人気ブログランキング |

ボーダはゆく

boudha.exblog.jp
ブログトップ

今週末のいろいろ

手作りイチゴジャムをいただいたので、
いいパンを買いにファーマーズマーケットに行った。
d0251987_23453743.jpg
人にカメラを向けるのがどうしてもためらわれるので、市場の写真は上の1枚のみ。
買ったパンはこれ↓
d0251987_23481063.jpg
ミシガン産オーガニック小麦粉と牛乳で焼いたパン。
個人のキッチンで作ったもので、州の機関から検査は受けていません、と書いてある。
実はこのパン屋さんはヨガの先生のお友達でもあるらしく、
そう聞いていたので買いに来た。
ヨガスタジオや手作りパンや、最近この小さな町ですてきなものに出会えている。
知り合いのお母さんの手作りのイチゴジャム。
d0251987_23485213.jpg
私は多少粒がある方が好きだが、これは完全にペースト状だ。
イチゴの味がすごくしてとてもおいしい。
d0251987_23491860.jpg
折り鶴で作りたいものがあるので鶴を折りながら食べた。
そのときは結局6羽折って、今日も後から折ろうっと。
ファーマーズマーケットで他に買ったのはこちら。
d0251987_23473746.jpg
夕食はエビのパスタとミネストローネとライスプディング。
d0251987_23452045.jpg
とても過ごしやすい気温だし、今週末土日両方ヨガクラスがあるし、
いい週末が過ごせてうれしい。

# by boudham | 2019-09-09 00:03 | Comments(0)

嬉しいプレゼント

このところあった二つの嬉しいプレゼント。
日本の姪からこんな郵便物が。
d0251987_11315906.jpg
私が大好きんなコミックの最新版と、こんなすてきなカード。
このカードすごくかわいくて感激だった。
d0251987_11334208.jpg
風鈴、猫、うちわ、朝顔・・・
日本の夏だーーー

もう一つのプレゼントはヨガの先生からのもの。
先生はこんな石を私にくれた。
d0251987_11365862.jpg
d0251987_11362694.jpg
石がヨガ教室の窓際に並んでいるのを私がずっと見ていたから、
先生が気に入ったのを持って行って、と言ってくれて、
これを頂いてきたのだった。
先生が気に入った石を持って行っていいよというので、
私は、I don't want to take your stone と言ったら、
先生は、You are not taking it, the stone is going with you.
などと言ってくれて、私はその石を頂いてきた。
私が持っている石と並べてみた。
d0251987_11372411.jpg
石はいいなぁーー
何億年も経ってこういう形になっている石たち。
今回頂いた青い石は職場のデスクに置こうと思っている。


# by boudham | 2019-09-08 11:50 | Comments(2)

今朝の通勤時

本当に秋がきたって感じで、すでに冬の到来すら感じられる。
朝起きるとまだ暗くて、通勤時はやっと明るくなる時間。
これからどんどんと昼が短くなっていく。
今朝の通勤時の写真。
d0251987_08483276.jpg
これは大豆畑なのだが、畑の上にこんなふうに薄い靄がかかっていた。
どうして畑の上だけにかかるのかな。
d0251987_08485191.jpg
職場の駐車場に車を止めてから畑の方向を見るとやっぱり靄がかかっている。
車を降りると、ナント! 吐息が白かった。朝はかなり寒い。
ミシガンはもうすぐ冬だわぁー
d0251987_08490818.jpg
でも、実を言うと、私は今みたいにどんどん寒くなる時期が好きなのだ。
夏は暑くて明るくて、日が長すぎて、ちょっと疲れる。
夜9時になっても明るいのは、多くの人は好きみたいだが、
私はそうでもなく、早く暗くなってくれーーと感じる。
なので、暗くなってくるこの季節は実は大好きなのだ。




