太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

ハイキングで迷子に

感謝祭の翌々日、娘家族たちとボルダーでハイキングをした。
ハイキングとは言っても、ちゃんとトレイルがあり、アップダウンの少ない楽なコースとして知られているところだ。
だから、私はいつも履いている革製のウォーキングシューズ、コートにロングスカートという格好で出かけた。
d0251987_12304648.jpg

ところが、道に迷い窮地に陥ったのだ。山を侮ってはいけない。
我々大人4人、6ヶ月の赤ん坊1人。道だと思って急な登りも先に進んでいたのだったが、実は道ではなかったらしく、途中からその道はすっかりなくなってしまった。
仕方なく、道のない急な坂を下った。もと来た道を下るには急すぎて心配だった。その上、私がよく滑る皮ぐつを履いていたので、まともに歩くこともできず、ほとんどよつんばいにで進むしかなかった。2女が、「靴を交換しよう」と言って、私の靴と彼女が履いていた靴を交換してくれた。そうしたら、私の靴があまりにも滑るのに驚いて、「これじゃ無理だ。私は裸足で降りる」と言って、私に彼女の靴を履かせたまま、彼女は裸足で坂を下り始めた。本当に2女にはありがたかった。
なんとか無事な場所まで降りたところで撮った写真。
d0251987_1224116.jpg

こういうイージーなトレイルでも毎年何人かが道に迷い、崖から足を滑らせて死んだりするのだそうだ。そうならずに無事に帰れてよかった。
[PR]
# by boudham | 2011-11-29 12:27 | 日常(2013以前) | Comments(4)

感謝祭終了

おいしいものをたくさん食べたので、ブログを更新しようしようと思いながら、今までしないでしまった。3人の子育てをしていたころ、周りに人がたくさんいるのは当たり前のことだったが、いつの間にか静かなのが当たり前になっていたようで、わいわいと楽しく過ごしたが、自分のことをする時間はなかなか見つからなかった。

まずはカリフォルニアから20時間近くぶっ続けで運転して来た娘たち4人(次女と3女、次女のパートナーと6ヶ月の赤ちゃん)が感謝祭前夜に到着。用意していたオイスター、お寿司(手巻き)と白ワインでかんぱ〜い!した。
d0251987_0261193.jpg

d0251987_027393.jpg

翌日の感謝祭当日のディナー。Before
d0251987_0351974.jpg

After
d0251987_0383086.jpg

みんなで後片付け。ボウディーも自動床掃除機として大活躍。
d0251987_0413785.jpg

[PR]
# by boudham | 2011-11-29 00:42 | 食べ物(2013以前) | Comments(0)

相棒のブリトー

相棒は毎週月曜日の夕食はブリトーと決まっている。
一日ずれて火曜日になることもあるが、とにかく彼のお手製ブリトーは毎週食卓に上がる。
お手製とは言っても、缶詰の豆を市販のトルティーヤで巻き、市販のソースとチーズをかけてチンしたものだ。市販と言ってもちゃんと決まったオーガニックの銘柄。
相棒はそれにオリーブを追加したり、お気に入りのブランドのサルサを入れたりと、彼なりに凝った一品に仕上がる。
まず、こんなふうに市販のトルティーヤをガスの直火で焼く。
d0251987_11152782.jpg

そして、オリーブやサルサなどを、こんな風にきれいに乗せる。
d0251987_11202498.jpg

そして、巻いたものにレッドチリソース(またはグリーンチリソース)をのせ、
d0251987_21541483.jpg

チーズをきれいに置いてレンジで温め、最後にサラダをのせてアボガドを添える。
d0251987_21595271.jpg

ベジタリアンメニューだが、豆とチーズがたくさんなので栄養満点。ヘルシーでおいしい。
[PR]
# by boudham | 2011-11-22 22:00 | 食べ物(2013以前) | Comments(2)

最近作った料理

相棒が帰って来て「君の料理が食べた〜い!」と第一声で言ったので、
週末にかけていろいろ作っていた。
ボルシチ
d0251987_2354539.jpg

赤ビーツとディルが入っていて、サワークリームを乗せて食べるロシアのスープ。
ロシアに行った時、レストランで何度か食べたが、
それ以前に想像していたよりもあっさりとした野菜中心のスープだった。
コロッケとサラダ
d0251987_2382590.jpg

本当はキャベツの千切りを添えたいのだが、こちらのキャベツは堅くていまいちなのでミックスサラダ。
インドのカレー。ダル、ほうれん草カレー、チキンカレーだ。
d0251987_23102919.jpg

