太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

ゴルメサブズィ

3年ほど前から毎日のように読んでいる私のお気に入りのブログが、
砂漠人というkumokiさんのブログだ。
そこで紹介されている砂漠的な食事にとてもひかれ、何度かまねごとの用なものを料理してはみた。
本格的にやってみようにも、ドライレモンとかザクロのスパイスとかないし、
広い大地を駆け回って育った羊の肉なんてアメリカで手に入るわけがない。
でも、今年の夏の初めに、レモンを乾燥させて、
それを使ってより本格的なゴルメサブズィというのを作ってみようと思い、
夏の間、3ヶ月ほどかけて実験的に4個のレモンを天日乾燥させた。
レモン(ライム)はカビもせず、からからに乾いたようだ。
d0251987_938293.jpg

そこでついに昨日、ゴルメサブズィを作ってみることにした。
ラム肉はホールフーズでオーガニックのやつをゲット。500gぐらいの固まりが12ドルほどだった。
d0251987_948633.jpg

ハーブは左からチャイブ(私の畑の)、リーク、イタリアンパセリ、
シラントロ(コリアンダー)だ。
d0251987_9404869.jpg

まずニンニクとタマネギをよーく炒め、そこにラム肉を入れて炒め、刻んだハーブを入れて
そしてまたよーく炒め、豆とトマトを入れてよーく炒め、水を入れて煮る。
d0251987_9424645.jpg

スパイスは左からチリ、チリフレーク、クミンシード、ターメリック、クミン(ひいたもの)、
フェネグリーク、パプリカ。
d0251987_1024752.jpg

ドライレモンも入れて、さらに1時間ほど煮た。
d0251987_1045457.jpg

そして、食卓。
d0251987_1063611.jpg

とてもとてもおいしかった。
シンプルで、なんか素朴な味がして、インドのカレーのどぎつさがない、違った味だ。
いまいち、砂漠風にならなかった気がするが、
サフランライスにおこげをつけなかったせいかもしれない。
次はおこげにも挑戦しなくては。
それから、フェネグリークの生の葉っぱがどこで手に入るのか探さなければ。
[PR]
# by boudham | 2011-11-06 10:09 | 食べ物(2013以前) | Comments(7)

シーフードリゾット

今朝起きたらまた雪が10センチ以上積もっていた。
雪かきをしに外に出て、シャベルで雪をよけながら歩道までたどり着いたら、
もうすでに雪かきされてあった。
見ると、左側のお隣さんがうちの前もやってくれたようだった。
ありがたい。
バックヤードのリンゴの木の枝が折れないようにシャベルで下からゆらして雪をおろした。
雪がどっと自分の真上から落ちて来て雪だらけになってしまった。

夕食にシーフードとリークのリゾットを作った。
まず、ニンニクをオリーブオイルで炒める。いい香り〜〜
d0251987_0173624.jpg

リークを入れる。
d0251987_0184540.jpg

米を入れる。白ワインも入れる。
d0251987_02002.jpg

チキンストックを少しずつ入れながら20分ぐらい炒め煮にする。
シーフードを入れる。今回は冷凍のエビとホタテの貝柱。
d0251987_02364.jpg

トマトソースを入れて少し煮てできあがり。
d0251987_024935.jpg

パンプキンスープはホールフーズで買ったできあい。
味の研究のために買ったのです。
d0251987_0253547.jpg

[PR]
# by boudham | 2011-11-04 00:25 | 食べ物(2013以前) | Comments(2)

畑のビニールカバー

ほうれん草やレタスの種を9月に巻いたのが、ちゃんと芽が出て育っている。
でも、ここコロラドは高山気候で、雪が降ったり、晴れたりと気候が毎日大きく変化する。
日差しはいつもかなり強いし、一年に300日以上が晴れだということで有名なコロラドだ。
温室などがあれば、冬でもいろんなものが育つのかもしれない。
さしあたって、>簡単なビニールのカバーを作ったのだが
大雪が降った日、雪の重みでビニールシートが地面に落ちていた。
そこで、ガレージにある余った木材を使って、もう少しマシなのを作ってみた。
まずはのこぎりとか木とかを用意してーーー
d0251987_11453190.jpg

こんな感じの骨組みを作った。
d0251987_11464312.jpg

釘のさし方とか、失敗だらけなのだけど、かろうじてこの骨組みにビニールをかけた。
d0251987_114801.jpg

中はぽかぽかで、ほうれん草も幸せそうだ。
d0251987_1149172.jpg

相棒にも、よくこんなのが1人で作れたね〜とほめてもらった(笑)
[PR]
# by boudham | 2011-11-01 11:49 | ガーデン(2013以前) | Comments(4)

ラーメンと餃子

夕食はラーメンと餃子。
餃子の皮がなかったので、四角いワンタンの皮で包んだ。
私がいつもするように皮を何枚も並べて具をその上に載せて、
一気に包むというやり方でやったら、皮が乾いてしまい包むときにひび割れてしまった。
空気が乾燥しているせいでしょう。
d0251987_6572457.jpg

具は豚肉、キャベツ、青ネギ。ニンニクとショウガのすりおろしも入っている。
d0251987_6594513.jpg

相棒のステンレス製のフライパンで焼いたが、くっついてしまった。
私はステンレス製のフライパンは以前使ったことがないのだが、
何でもくっついてしまってうまく焼けない。
何かこつがあるのだろう。ネットで調べようと思いながらまだ調べていなかった。
ラーメンは日本食品店で買った3食入りの生ラーメン味噌味。
ラーメンと餃子、このごろ寒くなってきたせいか、ずっと食べたかった。
おいしかったーーまた明日も食べたいくらい。
d0251987_753132.jpg

