太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

今年の思い出

今年も今日が最終日になってしまった。
今年一番心が揺さぶられたことを書いておこう。
10月に私の3人娘は予定を合わせ、一緒に日本の父親宅に行った。
私の元旦那だ。
彼は来年ついに日本で定年を迎え、
大学職員用の公舎から日本国外に引っ越すそうだ。
私が残してきた子どもたちのものが、
私たちがアメリカに来てから17年、
かなりそのままになっていたようで、
娘たちはそんな物を整理しに行ったのだ。
整理するとは、つまりはほとんど捨てたということだ。
お人形や、おもちゃ、私が当時取っておいた手紙類、
子どもたちの絵や工作、お雛様、その他いろんな物があったようだ。
いくつかは写真を撮って私に送ってくれて、
捨ててもいいのか? ときいてきた。
きかれた物は全て捨てていい、と答えた。
だって、他にどうしようもない。
持ってきたり送ってもらうには遠すぎる。
どうせ死ぬときは持っていけないから、
どんなに愛着があるものでも、いつか手放さなければならない。
思い出のたくさん詰まったものを実際捨てる作業をした娘たちは
悲しい気持ちがしただろう。ご苦労様でした、と言いたい。
それにしても、子どもたちの工作や絵がかわいらしくて、
あまりの懐かしさになんとも言えない気持ちがした。
d0251987_01062456.jpg
d0251987_01050534.jpg
d0251987_01382194.jpg
一つ、変な文章が入った絵があって、はじめは忘れていたが、
なぜこんなことを3女が私に言ったのかを思い出し、
なんとも言えない気持ちになった。
これがそれだ↓
d0251987_01104304.jpg
「まま、れいかがいちばんばかです」
私はあのころ、ハーレクインの小説の翻訳をしていて、
3ヶ月に1度締め切りに追われていた。
徹夜続きだったり、子どもたちをなんとか夫に連れ出してもらって、
仕事時間を作ろうと必死なことがあった。
翻訳の仕事は集中力がいるから一人のほうが絶対はかどるから。
そんなある日、夫が子どもたちをどこかへ
連れ出してくれることになった。
だが、3女だけ行きたくない!
と言い張って家に残った。
彼女はママ(私)と一緒にいたかったのだ。
そんな彼女(当時5、6歳の)に私は、
怒って「バカ!」と怒鳴ったのだった。
私は3女に残られては仕事ができないと思ったのだ。
普段、私は子どもたちにバカ!などと怒鳴ることは
あまりなかったはずだが、
その時だけは、締め切りのストレスからそう言ってしまった。
その後、バカと言われた3女は悲しい気持ちで、
この手紙を私に書いたのだろう。
今、考えると泣けてきて仕方がないが、
あのときの自分のストレスも覚えている。
もっとストレスを感じずに子育てができていたらよかったな。
でも、もう済んだことは仕方がない。

今年は2月にペルーに一人旅をした。
それは今年のいい思い出になった。




[PR]
by boudham | 2018-01-01 01:24 | Comments(14)
Commented by wwnicoww at 2018-01-01 01:59
ボーダさん。私は今子育て真っ最中ですが、同じように怒ってしまうことがあります。子供に悪気はないのに、実生活では思うようにならないことも多くてストレス溜まりますね。難しいです(^^;)

どうぞよいお年をお迎えください!
いつもブログ楽しみにしています。
Commented by るぴなす at 2018-01-01 10:51 x
2018年もファイト。
応援(拝見)してますよ。
Commented by May at 2018-01-01 22:39 x
アメリカはまだ大晦日だなんて、地球の大きさを感じます。
私はまたしてもぼーっとしてる間に一年が過ぎました(笑)
ボーダさんと同じく、日本の家の整理をしていると娘たちの古いものが出てきて泣けてきたりします。(お母さんが仕事に行って寂しい、といった手紙とか)
でも今回は私が子供たちに大事にされていて、みんな大人になった!と感激すると同時に、自分が年寄りになった気分です。

それでは良いお年をお迎えください!
Commented by 森に暮らすひまじん at 2018-01-02 20:22 x
 読んでいて、熱いもが込み上げました。
新年、親子の情を改めて思い知らせてもらいました。
このような文章は、新鮮でした。
有難うございました。
Commented by papricagigi at 2018-01-03 03:09
ボーダさん、新年あけましておめでとうございます☆
幼いれいかさんの真っ直ぐな気持ちと、ストレスでどうしようもなかったボーダさんのことを思い浮かべてじーんとしました。そういうエピソードはどこの家にもあるんじゃないでしょうか。うちの母も娘三人を部屋に押し込めて怒鳴りつけたことありましたよー。で、後になって泣きながらごめんねって言ってました。子供心には、怒鳴られたことよりも母を泣かせてしまったのだと思ってつらかったです。娘さんたちの描いた絵、心に灯りがともるようです♪ とっておきたいけれど、そうですね、限りがありますもんね。