これは相棒のお皿。私はご飯の横にカレーを置くが相棒は上にかけるのでご飯が見えない。

今週の木曜日は感謝祭だ。
娘たちがパートナーや子供を連れてくるので、ごちそう用の買い物をたくさんした。
あと、おとなりさんからベビーグッズを貸してもらった。
ベビーチェア、バスタブ、ベビーカーだ。
d0251987_23144836.jpg

こういうものが自宅にあるというのは20年以上ぶりだ。
[PR]
# by boudham | 2011-11-21 23:16 | 食べ物(2013以前) | Comments(4)

初めて1人でボウディーとドッグパークへ

ボウディーは相棒が留守でもちっとも変わった様子を見せない。
あっけらかんとした明るい性格で、心配などとは無縁なのだ。
私の愛犬ボーダは(3年前に13歳で死んだ)ボウディー以上におりこうな犬だったが、
あっけらかんとはしていなかったし、心配もする性格だった。
心配とはちょっと違うかもしれないが、一癖ある性格だった。
ボウディーは広く浅く誰とでもつき合える性格で、
どんな犬とも駆け回ってよく遊び、時間がきたらバイバイする。
ボーダもフレンドリーではあったが、1人で好きなことをしているのも好きだった。
飼い犬が買い主と似るというのは、性格面でもある程度当たってる気がする。
相棒とボウディー、私とボーダに関してはかなり合っているかもしれない。

明日は相棒が帰って来るが、今日ボウディーを初めて私1人でドッグパークに連れて行った。
ドッグパークは一回の入場料が9ドルする。
相棒は一年分の割引料金を払っているから一回一回払う必要はない。
私の車には1年分払ったというスティッカーがついていないから、
私の車にボウディーを乗せて行くと、一回分を払わなければいけない。
ボウディーは運動量がたくさん必要なオーストラリアンシェパードという犬種で、
毎日リーシ付きで散歩させても十分運動できたとはとても言えないので、
今日は私が9ドル払ってドッグパークに連れて行くことにしたのだ。
きれいなところなので、私もそこで散歩するのが好きなんだけどね。

初めて私のスバルに乗ったボウディー。
d0251987_8122377.jpg


いつもは相棒の大きなホンダのワゴン車の後ろが全部ボウディーのスペースになっているので、悠々とできるのだが、私のステーションワゴンの後ろは狭くて窮屈でも、おりこうに乗っていた。
[PR]
# by boudham | 2011-11-17 08:19 | 日常(2013以前) | Comments(0)

限りなくだらしなくなりそうな自分

相棒が仕事でテキサスに行っているので留守番中だ。
まだ留守番三日目なのに、家の様子が変わって来ている。
まずベッドメーキングをきちんとしてないからベッドルームがきたない。
リビングの大きなテレビで日本のドラマを観ながら、
DVDにコピーしたりしていたので、ラップトップ、DVD、ペン、メモ紙、本などが散乱。
キッチンも、使ったお皿やカップをすぐに洗わずにシンクに置いたまま。
料理と呼べる料理もせずに、残り物を食べたり、適当にあるものをぶっ込んだスープなどを食べている。
相棒が私のために冷蔵庫にビールをたくさん冷やして行ってくれたので、
夜はそれを飲むと、無性に眠くなってしまい、早寝。
しかも、1人で朝までぐっすり。いつもは夜中に何度も目を覚ますのに。
仕事と犬の散歩はもちろんしているが、それ以外は1人だと限りなくだらしなくなりそうな感じ。
相棒はこんな私とは正反対で、一人でも私がいても同じことをする人だ。
使った食器はすぐに荒い、ベッドはシーツのしわ一つなくきちんと作り、
朝はおいしいコーヒーとシリアルと果物をきちんと食卓に並べて食べる。
私は朝ご飯始め、一人だとすべてがテキトウになってしまう。
ゆうべ相棒からの電話で、土曜日に帰るはずだったが、仕事が早く片付いて木曜の夜には帰れるかもと言われた。
やばい。掃除しなくちゃ。
[PR]
# by boudham | 2011-11-15 23:34 | 日常(2013以前) | Comments(4)

夕暮れ時のドッグパーク

明日から相棒が一週間留守になるので、ボウディーをドッグパークに連れて行った。
夕暮れ時のドッグパーク。相棒と私の、長〜い影。
d0251987_1036369.jpg

そういえば、「夕暮れ時はさびしそう」なんて曲を中・高時代によく聴いた。
岩手県出身のグループ、NSPは同じ東北人として、とても親しみ深い存在だった。
リーダーの天野滋さんは52歳という若さで亡くなってしまった。

相棒との長い影の間にボウディーを座らせて写真を撮ってみた。
d0251987_10391043.jpg

空には白い満月が浮かんでいる。

明日から一週間ボウディーと留守番だ。
なぜかウキウキしてきた。
[PR]
# by boudham | 2011-11-13 10:40 | 日常(2013以前) | Comments(4)

