太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

ふぅ〜 週末だ

木金はミシガンとジョージアの月次報告の他、
大小会議がたくさんあって大変だったー
詰まったり、訳せなくなったこともあった。
わけがわからない内容を訳すなんて、私には難しすぎる・・・
なんて言ってちゃいけないんだろうけど、現実だから仕方ない。
へこむけど、ここは面の皮を厚くしているしかない。

ミシガンに帰ってきてから(とは言っても1週間ジョージアに行ってたが)
まだ1度もジムにもプールにも行っていない。
散歩と自転車乗りを数回しただけ。
昨日の金曜日もアパートにまっすぐ帰ってどっと疲れてゴロゴロしただけ。
アパートの駐車場で空がきれいだったので写真を1枚パチリ
d0251987_19303083.jpg
まだ葉の残っている木もあるけど、全部落ちた木も。
アパートの建物に入ってまたパチリ
d0251987_19325900.jpg
入るとすぐ階段があって、階段を上るとこんな廊下になっている。
古い感じがいいでしょう?
d0251987_19335766.jpg
昨日はその後部屋に入って残り物食べてバタンキューだった。
今朝はまだ暗いうちから目覚めてしまい、
中東やアフリカの暗いニュースを読んでいた。
命を脅かされないで生活出来る自分はなんて幸運なのか。
AppleのCEOの最近のスピーチを読んだら、(スピーチはこちら
シンプルな内容なのだが、心が和んだ。
今日は明るくなったらお掃除しをしよう。

そういえば、木曜日帰宅して掃除機をかけようかけようと思いながら、
そのまま眠ってしまったら、夢の中で掃除機をかけていた。
朝起きたら、前日掃除機を本当にかけたのか、
夢の中でしかかけていないのかがわからず、
部屋を見て回って、夢でしかかけてなかったことがわかった、
という面白いことが起きた。


[PR]
# by boudham | 2016-11-12 19:42 | ミシガンで新生活 | Comments(3)

なんとなく憂鬱な日々

前回きれいな紅葉をアップしてから1週間以上経ってしまった。
木々の葉はさらに落ち、秋の風景も終わりになってきた。
落ち葉掃きで忙しそうにしている人をあちこちで見かける。
昔日本では、これで本当に焼き芋を焼いたのだろうか。
だとしたら、今のミシガンでは焼き芋が何百個でも焼けそう。

憂鬱な毎日などと書いてしまったが、
相変わらず仕事に精を出し、何しろ元気でいる。

ただなんとなく、秋は憂鬱なのだ、
と秋の物思いに浸っているわけ。

明日は月に一度の社内月次報告の日だから、午前中いっぱい、
いろんな部署の報告があって、それの通訳を私がしまくることになる。
月次報告というのは、各部署が義務のような感じで報告していて、
ほとんどは誰もちゃんと聞いていないだろうと思ってしゃべるのだ。
通訳にとっては最悪だ。
もともと自国語でも理解してもらおうと思っていない発言が、
私にどうやって外国語にしろというのか?

それを訳す勤めがある私は、最初の頃、
えええーーーっ、これをどうやって訳す???
と思い、最初の頃は月に一度胃が痛くなるような日だったのだが、
最近は、やるだけやって、あとはそちらで何なりと評価してください!
と思ってやることにした。
そうでもないと身がもたない。

憂鬱の原因は明日の月次報告だけではないが、
とにかく今は明日の月次報告に向けて早寝をしようと思う。

写真が何もないのも寂しいので、
先週仕込んだ大量のヨーグルトと、もやし類の写真⇩
d0251987_09090634.jpg
ムング豆とレンズ豆のスプラウトはその後順調に育ち、
サラダやごま油炒めで食べました。

