太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

アーミッシュカントリー

ペンシルベニア最終日。
ここから車で西に30分ぐらい行ったところからアーミッシュカントリーが始まる。
アーミッシュの説明はこちら
今日の昼間はそこに行ってみた。
そろそろかなぁーと思いながら車を走らせていくと、こんな道路標識が。
d0251987_514845.jpg

と思ったらいました。アーミッシュの人たちの足として有名な「ホースバギー」
d0251987_516542.jpg

d0251987_5165653.jpg

小さくてかわいらしい箱馬車。
あたりにはこんなサイロがあちこちに。
d0251987_5173181.jpg

お店はハンドメイドの家具屋やキルト屋さんが多い。
これはキルト屋さんの入り口。
d0251987_51912100.jpg

中にはロングスカートに帽子姿の女性が数人。
「大草原の小さな家」に登場する人たちのかっこうだ。
それから目についたのが外に干してある洗濯物。
洗濯物が外に干してあるところって、アメリカではまず見ない。
改めて見ると、なかなか気持ちのいい光景だ。
でも、これを全部手で洗うのは大変だろうなー
d0251987_522011.jpg

d0251987_5221716.jpg

帰って来てこれから荷物整理。
キルト屋さんで孫ちゃんにお人形とお世話セットが
手作りの布袋に入っているものを買って来た。
孫ちゃんのママが孫ちゃんぐらいのときに、
ちょうどこんなお人形を大切にしていたのを思い出したのだ。
スイッチがたくさんついていて音の出る最新式のおもちゃを
たくさん持っている孫ちゃんが、こんな古風なおもちゃを気に入ってくれるかどうか。
d0251987_52628.jpg

[PR]
by boudham | 2014-03-08 05:26 | 出張・ペンシルベニア | Comments(12)
Commented by 大福 at 2014-03-08 10:36 x
お人形もさることながら袋もかわいい!このセット私がほしいわ〜 笑
Commented by kaguma at 2014-03-08 13:09 x
アーミッシュの人たちの生活というのはある種の憧れを感じます。でも、現代社会を知った上で、思想信条のためにアーミッシュとして生きることを選択したなら尊敬を感じますが、生まれたときからこの生活しか知らず、選択肢を与えられないとしたら、ちょっと嫌かなあ・・・と思ってしまいます。
アーミッシュの若者はどう思っているのでしょうね。
Commented by miekofrench at 2014-03-08 18:22
私もアーミッシュカントリーに行った事があります。うちの中の様子や日常の暮らし方などを見学したけど、手縫いの洋服とか電気を使わない生活、特に台所に電化製品が無い暮らしには驚きましたね。家具職人が作る高質な家具は欲しいなーと思いましたよ。
孫ちゃんと会えるの楽しみですね。可愛い人形、喜びますよ。
Commented by マダム半世紀 at 2014-03-08 22:16 x
もうお引越しの準備中でしょうか?
娘ちゃんのお手伝いをしながら、ゆっくりと先の事が考えられるのは、ボーダさんにとってはいいタイミングかも。
孫ちゃんとも過ごせるしね。^^

