太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

今日この頃の気持ち

ブログの更新が一月近く空いてしまった。
仕事場で一番近く接しているボスが変わり、
仕事が以前より重荷に感じるようになってきた。
以前はボスの仕事ぶりが大好きだったので、
仕事が楽しくて突っ走ってきたが、
ボスが別の人になって、
私は仕事に関して気持ちにブレーキがかかってしまい、
どうしていいのかよくわからない。

老後の貯蓄のために働いているのだが、
実際いくら貯めたら十分なのか。
私がどんなにがんばってもお金持ちにはなれないし、
家を買うというのを漠然と目標にしていたが、
家の値段は場所によって大きく違うから、
いったいいくらまで貯まったらよしといえるのかわからない。

それにこの頃思うのだが、
家を買っても、一人で家に住んで楽しいのだろうか。
一軒家に一人で住むのは怖いような気もする。
アメリカだからそう感じるのかわからない。

アパートの駐車場の花。
ライラックは今年は少ししか咲かなかった。
d0251987_07001501.jpg
でもその下にある白い花は可憐な美しさがあって気に入った。
d0251987_07402726.jpg
前回の記事ではやっと春が来た! と言ったが、
もう初夏になり30度を超える暑い日もあった。
相変わらず仕事でジョージアとミシガンを
行ったり来たりしている。








[PR]
by boudham | 2018-06-03 07:05 | Comments(17)
Commented by May at 2018-06-03 08:37 x
昨夜ボーダさんが夢に出てきて、今朝パソコンを開けたらブログが更新されていました、不思議~
娘さんたちのいる西海岸に転職するというのはいかがですか、ウフッ
おうちは、私も最近老後の事を考えるのですが、家そのものよりもロケーションよりも、そこに親しい人が居ることが一番大事なんじゃないかと思えてきました。
だから庭はとても憧れるけど、小さなアパートでも、身内や友人に囲まれて暮らすのが幸せなんじゃないかなぁって。
Commented by Ta-mi-hi-me at 2018-06-03 16:29
確かにボスによって仕事への意欲は影響を受けますよね。
年金受給資格を取れるまでは、なんとか仕事は続けたいですね。
春から夏にかけては花や緑が美しい季節ですね。我が家は海辺ですので、
住人の肌の露出が増えてきます。訪れる人も増えてきました。
今年は季節の訪れが早いので、すっかり夏ですが、梅雨も来るようです。
変な天気が続いたので、やっと毛布の洗濯が終わりました。
Commented by hamakorian at 2018-06-03 21:11
ボーダさん、こんばんは(^^♪
せんだっておじゃましましたヨモギです。
仕事は、一緒に働く人によって楽しくなったり
そうでなかったり、ありますよね。
これは永遠の課題ですね。
自分で最も良い道を、ゆっくり選ぶしかありませんよね。
なんだかあいまいでごめんなさい。

老後にどういう生き方をしようかとか、どこを終の棲家にしようかとか、
これも国外・国内にかかわらず
私たちのこれからの課題(⌒∇⌒)
家を買うのは、安心かもしれませんが
住まいが固定されるのは、健康でなくなった時には重荷になるかも?
日本では入院時に家族や親族が保証人になる必要があるので
とくに独り身になったら、子供の近くに住まないと
イザというとき大変です。