今日仕事帰りにスーパーに寄って買ったスイートポテト。
こちらでスイートポテト(さつまいも)と言われているものは、
皮が白っぽかったり、ベージュだったり、
日本のみたいに紫っぽかったりいろいろなのだが、
今日はこんなベージュの皮のやつがあった。
買ってきて、家で茹でてみた。
d0251987_09111188.jpg
これは中がかなりオレンジ色だし、たぶんスイートポテトではなく、
こちらでは普通はヤムとよばれているものかなぁ。
d0251987_09165787.jpg
さつまいも一つにしても、アメリカでは、
このミシガンで理解されているものと、
カリフォルニアのような先進的な州とではかなり違うのだ。
この国は大きい。大きいのはいいのだが、混乱するときもあるようだ。
さつまいも(スイートポテト)の理解のされ方が、
州によって違うぐらいだから。








[PR]
# by boudham | 2016-11-10 09:25 | ミシガンで新生活 | Comments(5)

秋の色

ミシガンは秋がとってもきれい。
木々のほとんどが広葉樹なので、美しいに違いないと思っていた。
でも、去年はジョージア出張から帰って来たら、
木の葉は全部落ちて雪が降っていた。

今年は美しいミシガンの秋を見ることができてうれしい。
まず私は今、こんな道を毎日通勤している。
美しい木々の色のトンネルだ。
d0251987_07435154.jpg
朝通勤するときはまだ暗いのだが、帰りはこんな様子だ。
d0251987_07465566.jpg
帰路の運転中、美しすぎて、ボーっとなってしまう。
車を止めて散歩に出たら地面がこんなだ。
d0251987_07523326.jpg
なんて美しいのか。
d0251987_07540246.jpg

[PR]
# by boudham | 2016-11-03 07:56 | ミシガンで新生活 | Comments(16)

買い物とお料理

日曜日は家で休みまくっていたので、冷凍庫にあったものを食べたが、
昨日の月曜日は仕事帰りに買い物に行った。
外食続きのあとのお料理は嬉しい。
やはり野菜に目がいくのは、野菜不足だったからかな。
来週またジョージア行きの予定だったがキャンセルになったので、
思い切って野菜が買えた。
最近はどのお店でも見かけるようになった小さいきゅうり(左下)
右下のはターニップグリーン(蕪の葉っぱ)、
その間のはセラーノペッパーという辛いペッパーだ。
d0251987_18413403.jpg
きゅうりに味噌をつけてぽりぽり食べながら、ワインを飲みながら、
豆腐とターニップグリーンと人参の炒め物を作った。
ご飯は雑穀ご飯、それとコールスロー。
d0251987_18463407.jpg
d0251987_18475144.jpg
牛乳とグリークヨーグルトは、ヨーグルトを作るために買ったが、
昨日は作らないでしまった。
今日仕事が終わってから作ろうっと。

さて、今日から11月。
今年も残りわずかになってしまったなぁ。




[PR]
# by boudham | 2016-11-01 18:53 | ミシガンで新生活 | Comments(0)

3女の旅

今朝起きたら、ジプシー3女からメールに写真が届いていた。
彼女はこの夏、モンタナ州とカリフォルニア州で
アウトドア的なツアーのガイドの仕事をしていた。
モンタナ州はとても美しい場所があり、私も来ないかと誘ってもくれた。

その後同じ仕事の流れでスペインのマヨルカ島に行った。
そのスペインの写真を送ってくれたのが今朝届いたのだ。
マヨルカ等は仕事で行ったようだが、
その後スペインを高校時代からの友達と一緒に旅しているらしい。
その友達は、3女が中高校でバスケ部の仲間だった友達だが、
学校生活が終わったあとも、二人は共にアメリカ国内、南米などを旅してきた。
そんな友達関係は素晴らしいし、3女に彼女の存在があってくれて、
本当にありがたいと思っている。
下の写真は、あの二人のことだから、スーパーなどでおいしい食材を買って、
景色のいい場所に持って行って食べたのに違いない。
レストランで食べるよりこんなふうにするほうが、ずっと素敵で安上がりだから。
d0251987_23554919.jpg
その友達は高校時代からよくウチに遊びに来てい子だ。
その後、三女とその子は別々の土地で大学に行ったが、その間もお互いに訪ね合い、
一緒にアメリカ各地や南米を旅し、今はスペインを一緒に旅行中というわけだ。
d0251987_00034074.jpg
今朝はそんな写真が送られてきて嬉しくなった。
3女は12月初めにミシガンに私を訪ねて来る予定になっているので、
お土産話を今から楽しみにしている。


