太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

いろんな英語

私の仕事はいちおう通訳と翻訳が主だが、
通訳ではいろんな英語に出会うことになり、
大変な思いをすることがある。
というのは、私が慣れている英語はアメリカの標準的な英語で、
それ以外の英語だとわからなくて苦労する。
これはまったく私の実力不足で、言い訳するつもりはまったくない。

数週間前に、あるお客さんが会社に来たのだが、
その人の話す英語が50%ぐらいしかわからなかった。
通訳という自分の役目がきちんと果たせず、
針のむしろに座っているような時間が過ぎていった。
たぶんイギリス人? と思いながら通訳していたが、
あとで知ったのだが、オーストラリアの方だった。

うちの会社にはインド人のエンジニアが何人かいるが、
彼らの英語も理解できないことがある。
それに、ジョージアに行くたび、南部の英語には苦労する。
黒人の英語は特に難しい。
そういう自分の英語も、みんなにとって理解が難しいに違いない。
こんなまずい英語でごめんなさい! と思いながらいつもやっている。

ネットで南部英語、黒人英語などの聞き取り練習ができるサイトはないかと
探しているのだが、見つかっていない。
いずれにしろ、いろんな英語をリスニングして
もっともっとしっかり練習しないといけないようだ。

[PR]
by boudham | 2018-10-06 16:40 | Comments(4)
Commented by hamakorian at 2018-10-06 21:31
こんばんは♪

通訳というお仕事、いきなり初対面のかたの通訳をするのは
大変なことでしょうネ!
私は、通訳をするときは相手の方のことを前もって知らされているとか
(せめて国籍ぐらい)、
場合によっては略歴なども知らされてから
するものだと思っていました。

英語も出身国や地域により訛り?とか方言とか、
同じものを国によって違う単語で呼ぶとかがある、と聞いたことが
ありますが
ボーダさんはその現実のまっただなかでお仕事されてるのですね。

体力も精神力もいる、お仕事ですネ!!!

映画とかで南部を舞台にしたものとか
ニューヨークのハーレムを舞台にしたものとかは
そういう英語がきけるのじゃないかとシロウトは考えます(;'∀')
Commented by boudham at 2018-10-07 09:16
hamakorianさん、
十分に準備され、通訳にも原稿や情報が来るような会議もあります。でもそうではないのもたくさんあるんです。会社の日常的な会議などはとてもそうはいきません。突然お客さんが来たときなどもまったく準備ができません。

英語の訛りは、私には本当に大問題です。
英語が母国語の人にはそこそこわかる方言も、
私にはわからないことが多いです。
そうですね、映画でそういう場面のあるのを探すというのは、
一つの方法ですね。
探してみようと思います。
Commented by May at 2018-10-07 15:22 x
うわ~、オーストラリア人の英語も分かりにくいですよね~
私はNZで英語を学んだので、アメリカ英語はとんと分かりません。
そうそう、単語だって、表現の仕方だって違うのですよね。
通訳とは本当に大変なお仕事ですね!
ネットでいろんな英語の聞き取りサイトが見つかるといいですね。
Commented by boudham at 2018-10-12 07:44
Mayさん、
結局、慣れの問題なのですよねー でも、異国の英語に触れるには、積極的に何かをしなければならないので、結局なかなか慣れられないままになっています。ネットで探してみたことはあるんですが、いいサイトは見つけられませんでした。何か見つかったら、ぜひ教えてください。私にとって英語は明らかに外国語なので、普通の状態でも気を張って集中しないとわからないのです。普通じゃなくなると途端にさらにわからなくなってしまいます。バイリンガルで育った通訳や、若いときから英語圏で生活してきた人は違うようですが、私の場合、もはやどうにもなりません。
名前
URL
削除用パスワード