アメリカではまた違った選択肢があるのでしょうね。

日本も初夏、九州地方は梅雨入りしました。
うちのほうはまだですが、もう日焼け止めクリームが必要な
強い日差しです(^▽^)/
ボーダさんも、遠距離のお仕事、お体ご自愛くださいね。
Commented by boudham at 2018-06-04 06:10
Mayさん、
私、Mayさんの夢におじゃましていたんですね。私もその時のことを覚えていたかった(笑)娘たちの近くに転職というのは、考えないわけでもないです。でも、なんか怖いんです。あの界隈は生活費が高いというのもありますが、娘たちの近くに住むと、いろんな気持ちの葛藤を生みそうで怖い。遠くにいれば、口出しもできませんし放っておけるようなことが、近くにいると言わないでおいたほうがいいことも言ってしまって、私の存在が疎まれそうな気がして怖いのです。こんな私は変なのでしょうか。
Commented by boudham at 2018-06-04 06:18
Ta-mi-hi-meさん、
コメントありがとうございます。最近、自分の弱点をいろいろと見せつけられて、きつい日々を送っています。アメリカの年金受給資格まではあと2、3年だったと思うので、それを目標に頑張ります。
海辺に住むことは私の子供時代からの夢です。いまだに実現していませんが、実現する日は果たして来るのかどうか。毛布の洗濯ですか。季節ごとの家事が済むのは気持ちがいいですね。私はアパートの物が増えてきている気がするので、近いうちにたくさん捨てたい(グッドウィルに持っていく)です。
Commented by boudham at 2018-06-04 06:31
ヨモギさん、こんにちは。
「コロラド」にひかれて訪ねてくださったのですよね。すみません。
ううん、ちっともあいまいじゃないです。「最も良い道をゆっくり選ぶ」大切なことです。過去の私は衝動的すぎたのか、考えるのが苦手だったからか、それすらできていなかったと思います。こんな年齢になったのだから、年の功で少しはマシになれるかしら。でも、私の性格で、パーっとどこかに行ってしまいたい(ペルーとかボリビアとか)という衝動に駆られることもあります。
住まいが固定されることが重荷になるかもしれない、、、なるほど、ためになる情報です。これからいろんなことを考える必要があるようです。
Commented by May at 2018-06-04 12:16 x
変じゃないですよ、そのお気持ちよく分かります。
私も(ちょっと違うけど)”スープの冷めない距離”に住んでも、誰も訪ねて来ないんじゃないかと思ったりします。
大体自分が”集まる”ことが好きでないし、誰とでも深く関わるのは苦手で距離を置いてしまうところがあるみたいです。
パーッとボリビアとかペルーに行ってしまいたい気持ちも分かります(笑)
でもまぁ、頻繁に行き来しなくても、いざという時近いのが年取ると安心なのかな、と思います。
まだ2~3年時間があるみたいなのでゆっくり考えればいいですね~
私はもう仕事ができないと感じて完全にリタイヤしてしまったので収入が無く、将来の選択の余地もありません。なるようにしかならない感じです。
Commented by papricagigi at 2018-06-04 23:06
ボーダさん、おはようございます♪ 
週末庭で草むしりをしながら、ボーダさんのことを思い出していました。PVCパイプ検索で出会えたボーダさんですもん(笑)。野菜にカバーするときにはいつもボーダさんの昔の庭を思い出すんですよ。
ボスがどんな人であるか、マネージメントスタイルなどは、下につくひとたちを大きく左右しますよね。同じ仕事をしていてもやる気のレベルが変わってきます。この先どこでどんな風に暮らしていくのか、私もぼんやりとした不安はあります。↑で皆さんがおっしゃっているように、親しい友人や家族の近くに移り住もうかなぁというのも一案ですよね。 でも、ボーダさんのお仕事ならどこに住んでもいくつになっても続けられるし、ボーダさんはとても冒険家でindependent な方だから、安全で暮らしやすいところに小さくても落ち着けるお家があるといいんじゃないかなぁと、ボーダさんのことを思い浮かべました。ここが私のお家、と呼べるところがあれば、そこからボーダさんはまた旅にちょくちょくでて楽しまれそうです!
Commented by miekofrench at 2018-06-05 23:51
ボーダさん、こんにちは、
私も定年の1年程前から新しいボスの下で働いていたのだけど、その方の経験不足が私の退職後浮き彫りにされて、解雇されてしまいました。上司や同僚と上手くやっていく事は、仕事をする上でとても重要ですよね。自分の生活や精神状態が狂ってしまうのなら思い切って転職を考えてもいいかも。
老後の生活は私も良く考えますよ。私達は庭の手入れとか苦手だし、80歳ぐらいまでは元気で旅行に行きたいので、コンドミニアムの生活が一番似合っています。 やはり自分の気持ちに正直に、ボーダさんがやりたい事を財布の中身と相談しながら決めていくのがいいのでは。。。