[PR]
# by boudham | 2016-10-31 00:17 | 家族 | Comments(0)

一週間の短期ジョージア出張

1週間の出張って、普通は特に短いわけではない。
うちの会社でも普通4、5日から1週間。
長いと2週間行く人がいるが、ほとんどみんな嫌がる。
私みたいにそれ以上の期間となると、みんな拒否する。
確かに普通はできないだろう。
生活をしている土地には家族がいたり、友達や恋人がいるだろうから。
私はその点融通が利くので、会社には重宝していると思われる。

でも、今回は1週間という人並みの期間の出張だった。
ジョージアで朝7時半のホテルの駐車場からの風景はこんな感じ。
ホテルの隣の池の周囲からはコオロギかなんかの虫の声が聞こえる。
d0251987_21500839.jpg
この1週間夕食はステーキとお寿司を毎日交互に食べた。
通訳しながら食べた日とそうじゃなかった日が半々ぐらい。
ローカルないい雰囲気のステーキレストラン↓
d0251987_21532026.jpg
こちらはオーガスタのお寿司屋さんのお寿司。
ここのお寿司はすごくおいしい。
d0251987_21545808.jpg
短期出張だと外食ばかりになるが、お寿司だったら続いても大丈夫だ。



[PR]
# by boudham | 2016-10-30 21:59 | 出張・ジョージア | Comments(2)

納得できるようなできないような・・・

明日から1週間ジョージアに行くので冷蔵庫の整理。
卵がなんと5個もあったので5個全部使って、
一束残っていたケールも使って特大オムレツを作った。
不恰好なオムレツだけど写真も載せちゃおうっと。
d0251987_12001144.jpg
このオムレツ、朝昼晩で平らげたが、1日に卵5個は、
どう考えてもコレステロールの取りすぎだよねー

先日真っ赤な牛肉に心が反応して、妙に野生的な気分になって、
血の滴るようなステーキを自分で作って食べたが(前々回ぐらいの記事)
あれはその後妙に納得できたのだ。
というのも、ここのところ不規則になっている月のものが、
あの数日後に来て、自分でもへぇーーだからああいうものが食べたかったのか、
と思ったのだった。
やっぱり食べたいものを食べるのは正解なのだ、と自分で納得した。
でも、今日みたいに冷蔵庫整理のために卵を一気に5個も食べるのは、
それとは違うよなーーー と今日は複雑な気分。
って、もう食べちゃったけど(爆)



[PR]
# by boudham | 2016-10-23 12:09 | ミシガンで新生活 | Comments(0)

自転車乗り

朝の出勤時はまだ真っ暗。
帰ってくると数時間まだ明るいが、疲れてるので何もしない、
という毎日が続いているのだが、
自分に鞭を打ち、仕事のあとに自転車乗りに出かけてみた。

実質5ヶ月も住んでいないこのミシガンの町のことは、実はあまり知らない。
散歩をしたことはあるが、自転車で出かけるのは初めて。
自転車で15分の所にこんな湖を発見。
d0251987_06395305.jpg
しかもすてきな桟橋があって、なんなら今度本でも持ってきて、
ここで読書としゃれ込むのも良いかもしれない。
実はミシガンのこのあたりは小さな湖が散在していて景色が美しいので有名らしい。
だから、避暑地として訪れる人も多いらしい。
d0251987_06423590.jpg
その湖から森に入るいい散歩道を今回見つけた。
d0251987_06444218.jpg
湖から続く小川沿いの道。
途中にこんなRVのキャンプ場がある。
d0251987_06453928.jpg
人が住んでいる気配はあまりなく、どちらかというとRVの駐車場的な感じだ。