# by boudham | 2019-09-06 08:56 | Comments(0)

秋を感じる日

私の住むミシガン最南端のこの町は秋っぽくなってきた。
木々ももう少し色づいてきているし、
何と言っても朝目覚ましで6時に起きるとまだ暗い。
7時に会社に向かう頃は薄明るくなっている、といったような感じだ。
北国の夏は短い。
仕事のあとヨガクラスに行くか行かないかは私にとって大きなことだ。
行きたいのは山々なのだが、酷く頭が疲れていていけないことも多い。
いけないというより自分に行く元気(思い切り?)がなくなるのだ。
行けばいつも後悔しないので、絶対に行った方がいいのに、
どうしても行けないことが多々ある。
昨日は行ったが、今日は実は行けなかった。
ちょうどいい時間のクラスがあったにもかかわらずだ。
そもそもそういうタイミングのクラスがあまりないのに、
まったくもったいないことだ。
d0251987_11332519.jpg
こんなに素敵なヨガスタジオがあるのに、
週一程度しか行かないのは全くもったいないのだけど。

ヨガには行けずじまいだったが、野菜が切れてきていたので、
食料品は仕事帰りに買ってきた。
そして、こんなシンプルな豆腐と野菜の炒め物を作った。
豆腐、ハラペーニョ、トマト、セロリをオリーブオイルで炒めただけ。
d0251987_11383769.jpg
一皿料理だし寂しいかなー と今日買ったトマトやコーンやセロリで飾った。
それとLake huronに行った時に買った地元のラズベリーワインを開けた。
甘口のワインは私の好みではないのだが、これはラズベリーの味がしておいしい。
デザート感覚かな。
今日買い物に行ったのは、実は1個10セントのとうもろこしが
またないかなーと思っていったのだった。
そして、実はあったのだが、ほとんど売り切れたあとで、
いいのがあまり残っていなかった。
なので、二個だけ選んで買ってきた。
あとはいつも買うトマトを買った。
私が常に買う野菜というと、キャベツ、人参、玉ねぎ、トマトなのだが、
その中でもトマトは、一番頻繁に買って家にいつもあるようにしている。


# by boudham | 2019-09-05 11:53 | Comments(0)

日本食品店

職場の仲間と車で2時間ぐらいのところにある日本食品店に
食料供給に行ってきた。久しぶりだ。
というか、4年以上ここに住んでいるのに私が行くのはたったの2回目。
他の日本人メンバーはもっと頻繁に行くようだが。
納豆、こんにゃく、油揚げ、ブルドックソース、紅生姜、
などを買い、あとは中とろとイクラとシメサバをかった。
そして、海鮮丼を作ったよ! おいしかったぁ〜
d0251987_03282243.jpg
中トロ側のクローズアップ。
d0251987_03322500.jpg
イクラの軍艦も作った。
d0251987_03290294.jpg
1週間前に長女からオレゴンからのお土産のスモークサーモンが届いた。
写真は箱だけ。
食べる時写真を撮り忘れたからだなのだが、おいしかった。
d0251987_03342962.jpg
このごろ写真を撮り忘れる傾向があって、
新鮮なトウモロコシが一個10セント(10円)という
素晴らしい値段で売っていたので、2つ買ってコーンスープを作ったのだが、
これもこれだけ写真に撮って、でき上がったあとはすぐに食べてしまった。
d0251987_03373079.jpg
ミキサーでガーっとしたあと、私にしては丁寧に裏ごしまでして作ったのに。
何してるんだか。




# by boudham | 2019-09-03 03:39 | Comments(0)

Lake Huron

ミシガン州は五大湖のうちの4つの湖に囲まれている州だ。
週末ヒューロン湖までドライブしてきた。
五大湖はどれも大きく海みたいな湖だが、淡水なので、
海のような生物はいないようだ。
d0251987_02462934.jpg
砂浜だが貝殻も海藻も落ちていない。
上の画像で見える橋はロウアー半島とアッパー半島をつなぐ8キロぐらいの橋だ。
ヒューロン湖の向こう岸は見えないがカナダだ。
木々の紅葉が少し始まっていてもう夏も終わりだなぁ。
私が住んでいる町が北海道の函館と同じ緯度で、
上の写真の場所は樺太だから冬の寒さははんばないにちがいない。
湖は完全に凍るだろう。
d0251987_02475239.jpg
ミシガン人はコロラド人が山に行くように湖に行くようで、
船を持っている人も多い。
d0251987_02492832.jpg