・・・
あなたは道を作って来た
どんな道でも歩んできた
水たまりにはまって泣きそうな時も
疲れ果てて座り込んでしまっても
いつでもちゃんと歩き出した

今また心に風が吹いて
振り返るその顔は寂しげでも
あなたは自分だけの道に立っている
傷だらけの自分の足で立っている

だから大丈夫
少しだけ休んだら
その眼差しに誇りを宿して
また前に進む事が出来る
あなただけの道を

・・・・

ボーダさんに詩のプレゼント。
ヘタな詩ですが、気持ちが伝われば嬉しいです^^
長い出張、本当にお疲れ様でした。


Commented by paprica at 2014-03-09 02:57 x
うははっ。かわいいっっ!このお人形とキルトバッグ、古ぼけた感じがかえって新鮮!孫ちゃんの大切なお人形になりますよ〜。
アーミッシュの人たちの生活は、ドキュメンタリーで見たことがありますが、便利な生活に慣れてしまった私たちからみると過酷ですよね。でも、そういう環境で生まれ育って、コミュニティの人たちのサポートをしっかりと受けることができたら、それほど厳しくもないのかなぁ。成人してから外の世界に出なきゃいけなくなったときが厳しいですよね。
Commented by May at 2014-03-09 20:33 x
なんだか、東京で昭和初期の暮らしをしている東さん(でしたっけ?)みたい。でもそんな寒い中で洗濯をするのは手が冷たいだろうなぁ!!
それに引きかえ、都会の暮らしはいかに地球に悪いか。
一軒の家に溜まった2年近くの物を泣く泣く処分しながら、つうづくそう思います。
まだ使えるものを捨てるのもですが、趣味の物を手離す時が一番悲しいです。
孫ちゃん、絶対に喜んでくれますよ!
子供は”今どき~”とか”こんなに古い~”とか考えないで、お人形は素直に嬉しいと思います。私でも嬉しいもの!
どんどんと家の物が消えて行き、そろそろコンビニ生活に入るかなー(笑)
Commented by boudham at 2014-03-09 22:47
大福さん、
そう、袋がかわいいんですよー 手作りだし。
でもね、昨日孫ちゃんにこれを渡したら一番先になんて言ったと思います? 袋に入っているロリーポップを食べていいか? と聞かれました(爆)
Commented by boudham at 2014-03-09 22:54
kaguma-ji,
そのとおりですねーー 成人するときにアーミッシュの社会で暮らしていきたいかどうかを選択するそうですが、ほとんどがそのままアーミッシュの社会に残ることを選択するとか。でも、都会の大学生活を経験した若者の90%は帰らないとか。
電気をあまり使わないとか、自然な暮らしには憧れますが、着る服の色や形を決められるのはいやだなぁ。
Commented by boudham at 2014-03-09 22:58
miekofrench さん、
miekofrench さんはお家の中も見学されたんですか。私も見てみたかったなー
昔風の生活には憧れる気持ちもありますが、決まりが多いのは私にはだめかも、と思います。
孫ちゃんに昨日お人形をあげました。一番最初に、お人形が入った袋のポケットに入っているロリーッポップを開けて、と言われました(爆) 想定外の反応でおもしろかったです。
ロリーポップをなめ終わってから、お人形でも遊んでくれました。
Commented by boudham at 2014-03-09 23:07
マダム半世紀さん、
素敵な詩をありがとうございます。詩のプレゼントなんて初めて。私のために作ってくださったなんて。
何度も読みました。いやぁーー、確かに傷だらけの足で立ってるかも(笑)それに道を作ってきたからこれからも自分で作るしかないんだな。できあいの道が自分の前にないし・・・
娘のところには昨日到着しました。まだみんな寝静まっていますが、3時間の時差のせいもあって1人起きてごそごそとこれを書いています。
本当にありがとう。涙がちびりました。
Commented by boudham at 2014-03-09 23:12
papricaさん、
アーミッシュの社会では成人するときに、そのままそこで生活をするか外の社会にでるかを決めるのだそうです。ほとんどの若者がそこでそのまま生活することを選択するそう。でも、それは外の生活をしらないからという研究結果もあります。都会の大学に行った人は90%が帰って来ないとか。pro あり、conありなんでしょうねー でも、私は昔風の生活にはあこがれます。
孫ちゃんにお人形を昨日渡したら、最初に関心がいったのは、袋のポケットに入ってるロリーポップでした。お人形にあげるんじゃなくて、自分が食べたかったの。そりゃーそうだよねーー、花よりだんごだねっと思いました。
Commented by boudham at 2014-03-09 23:19
Mayさん、
ついに物がどんどん消えていっているのが実感できるところまで来たんですねーー もう少しです。がんばってくださーい。
アズマカナコさんの生活とアーミッシュの生活。似ているところもありますが、大きな違う点は、アズマさんは趣味でそう言う生活を追求している、アーミッシュは宗教団体のようなもので、その社会に生まれたからそういう行き方をしているところだと思います。
洗濯物が干されている様子は見た目気持ちがよかったですが、あれを手洗いするのはいやだーーと私も思いました。でも、たぶんお湯をつかっているんじゃないかなー 薪ストーブの上で日常的にお湯が湯気をあげてたりするんじゃないかという気がします。あそこは寒いので、暖房はおそらくしっかりしていると思うんです。
名前
URL
削除用パスワード