ジョージアでは感じることができなかった満足感。
それにしても、ジョージアの道は歩道がなく、路肩がなく、
歩行者にも自転車にも通れる場所がない。
それに何の問題も感じない人も多い。
だって、車でしか出かけない人が多いから。
でも、私には、あれはちょっと耐え難い。
私は車ばかりではなく、道を歩いたり自転車を漕いだりしたい。






[PR]
# by boudham | 2016-10-21 06:54 | ミシガンで新生活 | Comments(2)

ガツンとステーキ

ミシガンのアパートで実際生活できた期間が
最初の予定よりけっこう短いので、お料理するつもりで買った穀類
(米、オーツ、キヌア、キビ、ブルガー、麦、ワイルドライスなど)や、
乾燥豆類の減りが遅くて、乾燥物とはいえ古くなってきてしまっている。
なるべくそれらを食べようと、帰ってきてから2週間
お弁当に夕食にと食べていた。

そんな食事が続いていたせいか、日曜日に買い物に行ったら、
赤いステーキがとてもおいしそうに見えて食べたくなった。
人間は体が必要としているものが食べたくなるものだと思うので、
食べたいと感じた以上買って食べることに。
ほうれん草の緑にも心が反応した。
そういえば、最近色の濃いものをあまり食べていなかったかも。
買ったのは、ほうれん草、赤いサーロインステーキ、
赤ジャガイモ、マッシュルーム。
d0251987_05421193.jpg
ステーキはミディアムレアに焼いて、ジャガイモは茹でただけ、
ほうれん草はオリーブオイルと塩コショウでソテー、
マッシュルームとオニオンも同じ。
d0251987_05451829.jpg
むしゃむしゃ食べました。お肉は適度な柔らかさでおいしかった。
d0251987_05472695.jpg
でも、この焼いた分の3分の1で十分だったけどね。
それでも150gぐらいはあると思う。

歌舞伎役者の坂東玉三郎は毎朝ヒレ肉のステーキを
約150グラム食べるという話を思い出した。




[PR]
# by boudham | 2016-10-18 05:53 | ミシガンで新生活 | Comments(2)

初めての旅 5

初めての旅4はこちらです。

コルカタで1週間ほど過ごした後、私と友人Mは、
我々の旅の最初の土地コルカタを後にして、
インドから陸路でネパールに向かった。
ネパールは私がどうしても行ってみたい場所だったので、
我々の次の行き先だったのだ。

長距離列車の切符を、Fさんのアドバイスどおり数日前に買い、
当日コルカタのハウラ駅でFさんに見送ってもらって
パトナ行きの夜行列車2等寝台席に乗った。
そこからはバスを乗り継いでネパールの首都カトマンズへ行く予定だ。
あの頃は想像もしなかったが、
Fさんはあのとき私たちの行くすえを心配していたに違いない。
Fさんとは3月22日ー24日にインドのブッダガヤという町の
マホボディーソサイエティーで再開する約束をした。
私たちは、マホボディーソサイエティーが何なのか、
ブッダガヤがどんな町なのかもよく知らないまま、
とりあえず約束をした。
そこから、3人で仏跡巡りをしようということになったのだった。
Fさんはインド滞在中にこの仏跡巡りをしたかったが、
まだ実現していなかったので、一緒にしようか? と提案したのだった。

私とMはその後ネパールを10日ほど旅して、Fさんとの約束どおり、
3月22日にブッダガヤのマホボディーソサイエティに到着し、
Fさんと再開した。
Fさんは私たちと会えて驚いてた。
たぶん来ないだろうと思っていたそうだ。
それを聞いたとき、私はFさんがどうしてそう思ったのかわからなかった。
私は約束したから当たり前と思ってそれを守っただけなのに。
でも、今私が自分より20も年下の人と旅先でこんな約束を交わしたら、
おそらく向こうは来ないだろう、と思うに違いない。

[PR]
# by boudham | 2016-10-17 05:42 | 初めての旅 | Comments(2)