# by boudham | 2019-09-03 03:23 | Comments(4)

通訳トレーニング

サイマルアカデミーのオンライン講座で、
「基礎からはじめる通訳トレーニング」というのを
会社のお金で受けさせてもらっている。
10回のレッスンの半分を受けたところだが、
難しいがとても勉強になっている。
自分のウィークポイントがよーーくわかる。

通訳には逐次通訳、同時通訳、ウィスパリングの3種類がある。
逐次は話を区切って、そこで訳を言うスタイルで正確さが重要だ。
同時通訳はヘッドセットを使って聞きながら同時に訳を言う。
私は仕事でいつもしているのはウィスパリングが一番多い。
会議では私の訳を聞かなければならない日本人の少し後ろに座って、
同時通訳的に英語から日本語に訳したのをコソコソささやくのだ。
そして、その人が日本語で何か言った時は、それを英語に訳して、
逐次通訳で大きな声でアメリカ人に向かって言う、
というパターンが一番多い。

そればかりしているせいか、今回逐次通訳向けのトレーニングを受けて、
自分が一番できないのがリテンションだとわかった。
リテンションとは話し手が話した内容を覚えていること。
逐次通訳はかなり長い会話を覚えていて、会話が区切られた時に、
それを訳さなければならないのだが、私の場合、会話を覚えていられない。
うーーん、困った。トレーニングを重ねるしかないのかなー。
いつもほとんど同時で訳しているので、覚えないで、
すぐに言っているから覚える(リテンションする)スキルが育たなかったようで、
短くたくさん区切ってもらわないと、すぐに内容を忘れてしまう。
そこで、当然メモを取るということになるのだが、
それも私のウィークポイントで、メモの取り方がまだまだできていない。
もっともっとメモの書き方をシンボルなどで標準化して、
短いメモで何の意味だったのかがわかるようにしないといけないようだ。
などということが今回トレーニングを受けてよくわかった。
ふぅ〜〜っ、人生勉強続きだなぁーーというか、訓練だなぁ〜と感じた。

このトレーニングは2回自分の訳を録音して送って、添削してもらう機会がある。
そのためにボイスレコーダーも会社に買ってもらった。
せっかくだから、自分の訳を録音して聞いたりしているが、これもすごく勉強になる。
あとで再生すると、ええーー こんな風に言ってたの??? と思うことばかり。
これでよく職場のみんなが我慢してくれているものだと思うが、
ありがたく思ってくれているようでもあり(それともお世辞か?)
こちらこそ、私の訳で耐えてくれている人たちにまったくありがたく思った。


# by boudham | 2019-08-30 07:53 | Comments(2)

ジョージアは暑かった

日本も猛暑だったようだがジョージアも暑かった。
夕方37、8度ぐらいのときに外を歩くと汗が体を流れるのが感じられた。
1日の最高気温に達するのが夕方5時ごろなのだ。
朝仕事に出かけるころと、夜8時半ごろ日が沈む時間は、
だいぶ気持ちが良かったし、空もきれいだった。
次の写真は朝と夜の空の写真だが、どちらがどちらかわかるかな?
d0251987_08132003.jpg

d0251987_08140361.jpg
答えは上が夜、下が朝です。

ミシガンに帰ってきて昨日の月曜日は約2週間ぶりでヨガに行った。
腰はほとんど良くなったが、また悪くしてしまわないように、
気をつけ〜〜て、気をつけ〜〜て、自分の体の声を聞きながらやった。
自分の体の声、心の声を聞くってのはとても大切なことだ、
と最近つくづく思う。

