太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

娘からの絵葉書

数日前ブータンから絵葉書が届いた。
d0251987_17462360.jpg
ヒマラヤを背景に、たぶんお祈りの旗が立っている風景だ。
長女がひと月以上前にブータンにいたときに、
そこから送ってくれた絵葉書がやっと届いた。
本人はもちろんとっくにカリフォルニアに戻って仕事で忙しくしている。

ブータンは生活水準が低いこともなく、教育水準は高く、
長女が言うには「鎖国をしていたころの日本もこうだったのかな」
ブータンは国民の幸せを、他とは違った方向で求めている、
ちょっと変わった国なのだ。(参考ページ

私の冷蔵庫には他にも3女が旅行先から送ってきた絵葉書が貼ってある。
d0251987_18012323.jpg
左からスペイン、コロラド、ロンドンだ。
絵葉書は届くのに長くかかり、たいて着く頃には旅行者はそこにいない。
けれども、絵葉書を旅行先で買って、書いて、
住所を書いて、切手を貼って、送る。
それがいずれ届くというのは、
ネット社会でスピーディーになった今だからこそいいもんだなぁーと感じる。
だから、ぜひ娘たちは旅先から私に絵葉書を送り続けて欲しいし、
自分もたまには人に送ってみようか。



[PR]
by boudham | 2017-01-31 18:06 | 家族 | Comments(6)
Commented by kagumashinobu at 2017-01-31 21:28
今は簡単に電話やメールができてしまう時代ですから、自筆の絵葉書はうれしいですよね。
今度機会があったら私に送ってください。
よろしければ、私からも送ります。
今、勤務しているのは県立公園の管理事務所ですから公園絵葉書も売ってます。

Commented by 砂漠人 at 2017-01-31 23:20 x
ごぶさたしております(笑)。
これはノスタルジックな気分になる記事でした。
旅先からの絵はがき、そこから小説でも生まれそうです。
クミシュテペも、ここからお便りを出すには絶好の場所なのに、
外国宛の封書が一通なんと20USDくらいするんですよ!
出せません…(笑)。
Commented by May at 2017-02-01 06:51 x
昔、海外の旅行先から文通友達に絵葉書を送っていたのを思い出しました。
手紙や葉書を書くことって、ほんと無くなりましたよね。
貰うと嬉しくなるので、いつまでも残ってほしい事だと思います。
Commented by boudham at 2017-02-02 06:30
kaguma-ji、こんにちは!
ぜひkaguma-jiに送りたいです(笑)kaguma-jiにも送ってもらいたいですよ。
新潟県の県立公園を検索してみましたが、たくさんあるんですね。どこであるにしても、自然の美しい場所であることには違いないです。お仕事でどんなものを目にされているのでしょう。ぜひ、絵葉書がほしくなってきました。
Commented by boudham at 2017-02-02 06:34
砂漠人さん
私も最後に絵葉書を送ったのはいつだったか思い出せません。私がこんななのに、娘たちがこうして絵葉書を送っていることは、ある意味素晴らしいと思っています。
ところで、ええーーっ? 外国宛の封書が20ドルなんですか。外国と関わりを持つことが奨励されていないからということ?
Commented by boudham at 2017-02-02 06:36
Mayさん
まったくです。私もずっと書いていません。でも、娘たちからもらうと本当にうれしいです。だったら、自分も始めないとですよねー と言いながら、まだ実行してませんが、機会を見つけてやらねばと思っています。
名前
URL
削除用パスワード