Commented by 大福 at 2018-06-06 14:05 x
「家の値段は場所によって大きく違うから、
いったいいくらまで貯まったらよしといえるのかわからない。」
本当にそうですよね。
一度海のそばと決めても、やっぱり街中がいいかなと思ったり。
あちこちに持つってのが一番いいんですけどね笑。ほんと悩みます。
家を買ったら、残りの部屋を賃貸に出せばいいのでは?そうすれば留守中(旅行?)も安心、安心◎
ひとりがいいのでしたら、良いご近所づきあいで安心感を得られるのでは?うちの母を見ていてそう思います。ちょっと見ないだけで、お母さん元気?ってきかれますからねー笑。
Commented by boudham at 2018-06-12 07:14
papricaさん、
PVCパイプ!! なつかしーーい!
あの頃は庭仕事が生き甲斐でしたよ。今考えると人間関係的にはうーーんってところもあったんだけど、庭仕事と犬がかわいいかったので、まっいいかって思えていたんです(爆)そんなことだから、結果はこのとおりです。
こんな私のことをいろいろ考えてくださってありがとう。私の仕事がいくつになっても続けられるというのは疑問です。脳みそがついていかないかも。仕事が終わる頃にはすごく疲れて、もうダメだーーという気分になります。papricaさんのお庭の様子にはいつも和ませてもらっています。
Commented by boudham at 2018-06-12 07:24
miekofrenchさん、
アドバイスありがとうございます。miekoさんのおっしゃる通りですねー 「やりたいことを財布の中身と相談しながら決めていく」まさにそれしかないです。わかっているようで時にわからなくなるこの単純なことを、はっきり言葉で表してもらえて、気持ちが整理されて助かりました。新しいボスとは当面は努力して一緒に仕事をするつもりです。半年ぐらいしてから考えようと思います。miekoさんこそ、お仕事のほうはいかがされるおつもりですか???
Commented by boudham at 2018-06-12 08:40
大福さん、
本当にあちこちおうちが持てたら最高ですね。残りの部屋を賃貸に出すというのも一案ですね。大福さんのお母様は周りの皆さんの注意を引くような素敵な方なのですね。これから自分がどんどん年を取って行くとなると、どんなふうにしていくのがいいのかと考えさせられます。人間結局のところ、一人では生きていけませんからねー そういうことを含めて、私はこのブログで大福さん始め、いろんな方に出会えて本当に助かっています。
Commented by boudham at 2018-06-14 06:08
Mayさん、
私たちが感じる気持ちには共通点があるようですね。確かに年を取ってくると、いざという時に近いのが安心なのかもしれないですね。確かにあと2、3年、そんなことを考えながら、悩みまくって過ごすのだと思います。将来の選択の余地がないので考えなくて済むMayさんが羨ましいです。
Commented by miekofrench at 2018-06-14 09:54
ボーダさん、
新しいボスとの仕事関係が良い方向に向かいますように。。。
私の仕事復帰の件で、又新しい展開がありました。
今夜あたり更新しますね。
Commented by 大福 at 2018-06-15 14:33 x
素敵な方!あはははそんなんじゃないですよー、ただものすごくおしゃべりなんですよ。家族は皆閉口してます笑。
新しい上司ですが、すっかり慣れて落ち着いたときのそれは余計にやりづらいでしょうね。でもせっかくここまで勤めてこられたのですから、できたら頑張ってみてほしいです。そこを越えた先に見える素晴らしい景色があるかもしれませんので。
どこで暮らすかですが、私は個人的にはボーダさんは大好きなコロラドでまた暮らせればいいのにって思います。終の住処なんてことじゃなくて、ボーダさんの好きな街だから。またしばらく暮らしてみるのがいんじゃないかなって。その時心の向く方向がきっと正しいのだと思うのです。
お金を貯めるという目的があるときって、お財布の紐を締めがちなんですけど、「人生は一度きり」というのを思い出すようにしてるんです。そして文字通り「短い」かもしれないって。なので自分がハッピーになれることには惜しまずお金を使っています。大した額じゃないですがね笑。未来も大事ですけど今を生きなきゃもったいないですよね。
孫ちゃんはふたりともとってもかわいいですね!
そしてあのモビール素敵ですね〜!わたしもあんなの作ってもらいたかったなぁ〜!
Commented by boudham at 2018-06-26 05:57
miekofrenchさん、
お仕事に戻らないことにされて、正解だと思います。いろんな楽しい計画をキャンセルなんて残念すぎますし、そうしないことに決められてよかったです。楽しい旅の経験など時にはアップしてください。楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード