魚もさばいてみたい、と思わせられる。



by boudham | 2019-03-11 07:50 | Comments(0)

ジョージアは春だった

先週はジョージア出張だった。
すっかり春になっていたジョージア。
そこから冬のミシガンに戻ってきたわけだが、
これはなかなか辛い変化だ。
d0251987_19450788.jpg
d0251987_19452648.jpg
上はもちろんジョージアの写真。
ミシガンはまだ緑のミの字も、花のハの字も見られない。
春の到来は、2ヶ月遅れという感じかなぁ。

今回のジョージア出張は、アトランタで弁護士とのミーティングがあった。
電話会議で何度もやりとりしていた弁護士だが、会うのは初めて。
日本語と英語が完璧な上、弁護士だから当然法律関係はじめ、
すごい知識の持ち主だ。その彼と、彼のチームの弁護士たち。
アトランタで一番高いビルの最上階に彼らのオフィスはあった。
d0251987_19505527.jpg
ミーティングのあと、食事に行ってちょっとお話ができたが
(通訳なので基本話はできないのだけど)
5歳まで日本で育ったあと、お父さんの転勤で
世界中を回ったのだそうだ。
なるほど、だから言葉も態度もこんなにインターナショナルなわけだ。
でも、だとすると、これだけ日本語ができるのはすごいな、と思った。
日本人家族でも、外国に住んでいると、
子どもは日本語を話さなくなるケースが多いようだ。
彼の場合、ご両親がよほど気をつけたのか、
彼自身ががんばったかのどちらなのだろうか。
とにかく、すごい人に会えたのはいいことだった。




by boudham | 2019-03-10 19:58 | Comments(2)

アボカドのオーブン焼き

カリフォルニアのばあさんのブログで見た
アボカドのオーブン焼き(→⭐️)が美味しそうで作って食べてみた。
d0251987_05322523.jpg
はい、おいしかったです。
簡単で食べ応えがあってこれで十分一食になる感じ。
私はネギとトマトとニンニクとモツァレラチーズで作りました。

明日からひと月以上ぶりにジョージア出張だ。
今回はアトランタで弁護士とのミーティングがあるので緊張している。
税金関係、法律関係の単語をそのために即席勉強しているが、
準備した単語が出るとも限らないし、その点は対処のしようがない。
ふぅーーっ

3月下旬に休暇をとってキューバ旅行に行くことにした!
とりあえず絶対行こう! っていうことで航空券だけは買った。
どこに泊まるか、何をするかをこれから調べて計画を立てなくては。
楽しみ! でも、いろいろ調べないと!






by boudham | 2019-03-03 05:40 | Comments(4)

冬の週末

前回記事をアップしてからだいぶ経ってしまった。
書こうかなと思っても、寒いお天気のことや
なかなか治らない喉の風邪のことになってしまいそうで、
書く気になれなかったのだが、今日も未だに外はひどいお天気。
気温は−2度だから暖かい(爆)のだが、風がヒューヒュー鳴っている。
家で来週一週間のご飯、煮豆、トマトソースなどを作って小分け冷凍にしたり、
スペイン語の教科書を引っ張り出して勉強したりしていた。
今年の冬はミシンガンに住み始めて一番の寒さだ。
数日前は木がこんなふうに凍った。
d0251987_06451011.jpg
d0251987_07161761.jpg
すべての木の枝の一本一本が、芝生の一本一本が氷に覆われた。
不思議だなー その時々の気温と湿度と風と雪または雨の微妙な関係で、
こうなるときがあるのだろう。
芝生を歩くとしゃりしゃりして快感だった。
d0251987_06452791.jpg
この日の朝の出勤は大変だった。
車もこんなふうに氷に覆われ、霜を落とすガリガリするヘラなどまったく役立たず。
エンジンをかけて溶けるのを待つしかなかった。
職場の駐車場はスケートリンクみたいにツルツルで、四つん這いになるか? 
と思いながらなんとか二本足で職場の入り口まで到達。

姉がフキノトウの味噌焼きを送ってくれた。
ほんのり苦いこの味は、他にない美味しさだ。
苦味が味わいたくて、たまにゴーヤーを買って食べることがあるが、
こちらで苦味が味わえる食材はそれぐらいかな。
d0251987_06460860.jpg
豚肉の一口カツをおかずに、フキノトウをご飯にのせて食べた。
最高〜〜!
d0251987_06462945.jpg
d0251987_07021921.jpg
カツを作った理由は、日本に帰る日本人からこれ↓をもらったから。
d0251987_07034346.jpg
揚げなくてもいいとはいえ、フライパンに油を敷いて焼くと書いてある。
油を使わなくていいというならカロリー減になるから利点はわかるが、
揚げなくても油で焼くなら何が利点なのかがわからない。
小麦粉、卵がいりませんって書いてあるから、そこがポイントなのだろうか。
意味がよくわからない。




by boudham | 2019-02-25 07:09 | Comments(2)