左のカボチャはボウディーに届かないようにとテーブルの上に置いてある。
[PR]
# by boudham | 2011-10-29 07:03 | 食べ物(2013以前) | Comments(4)

雪はけっこうとけました

昼過ぎに散歩に出たら、もうかなり雪もとけていた。
d0251987_857354.jpg

野菜畑はほうれん草、レタスなどが種から育っているが、
一つはビニールでカバーし、もう一つはそのままにしておいたのだが、
d0251987_91366.jpg

ビニールでカバーした方のほうれん草は雪も当たらず元気な様子。
d0251987_931326.jpg

でも、カバーしなかったほうも、今のところサバイブしたように見える。
手前はニンジンで奥がほうれん草。
d0251987_95480.jpg

夕方、また散歩がてら歩いて郵便局に行ったら、あちこち雪のせいで落ち葉の量がすごいこと。
落ち葉の積もった道路と車。
d0251987_971539.jpg

[PR]
# by boudham | 2011-10-28 09:07 | 日常(2013以前) | Comments(2)

初めて本格的につもった

今年は紅葉が長続きしてきれいな秋だったが、それも昨日で終わった。
d0251987_0332092.jpg

コロラドの秋はいつもこのように突然終わる。
まだ葉が落ちていない木に雪がどっさり積もるので、枝がたくさん折れてしまう。
そして、一気に葉が落ち、すっかり冬っぽくなる。
昨日は一日中マイナスの気温だったが、今日はまた10度ぐらいまであがるそうだ。
まだ朝早いので、もう少したって暖かくなったら、庭のチェックにいこう。
[PR]
# by boudham | 2011-10-28 00:22 | 日常(2013以前) | Comments(1)

日曜日の朝食

外の朝食に誘われても最近私が断るので、
相棒はウチ朝食を作ってくれた。ワッフル、ベーコン、チェリーソース&シュトロイゼルだ。
うーーん、おいしいけど、外の朝食を断っている目的が、これでは達成されないではないか。
d0251987_10265672.jpg

[PR]
# by boudham | 2011-10-25 10:30 | 食べ物(2013以前) | Comments(3)

ストゥーパ

シャンバラ・マウンテン・センターというロッキー山脈内にあるストゥーパ(仏塔)に行って来た。
フォートコリンズに住んでいた頃は車で1時間なのでよく行っていたが、
デンバーからだと2時間ちょっとかかるので、今回やっと行った。
私はべつにシャンバラのメンバーとかではないのだが、時々無性に行きたくなるのだ。
心が落ち着くというか、懐かしいような気持ちになれるというか。
d0251987_19451280.jpg

チベット仏教のストゥーパだ。
中には大きな金ぴかの仏像があって、誰でも座って瞑想することができる。
今日は7、8人が瞑想していた。

日本のお寺の隅に神社がよく建っているように、ここにも小さな神社がある。
カミ・シュラインと呼ばれている。
カミ・シュラインに続く小道に建っているとりい。
d0251987_19485295.jpg

こちらの多くの人たちはとりいをくぐる前に数回おじぎをする。
日本でもそうだったかな。

20分ほどさらに山をのぼったところにあるマルパ・ポイント。
岩山の頂上にプレイヤーフラッグや仏像がある。チベットのような風景。
d0251987_1952572.jpg

頂上は強風が吹いていた。
d0251987_19504429.jpg

d0251987_1953155.jpg


往復4時間半のドライブはちょっと長いが、行ってよかった。
[PR]
# by boudham | 2011-10-23 19:58 | 日常(2013以前) | Comments(2)

秋の日常

畑のシソの実がたくさんなった。種用に保存するのはほんの少しで十分なので、
残りは塩漬けとショウガ醤油漬けにしてみた。
d0251987_0304428.jpg

d0251987_034335.jpg


3種類のミニトマトは今も毎日収穫している。来年のために種を乾燥中。
赤くて丸いのと、黄色くて丸いのと、黄色くて洋なし型のもの。
d0251987_0361461.jpg


ホールフーズ(自然食品店)の店先。オーガニックのパンプキンが山積み。
d0251987_039943.jpg

店内にあった試食。真ん中がチップスで、両脇はサルサとグアカモーレ。
試食なのに、3回ぐらい戻って来て食べてしまった。
d0251987_0413551.jpg

お腹が空いているときに買い物するとよくないですね。
ついつい買いすぎてしまうし・・・
[PR]
# by boudham | 2011-10-20 00:31 | 日常(2013以前) | Comments(3)

カボチャを食べられた

昨日、私はこれまでで一番厳しくボウディーをしかった。
ズッキーニやアメリカのパンプキンのときはまだ我慢ができたが、
丹誠込めて育てて来た日本のカボチャが食べられていたのだ。
d0251987_0362971.jpg

買い物から帰って来て庭に目をやると、
一番立派なカボチャがまっ黄色の果肉をあらわに庭に転がっているではないか。
「う〜〜ボウディーめ。ついにカボチャにまで手を出したか」
ボウディーを呼ぶとさーっと逃げて行った。
首輪をつかんで無理矢理庭のカボチャの前に引っ張って行き、しかった。
今回はかなり効いたと思う。その後、ボウディーの顔を見ても私と目を合わせようとしなかった。
半日ほど撫でたりせずに冷たい態度をしてやった。
d0251987_0393093.jpg
d0251987_0402227.jpg

d0251987_043451.jpg


相棒はボウディーに「なーー、カボチャだけにはもう手を出すなよ。女性を怒らせるとひどい目に遭うってこれでわかっただろう?」などと話しかけている。
[PR]
# by boudham | 2011-10-19 00:33 | 日常(2013以前) | Comments(6)