ジョージアで見つけた虫↓
d0251987_08175473.jpg
カミキリムシかな。
子どものころルリボシカミキリというカミキリムシが大好きだった。
そんなことを何十年ぶりに思い出して、ネットで検索してみた。
今見てもなんてきれいだろうと思う。
d0251987_08242135.jpg




# by boudham | 2019-08-21 08:24 | Comments(4)

冷蔵庫の始末やら

毎月一度は1週間ほどジョージアに出張がある。
だから、もちろんペットは飼えないし、野菜をプランターで育てたりもできないし、
日頃の買い物でさえ、いつもそのことを考えてするようになる。
明日からジョージア出張なので、今週はすでに冷蔵庫の食品を
片付けなくちゃモードになっていた。
d0251987_07432437.jpg
今日の冷蔵庫を見ると、出張前に片付けなければいけないものはこれらだ↓
d0251987_07434727.jpg
白菜、きゅうり、半分の玉ねぎと、お豆腐が4分の一丁。
上に見えるトマトは冷凍庫にそのままぶっ込むので、大丈夫。
何を作ろうかなー と考え、白菜と玉ねぎとお豆腐はお味噌汁に、
きゅうりは冷やし中華に使うことにした。
冷凍庫から鳥のもも肉を出して煮込んで、冷やし中華用の具と、
お味噌汁のスープをとった。
鳥のもも肉からたくさん油が出たので、
スープをコップに入れて冷凍庫に入れ、油を凍らせて除去した。
d0251987_07441959.jpg
d0251987_07444000.jpg
これで少しはカロリーが低くなる。
あとは普通に白菜、玉ねぎ、お豆腐の具沢山お味噌汁と冷やし中華を作った。
d0251987_07445508.jpg
ミシガンは最近過ごしやすい気温の夏だが、
明日から暑〜〜いジョージアだ。
スタミナつけないと。




# by boudham | 2019-08-11 07:52 | Comments(0)

フェアはこの町の大行事

2年前にも記事にしたこのフェア(→⭐️
今年は今週がフェアの週だった。
私が働いている会社もブースを出しているし、
暑い中ブースの番をしている職場仲間をねぎらう意味も込めて行ってみた。
普段は何もない土地にこんな遊園地が設立される。
d0251987_06155373.jpg
実際は上の写真より人がたくさんいて、結構盛り上がっている。
(人にカメラを向けるのが苦手なので、どうしても人のいないところを撮ってしまう)
家族連れや、10代ぐらいの子どもたち同士のグループで、楽しんでいる。
d0251987_06163016.jpg
食べ物や飲み物のお店もたくさん。
日本のお祭りと一緒だなー

しかも、このフェアは、アメリカのこの辺(中西部)では伝統的なもので、
遊具や食べ物が主体ではなく、家畜の品評会やオークションが主体なようなのだ。
d0251987_06182189.jpg
私は牛舎の写真しか撮らなかったが、その他ヤギ、羊、鶏、豚、馬などの小屋がある。
品評会みたいなのがあって、家畜が賞を取ったり、売買されたりしている。
これはこの地域に根ざしている行事で、
子どもたちもこのイベントのために、自分で家畜を大切に育てているようなのだ。
d0251987_06184591.jpg
職場でこの時期になると、「うちの子は羊を出す」だの、「豚を出す」だの、
「お母さんが馬を出すから手伝いに行く」だの、という話が聞こえて来る。
コロラドでは、というか私が住んでいたコロラドの街ではなかった文化だ。
実際フェアの会場では子どもたちが自分の家畜の世話をし、
牛や馬を洗ったり、小屋を掃除したり、いろんなことをやっている。
もちろん大人もだが、子どものときからこの辺ではこういうことをしている。
d0251987_06171755.jpg
10月11月になると、狩猟が解禁になり、
子どもも大人も目の色を変えて鹿狩りに勤しむ。
私はここに越してきて4年が経ったが、
やっとこの辺の文化がわかってきた気がする。



# by boudham | 2019-08-11 06:34 | Comments(1)