マイナス27度体験

水曜日のことだが、仕事から帰ってきたらマイナス27度とかで、
いったいどんな感じなのかと散歩に出かけてみることにした。
冷蔵庫はもちろん、冷凍庫よりも寒いってどんな?
歩いて10分ほどのところにドラッグストアがあるので、
のど飴も買いたかったしそこに向かった。
d0251987_04495439.jpg
空気は完全に乾燥していて、前日降った雪はさらさらのままだ。
教会のフェンスには毎年冬になるとこうして防寒具がかけられる。
必要な人は持って行ってください、と書いてある。
d0251987_04493755.jpg
半端ないこの寒さの中、防寒具を買うゆとりのない人のためだ。
5分も歩くと、顔が痛くて我慢ができなくなってきた。
体は十分着込んでいるので問題ないが、鼻が、唇がもげそうなほど痛くなってきた。
我慢できずにマフラーをミイラ男みたいに顔に巻いた。
そしたら、メガネが吐息で曇って、前が見えなくなった。
メガネを外して拭き取ろうとしたが、氷ついていて拭き取れなかった。
前は見えないし、顔は痛いしで、ドラッグストアはあきらめ引き返した。
帰ってきて暖かい家に入って、ホッ。
私の住んでいるアパートは古い建物で、窓は2重ではない。
窓の前はさすがに冷たい空気が漂うので、ブラインドを下げているが、
あげてみるとこんな風に凍っている。
d0251987_04562307.jpg
でも、これでも家の中は半袖のTシャツでいられる暖かさだ。
これはここでは当たり前のことだが、すごいことだと思う。
建物全体は地下のガスヒーターで暖房されていて、
外がマイナス30度になっても屋内を20度以上に保っているのだ。
どれだけエネルギーを使っていることか。
しかも、このアパート、暖房費とお湯込みで$550の家賃。
小さい町だからこそあり得る価格だ。

昔日本では、気温がマイナスでなくとも冬の寒さはもっと身にしみた。
それがエネルギーをふんだんに使うことで
こんなに快適に過ごせているのだ。
地球単位で考えると、こんなことをしていていいのかとも思う。
多くの人はガレージがあるから、車から雪や氷を落とす必要もないが、
私のアパートは外駐車なので、毎朝車の準備をしないといけない。
でも、そのぐらいは文句を言わずにしないとな、と思ってやっている。





by boudham | 2019-02-03 05:12 | Comments(6)

寒波

ミシガンは今週寒波で、今日は朝から午後まで吹雪だった。
朝、仕事に行ったが、駐車場に車を止めてから職場の建物に入るまで、
わずか50メートルの距離が、向かい風で顔が凍りそうで、
建物にたどり着いたときは、はぁーはぁーっと3分ぐらい、回復に時間がかかった。
明日の予報は最高気温がマイナス9度、最低はマイナス26度。
明後日とその次の日は最高気温がマイナス24度、最低はマイナス28度だ。
私がこれまで経験した寒さの最高記録かもしれない。
ミシガン、寒いっ!

今日仕事から戻ったら、アパートの駐車場と前の歩道の雪かきが行われていた。
アパート前の歩道はこんな手押しの雪かき機で除雪。
d0251987_10271329.jpg
アパートの裏の駐車場は除雪車が除雪。
後ろの方に見える大きな除雪用雪かきが付いた車が見えるかな。
私もアパートの他の住民も、雪かきに来てくれる人に合わせて、
自分たちの車を移動して、できる限り除雪をしてもらっている。
d0251987_10273054.jpg
雪かきをちゃんとしてもらうことと、
今夜どのぐらい降るかによって、明日仕事に行くときに、
車を出すのがどれだけ大変かどうかが決まる。

今日は仕事に行ったが、咳き込んで大変な状態に3回ぐらい陥った。
重要なミーティング中ではなかったので、よかった。
明日はもっと回復してマシになるといいのだけど。
こんな加湿器をベッドわきに置いたり、
d0251987_10361313.jpg
レモンを買っててはちみつと混ぜて飲んだり、
d0251987_10363763.jpg
いろんな手を尽くして、咳が長引かないようにしているのだが、
本当に早くよくなりたいものだ。


by boudham | 2019-01-29 10:34 | Comments(2)

風邪をひいてしまった

1週間前のジョージア出張の初めから喉がいがらっぽい感じだったが、
普段どおりジムで走ったり、ジャグジーに入ったりしていた。
それがいけなかったのかなぁ。
木曜日から咳き込むようになって、その後は気をつけて自重している。
金曜日は外部のお客さんが来るシチュエーションでの通訳だったので、
咳が出ないようにがんばって、なんとかそこそこ大丈夫だった。
社内の会議の通訳の時は、咳き込んでしまってダメな出来だったので、
ジョージアの通訳に会議の席で待機してもらうことを提案したのだが、
私が咳き込んだら、会議を中断して私が治るまで待つ、と言われた。
そこまで当てにされて嬉しく思うべきか、重荷に思うべきかわからない。