サーモンのパンプキンシード&シラントロペスト添え

d0251987_0124578.jpg

サーモンはフライにしてタルタルソースを添えるのが気に入っていたが、
ゆうべは新しいソースに挑戦した。
シラントロ、パンプキンシード、ニンニク、オリーブオイルをフードプロセッサーでペースト状にし、塩こしょうで味つけ。
d0251987_095177.jpg

フライにタルタルソースよりヘルシーな感じだ。
サラダは畑のレタスと自家製サンドライトマト。
ニンジンのソテーも畑から収穫したニンジンだ。
d0251987_0114962.jpg

デザートにクレームブリュレも作った。
相棒がバーナーを持っているので、初めてプロのようにバーナーで表面のカラメルを作った。
d0251987_015667.jpg

[PR]
# by boudham | 2011-11-13 00:16 | 食べ物(2013以前) | Comments(2)

娘たち

真ん中の娘がブログを始めたので、英語ですがよかったら覗いてみてください。
彼女はパートナーと6ヶ月の子供(つまり私の初孫)とともにカリフォルニアのロングビーチで暮らしてる。

ロングビーチの娘のアパートの近くをベイビーと散歩中の娘。コロラドとは気候が全く違うので、はえている植物も全く違う。
d0251987_9425083.jpg


栄養士になるべく勉強中で、ブログには食べ物や栄養のこと、
それからベイビーの成長について書いてある。
学生でありながらハーフタイムの仕事をこなし、ベイビーを育てているので大忙しの毎日のようだ。

一番上の娘は私の元を離れてもう10年近くになる。
最初、美術専攻で大学に入学したが、今は医師をしている。
忙しいらしく、滅多に電話も来ない。
平均すると2年に一度ぐらい会っているかな。
これは最後に会った時。医大の卒業式でガウンを着ている長女。
d0251987_9471247.jpg


3番目の娘は、南アフリカ、ケープタウンの大学院の学生だ。
貧しい社会をどう援助したらよいのか、という勉強を専攻している。
高校時代バスケ選手だった彼女が、ボランティアでコーチをしているチーム。
d0251987_9521525.jpg


私は高校生の頃は家出をしたり、万引きをして捕まったりの問題児だった。
高校はなんとか卒業したものの、大学は2007年にコロラド州立大をやっと卒業したばかり。
バツ2だし、いつも職探し中だし、あまり人に誇れるようなことはない。
それに比べたら、娘たちは私よりずっとよくやっている。
たぶん、私を見て、ママのようにはなりたくないと思ってがんばっているのだと思う。
つまり、私は反面教師なのだ。
[PR]
# by boudham | 2011-11-12 09:54 | 家族 | Comments(4)

感謝祭まであと2週間

サンクスギビング(感謝祭)はアメリカではクリスマスと並ぶ大きな行事だ。
11月の第3木曜日、家族が集まって七面鳥を食べ、デザートにパンプキンパイなどを食べる。
私は特に固執している行事というのはないが、
家族が集まって楽しむ機会があるのは喜ばしいと思っている。
アメリカに来て最初の頃は、周りがお祝いモードなのに、
私は感謝祭を重視していなかったので、中高生だった娘たちをがっかりさせたかもしれない。
娘が大学生になって寮生活をしているときも、感謝祭の週は学生は寮から追い出されるのだったが、
私は特に「帰っておいで」とも言わず、何もしなかった。
しかし、去年は3人娘がカリフォルニアの2女3女のアパートで一緒に感謝祭を過ごすというので、
「ママもおいでよ」と誘われ、行った。
今年はデンバーの私のところに2女家族(2女と彼女のパートナーと6ヶ月の子供)がカリフォルニアから、大学院生をしている3女が南アフリカのケープタウンから来ることになった。
私と相棒を含め大人5人分のごちそうで祝う予定だ。
七面鳥をオーダーするにあたって、大きさで迷った。
ネットでターキーサイズ、五人分などと入力して検索したが、
1人1ポンドと書かれてあったり、5人なら14ポンド(1ポンド=454g)がいいとあったり。
結局、今日10−12ポンドというのをオーダーした。
地鶏のターキーで1ポンド2.99ドルだった。
感謝祭用のワインもすでに調達済み。
アメリカに来て11年、去年と今年がいちばん感謝祭らしい感謝祭だ。
今年から医師になった長女だけは残念ながら仕事で来れない。

これは去年、カリフォルニアのロングピーチの娘のアパートで祝ったときのごちそう。
d0251987_7133169.jpg

[PR]
# by boudham | 2011-11-11 07:16 | 日常(2013以前) | Comments(2)