太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

イラン到着 その1

アメリカからイランは遠いし、イランについてからも砂漠人家はまだ遠い。
夜中の1時にテヘラン空港に到着。
機内ではスカーフをかぶった女性は15人に1人ぐらいだったが、
到着前の機内放送で、「そろそろ到着します。女性はスカーフをかぶってください」だって。
へぇー、そんな放送があるんだーー
降りるころには100%の女性がスカーフをかぶり、
これまで普通の夏の格好だった人も、長袖で長い上着を着ていた。
私はフランクフルト空港でばっちりイラン向きの服装に着替えていたので、
スカーフだけかぶる。

降りると、結構蒸し暑かった。
スムーズに入国、税関を済ませ、荷物を拾って、
さーて、長距離バスターミナル行きのタクシーを探さなくちゃ。
英語で話しかけて来たタクシーの運転手に、
英語で話しかけて来るくらいだからボラれる可能性があるなと思いながらも、
予定していたように、kumikoさんのおうちの電話番号に電話をかけてと頼んだら、
かけてくれて、ハリルが交渉してくれたようだったので、
その人のタクシーに乗ることにした。
話せば長くなるが、結局それでもボラれたのだが、
ハリルが心配したように「悪いタクシーの運転手から、
人気のいないところに連れて行かれて身ぐるみはがされる」ということはなく、
別の英語が全然話せない運転手の運転でバスターミナルに到着。

そのころから、ここでは英語が全然通じない〜〜ということに気づき始めた。
両替や料金について聞いても、数字さえ通じない。
紙を渡して書いてもらっても、アラビア数字ではなく
イラン語の数字しか書いてくれないからわからない。
バスが何時に出るのか聞いても通じない。
バスターミナルでもハリルに電話をかけてもらって、
行き先などは確認してもらった。

バスターミナルのおじさんは「わかった、わかった。あとは心配するな。
ここで待て」と言って(たぶん)待合室の乗客の席じゃなく、
カウンターの中の椅子に座らせてくれて、お茶まで出してくれた。
トイレに行きたいと何とか伝え、連れて行ってもらった。
バスがいつ出るのかは全然わからない。
他に待っている人にも聞いてみたが、英語が全然通じない。
チケットや壁の時刻表らしき表も、ペルシア語(数字も)なので全然わからない。

背中の壁にはホメイニ氏の肖像画が。
一緒に記念撮影のつもり。
d0251987_9291177.jpg

眠いけど、バスに乗るまで眠るわけにもいかないので待っていた。
4時ぐらいになってふと見ると「心配するな」と言っていたおじさんは熟睡中。
d0251987_930375.jpg

しかも、さすっても起きない・・・

しかたないから、他の人に聞いてみるとどうやら私が乗るべきバスは
このバスらしいというバスがわかったので、
今度はその運転手らしき人にまたまたハリルに電話をしてもらった。
正しいバスらしいので、それに乗って出発を待った。
やっと午前4時半に出発。

7時間後午前11時半に停車したバス停で、
乗客が私に「着いたよ」と教えてくれているようだと思ったら、
写真で見慣れた顔のハリルがバスの中に入って来た。
着いた〜〜
外にはkumikoさんもいて、タクシーでいつもブログで見ていたおうちへーー。
[PR]
by boudham | 2014-07-21 09:38 | イラン2014 | Comments(8)
Commented by May at 2014-07-21 10:12 x
英語が通じない不安、分かります〜〜
スペインの田舎もそうだし、タイに行った時もそうだったし。
ネパールもそうなんじゃ?
ハリルさんの電話で救われて、読んでいる方もホッとしました。それがなかったら、本当に路頭に迷っていましたねー
Commented by CLB at 2014-07-21 12:10 x
わぁー、読んでるこちらまでドキドキです。
言葉が通じなくて不安だった分、到着できたときの達成感は大きかったのではないでしょうか。
これからのブログ更新が楽しみですが、まずはゆっくり過ごされますように。
Commented by kakashi at 2014-07-21 21:21 x
イラン・・・。すごいですね・・・。出発前からハラハラドキドキの旅ですね。イランからの更新楽しみです。くれぐれもお気をつけて。
Commented by paprica at 2014-07-21 22:45 x
うわっ。いきなりアドベンチャラスっ!
久美子さんの家までは空港から「バスで」7時間ですか?!とおぃ〜。右も左もわからない、言葉もわからない、身ぐるみ剥がされるかもしれないようなところに飛び込んでいってしまうボーダさん、Advanced 寅さんですね(笑)。
なにより、無事に着いて良かったっ!ほっ。
Commented by boudham at 2014-07-24 10:40
May さん
これまで経験したことのある国の中でいちばん通じないんです。スペインの田舎もかなり近そうですが、テヘランの空港付近やバスターミナルでさえ、通じないようでした。タイは観光客がいるところは結構通じますが、ここは観光客が0だし。
ハリルは最初の運転手が電話を切ったあと、何度もかけ直したそうで、それでも運転手が出なかったからとても心配したのだそうです。結局その運転手だと思った人は、本物の運転手と私を仲介しただけの悪い人だったんですーー
Commented by boudham at 2014-07-24 10:48
CLBさん
これだけ言葉が通じない経験は久しぶりでした。砂漠人さんご夫婦が夜も寝ないで、来るかもしれない私の電話を待っていてくださったおかげです。
その後はゆっくりしています。朝はコケコッコーで目覚めています(笑)
Commented by boudham at 2014-07-24 10:52
kakashiさん
どうもありがとうございます。出発前はビザでハラハラ、移動は日本やヨーロッパより更に長く、着いたら英語は通じないといろいろありましたが、今はゆっくり砂漠の生活を楽しんでいます。移動の疲れも取れました。ど田舎というか、砂漠なのに、砂漠人さん宅にはwifiもあるし快適です。
Commented by boudham at 2014-07-24 10:55
papricaさん
そう、最後の「バスの7時間」は長く感じました。
3時間+10時間+6時間のフライトの後だったので。。。それに、ターミナルでいつ出るかわからないバスを待っているときは、疲れを感じました。のってからは眠れたんで良かったですが。
Advanced 寅さんですか、ププッ
名前
URL
削除用パスワード