昨日、寒いミシガンに帰ってきて週末は家で休んでいる。
たくさん眠れたのはよかったが、
気管支の辺りに痰がつまっているような感じで、
喉より深いところからひどい咳が出る。
声はまだ出るが、ガラガラ声だ。
明日、仕事ができるだろうか。

ジョージアでいつも泊まるホテルのジムで。
d0251987_07453959.jpg
日本食レストランでおいしいお寿司も食べた。
d0251987_07461118.jpg
でも、今は明日(月曜日)仕事に行けるかどうか、
行ったら仕事になるかどうかが一番の心配事だ。





by boudham | 2019-01-28 07:48 | Comments(6)

最近なかなか目覚めない

どうしてなのかな。
普段、目覚ましをかけていても、それが鳴る前に目覚めていたのに、
ここ2ヶ月ぐらい目覚ましが鳴るまで目が覚めない。
鳴ってからも、まだ寝ていたいのにーーと辛い思いでなんとか起きる。
どうしてこうなったのだろう。

前回パンを焼いた記事を載せたあと、
お料理らしいお料理をしていない。
じつは食べる量をすごく減らしている。
パンを一気に何枚も食べたら、
一気に着ている服のウエストがきつくなった。
これほどてきめんに結果が出るなんてショックだった。
なので、その後パンもご飯もやめて、
なんとか着ている服が窮屈ではないところまで戻った。

これから1週間の天気予報は、最高気温もマイナスな毎日だ。
今日は土曜日、アパートの窓から自分の車を見ると、
だんだんと雪に埋もれてきている。
d0251987_07350674.jpg
私は明日から一週間ジョージアに出張だし、
上司がうちで私をピックアップしてくれることになっているので、
このままでもいいやー と思っていたのだが、
これから1週間の天気予報を見ると最高気温がプラスになる日が
なんと水曜日1日だけ、しかもプラス1度だ。
ということは、一週間後私が帰ってきたときは、
車がこのまま雪に埋もれた状態のままで、
しかもガチガチに凍っているのか?
と心配になり、車から雪を落とすことにした。
d0251987_07352614.jpg
また降る可能性は高いが、とりあえず今のところはオッケーだ。
d0251987_07354470.jpg
ミシガンの冬は厳しい。
が、実は私はあまりそうは感じていない。
家の造りや暖房が徹底しているので、家の中はいつもポカポカだからだ。
ジョージアは日本の九州ぐらいの緯度で、
温暖ではあるのだが、冬はそれなりに寒い。
建物の造りや暖房設備はミシガンのように寒冷地仕様ではないので、
ミシガンと違って屋内が寒い。
だから、来週ジョージア出張だというと、
仕事仲間はジョージアは暖かいからよかったねー というのだが、
それは実は違うのだ。
半端なく寒いミシガンの冬の方が、わりと快適だという気もする。
(運転だけは除く)




by boudham | 2019-01-20 07:49 | Comments(2)

久しぶりのパン焼き

日本の軽井沢のお土産にりんごジャムとりんごバターをいただいた。
d0251987_09451882.jpg
おいしそうなので、パンにつけていただきたいが、
実は私はパンを日常食さないのだ。
家にパンを置いておかない、だいたい買わない。
それはなぜかというと、私は美味しいパンだけが好きで、
アメリカの普通のパンは食べる気がしない。
しかし、美味しいパンがあると、我を忘れて食べてしまうので、
半端なくカロリー摂取してしまうことになる。
だから普段は食べない。
とはいえ、外食や会社で出されたパンは食べている。
だから、それでも十分すぎるほどパンを食べてしまっているのだ。
家でどうしてもパンが食べたくなったときは自分で焼く。
ということで週末このジャムを食べるために久しぶりにパンを焼いた。
雑穀がたくさん入ったパンを焼きたいので、
カリフォルニアの婆さんのレシピをもとに、さらに雑穀を増やして作った。
コネコネ↓
d0251987_09493976.jpg
入れたのは全粒粉、グルテン粉、ひきわりオーツ、コーンミール、キヌア、チアシード、フラックスシード、白胡麻、パンプキンシード、チェスナッツ。
これでもかというほど雑穀を入れたので、
ふんわり感は全くないが、噛み締めれば噛みしめるほど味の出るパンができた。
d0251987_09545614.jpg
私好みのパンだ。
d0251987_10034314.jpg
ジャムをのせたらおいしい!
でも、私的にはオリーブオイルで食べるのがとてもおいしかった。
それでスライス6枚ぐらいあっという間に食べてしまった。
やっぱりパンは美味しすぎて体重管理には危険な存在だ。




by boudham | 2019-01-08 10:07 | Comments(8)