ボーダさんの2018年はどんな一年になるのでしょう? 楽しみにしています!またお話を聞かせてくださいね!
健やかに笑顔あふれる素敵な一年となりますように☆
Commented by Tamihime at 2018-01-03 21:52 x
子育ての時の感情に任せて怒ってしまった経験は、苦い思い出としていつまでも残るものですね。子どもの作品はどれも楽しく、独創性に溢れていていいものです。私は一枚だけ、一つだけそれぞれの子どもの作品を身近に置いています。
新しい年が明けました。ボーダさんにとって、心に残る年になりますように。
正月休みで帰省していた息子家族が任地に帰り、静かになりました。
Commented by boudham at 2018-01-10 06:53
wwnicowwさん、
こんにちは。ブログを覗かせていただきました。カリフォルニアにお住まいなんですね。私は娘3人みんなカリフォルニアに住んでいるので、いつかは自分もカリフォルニアに住むのかなと思います。わかりませんけどね。おせち料理はおいしそうです。すばらしい!
子育て真っ最中とのことですが、子育ては本当に難しいけどすばらしいことです。私にはもはや戻らない時間ですが、一生で一番貴重な経験でした。wwnicowwさん、お子さん達が小さい今を大切にしてください。
Commented by boudham at 2018-01-10 06:55
るびなすさん、
いつもありがとうございます。新しい1年、お互いにがんばりましょうね。
Commented by boudham at 2018-01-10 06:59
Mayさん、Mayさんが日本で娘さんたちと良いときを過ごされているようで、私も嬉しいです。子育て中はいろんなことがありますね。親だって気持ちに余裕がないときもありましたよね。でも、子どもたちが大人になって、いい関係が気付けていけるなら、きっとそれは素晴らしいことなのでしょう。私は自分でその経験がないからよくわからないのですが、私たち親は、子どもが大人になってからも親なのですね。
Commented by boudham at 2018-01-10 07:02
森に暮らすひまじんさん、
コメントありがとうございます。そんなふうに言っていただけてうれしいです。でも正直言って、本当にこの件では、十回以上も泣いてしまいました。ひまじんさんがこんな私の気持ちをわかってくださったようで、うれしいです。今年もよろしくお願いいたします。
Commented by boudham at 2018-01-10 07:08
papricaさん、
あけましておめでとうございます。paprica さんが私の気持ちをよくわかってくださって、うれしいです。でも、そうですね、こういうことはどこの家庭でもありがちなことでしょう。親は子育てが終わったあと、子どもに対して、概してこんなふうに思いがちなのでしょう。それは子どもが純粋だからでしょうね。そりゃー、この世に生まれてまだ数年しかたってないなら、未熟で純粋なはずです。

2018年がどんな年になるか、、、papricaさんはじめ、ブログ友達とシェアしていきたいです。私にとって、今やロングタームの友達はブログの友達ですから。
Commented by boudham at 2018-01-10 07:11
Tamihimeさん、
1枚だけ、それぞれの子どもの作品を身近に置く、、、いい考えです。もう少し早く聞いていたら、一枚だけ持ち帰ってもらっていたでしょう。でも、もう全部捨ててしまったと思います。

新しい年がまた明けました。Tamihimeさんにとってよいお年でありますように。私はどんな年になるやら。。。(笑)またブログを通してコミュニケーションが続けていけたらうれしいです。
Commented by フロリダ娘 at 2018-01-12 13:17 x
ボーダさん、お久しぶりです。
年明けにブログをのぞかせてもらい、コメントを書きかけ... 何だか切なくなって続けて書けずに消してしまいました。
我が家の子供達もどんどん大きくなり、いつかこんな風に振り返る、もっと言えば思い出の品も整理してしまう日が来るのだろうなぁ、なんて思いながら読ませていただきました。母親にとっては強烈な出来事ですよね、怒ってしまったこと。でもきっとボーダさんも必死な時期だったのでしょう。1枚目の絵には「ままいつもはたらいてありがとう」とありますね。ママが一生懸命働いてくれていると娘さんはわかっていたんですよね、きっと。
娘さん達、皆立派に育ってお孫さんもいて。今年もボーダさんの冒険を楽しみにしています。よろしくお願いします。
Commented by boudham at 2018-01-16 11:31
フロリダ娘さん、明けましておめでとうございます。
フロリダ娘さんも日々お子さんたちの成長を目の当たりにしているので、私が今感じるような気持ちがわかっていただけたんですね。子どもが育つのは当たり前だし、健康に育ってくれたらそれだけでありがたいですが、子どもが育っていた時期の思い出は親にとっても、甘く大きな意味を持つものなんですね。いつまで経っても子どもが小さかったころの思い出は素晴らしい思い出です。子どもたちが夢に出てくることは、ときどきありますが、いつも小さいんですよ。大人になってからの彼らが夢に出てきたことは、未だありません。
フロリダ娘さんのブログも楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード