太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ホステルを出る前に楽しいことが

今回ホステルに泊まってとってもいいと思った。
何しろ1泊16ドルだし!
普通ホテルに泊まったら最低でもその5倍する。
それにホステルならではのいいところがたくさんある。
私は旅の間、こんなホステルの中庭の椅子に腰掛けて、
ブログを更新していた。
d0251987_09275672.jpg
なかなか居心地よかったよ。
最終日チェックアウトしたあと荷物をストレージに預けた。
その後、中庭でいつもと違った活動が始まった。
d0251987_09303779.jpg
床の敷石を一枚外して、こんな木を植え始めたのだ。
d0251987_09314839.jpg
あれよこれよと思っている間に中庭にこんな木が設置された。
d0251987_09325489.jpg
いったいこれはなんだんだろうと思いながらも、
私は最後の町探検に出かけ、帰ってきてみたら、
地元民がびしょ濡れになって木の周りで踊っていた。
d0251987_09364748.jpg

しかも踊っているのは、旅行客の方ではなく、
ホステルの職員たちだ。
私は自分のバッグをストーレジから出してもらわないと、
そろそろフライトがあるのでーーと焦ってきたのだが、
ホステルの職員たちはこの地元のお祝いで盛り上がっていた。
とっても雰囲気が良くって、
荷物を出してもらうために踊りを中断させるのがためらわれたが、
仕方ないのでお願いして私のスーツケースを出してもらった。
今夜出るのでなかったら、
ずっと一緒に楽しませてもらいたいようなイベントだった。
d0251987_09430427.jpg






[PR]
by boudham | 2017-02-28 09:43 | Comments(6)

ただいま〜

ミシガンのアパートに無事帰ってきました。
出かけるときわたわたと出かけて行ったので
散らかっていました。
でももう今日はこのまま寝て
明日仕事に行きます
d0251987_07241526.jpeg
休暇の終わりは悲しいが、
私としては、今回は帰る場所と仕事が
あるだけでも、幸せだ。
約2年前、それがなかったときは、
結構ストレスだったから。
明日からフル回転で仕事が始まる。
よし、またがんばろう
d0251987_07310437.jpeg

[PR]
by boudham | 2017-02-27 07:20 | Comments(2)

最終日

クスコ滞在も今夜が最後になってしまった。
今日はクスコ内を1日ぶらぶらした。
自分に何かお土産を買おうかとも考え、
マフラーなら使うかなぁ、
でも最近ものを増やすのが嫌で……

クスコの市の旗はこれだそうだが、
これはゲイの権利を主張する
レインボーフラッグと同じ?
d0251987_21365875.jpeg

これはクスコで1番古い教会だそう

d0251987_21375645.jpeg

d0251987_21403911.jpeg

サボテンの実を買って食べてみた
1個15円ぐらい。
癖のない味でみずみずしかった
d0251987_21415223.jpeg

ランチはいつもの市場でスープ
d0251987_21462859.jpeg

d0251987_21472015.jpeg

市場では帰りの旅路のおやつにと
ナッツ屋さんでナッツとドライフルーツを購入
d0251987_21541409.jpeg

夕食は地元の人で賑わっている食堂に入ってみた
d0251987_21502395.jpeg
ごはんが食べたかったので
ごはんと牛肉のディッシュを注文
d0251987_21570403.jpeg
私がすわったテーブルが鏡に接していたので
鏡に映った自分を撮ってみた
d0251987_22005691.jpeg

[PR]
by boudham | 2017-02-25 18:11

失われた文明

昨日は午後から半日
クスコ周辺の遺跡を5か所まわる
ツアーに参加した。
ツアー参加者は全員が南米出身者のようで
スペイン語がわからないのは私だけ。
英語が話せるブラジル人女性が
ありがたいことに1人いたので、
私は彼女に集合時間や場所を
聞きながら無事ツアーを終らせることができた。

インカの遺跡はどれも石を精密に
切って詰み重ねた壁だった。
d0251987_22310814.jpeg
1100〜1500年に造られたと聞くと
そんなに古い感じがしない。
古いけど、これよりもっと古い
建造物が世界にはたくさんある。
でもインカ文明はわかっていないことがたくさんある。
石をどのようにして綺麗に正確に切ったか、
マチュピチュがなぜ造られたのか、
わかっていないのだ。
d0251987_22353233.jpeg
理由はインカが文字を持たなかったこと、
スペイン人によって滅ぼされたことだろう。

この遺跡は標高3800m
d0251987_22385481.jpeg
またもや富士山より高いところに
来てしまった。何回目だろう


[PR]
by boudham | 2017-02-24 22:13 | Comments(6)

クスコ町中ウォーキングツアー

無料ウォーキングツアーを見つけたので
参加してみた。
他に参加したのは
アメリカ人カップル、アメリカ人男性、
ヴェネズエラ人男性だった。
無料とは言え
チップは期待されていて
ガイドの質も高いので
みんなドルにして5〜10ドル払っていた
もう自分で散歩していた場所もあったが
説明してもらうと面白さが
また違ってくる

クスコの町がこんなに綺麗なのは
歴史的建造物があるのも一因だが
坂が多く、周りが山で、
高層ビルがなく建物が煉瓦で
道が石畳で狭い道が迷路のように
続いているからだと思う。

d0251987_07505645.jpeg

クスコは私が昔住んだことのあるカトマンズに似ている感じがすr

d0251987_07515817.jpeg

下の写真の土塀の上のサボテンは
侵入者を防ぐためで
実際このサボテンの5センチぐらいもある針が刺さってしまって抜こうとすると
矢尻のように肉に食い込んで大変なのだそうだ。痛みは抜いてからも何日も続くとか。
d0251987_07542716.jpeg

d0251987_08012235.jpeg

d0251987_08022113.jpeg

2時間のウォーキングツアーの最後は
あるレストランでガイドが
ピスコサワーというペルーのブドウから作った蒸留酒の入ったカクテルを自ら作って振る舞ってくれた。
d0251987_08081777.jpeg

ガイドがいなくなってから参加者とランチを食べた。私はガイドがペルーで一度は食べていってと言っていたモルモットのグリルに挑戦。
他のみんなはピザとか頼んでるから、モルモット食べてみないの? と聞いたら、みんなひとくちだけ味見していい? というので、うんもちろんと返事した
ジャーン、モルモットのグリル
d0251987_08161182.jpeg

ガイドさんいわく、お祝いなどにお母さんが作ってくれるごちそうなのだ。
なのでありがたくきれいに平らげてきたが、
たぶんまた自分から注文して食べることはないだろう。匂いがややキツく感じられた。
なので口直しに、帰りにいつもの市場によって
果物をその 場で絞ってくれる
ジュース屋さんのフレッシュジュースを飲んできた
d0251987_08244261.jpeg

d0251987_08252419.jpeg


[PR]
by boudham | 2017-02-23 07:38 | Comments(6)

マチュピチュの植物など

クスコ、マチュピチュあたりは
10月から3月にかけてが雨季だそうだ。
とは言っても1日中ザーザー降り
ということはないので問題ない。
雨期のせいかマチュピチュのあたりは
わりとうっそうとしていた。
d0251987_05283951.jpeg
このピンクっぽいのは着生植物のようだが
本来の木の枝が見えないほど
これがついている木もあった。

マチュピチュの段々を作っている石には
いろんな植物やこけが生えていた。
d0251987_05332334.jpeg

d0251987_05343388.jpeg

d0251987_05355599.jpeg

d0251987_05370506.jpeg

立ち込める雲で視界が狭くなり
周囲の山や遺跡が見えなくなることも
あったがその分目の前のものは
ヴィヴィッドにみえた。
それに雲の切れ間から現れる遺跡は
幻想的で想像力が膨らんだ

こんな鳥もいたよ
d0251987_05464210.jpeg

[PR]
by boudham | 2017-02-23 05:22 | Comments(2)

マチュピチュ

昨日は4時前に早起きして
バスと列車を乗り継いで
マチュピチュに行ってきた。
クスコが標高3400m、マチュピチュが2400m
赤道に近いこの地で1000m下がると
生えている植物が変わるので
景色がどんどん変わる。
電車は険しい山々に挟まれた
川沿いを進んで行った。
こんな90度のような崖に
よく鉄道を敷いたものだ。
地球上にはそんなものだらけで
人間のすることは全くすごい。
そしてもちろんマチュピチュも。

d0251987_22384574.jpeg
こんな急なところに段々が
d0251987_22401012.jpeg

マチュピチュが何のために造られたのか
はっきりわかっていないらしいが、
中にある多くの建造物は
太陽の位置を知るためのものらしい
d0251987_22451091.jpeg
上はマチュピチュの一番高いところ
Sun gate から撮った写真。
雨で傘をさしてゆっくり登った。
実際のゲートの写真を撮らないでしまったが
冬至と夏至に太陽が位置する窓がある。
結構長く感じたsun gateまでの道
d0251987_22510689.jpeg
ラマもいた
d0251987_22531702.jpeg

これだけのもの
造るのも大変だったろうが
維持も大変なのだろう。
あちこちにこうして修理や
メンテをしている人がいた。
d0251987_23001284.jpeg
高い入場料や交通費も仕方ないな
と思った


[PR]
by boudham | 2017-02-22 22:23 | Comments(5)

道で見つけたお店やさん

小さいお店の並ぶところは好きだ。
ミシガンの私のアパートの辺りも
そうなのだが、残念ながらお店は繁盛
しているように見えないし
私が来てからも何軒か閉まってしまった。

今日何度も通った布地屋さん
d0251987_10030001.jpeg
ペルーの人はカラフルな色が本当に好きなんだねー
d0251987_10074415.jpeg
こんなふうにカラフルな色の布に
荷物や赤ちゃんを巻いて背中に
背負っている女性をよく見る。

一輪車に売り物を載せているお店もよく見る。
これはサボテンの果実屋さん
d0251987_10151511.jpeg

これは一輪車のパイナップル屋さん
d0251987_10183056.jpeg

一輪車のスイカ屋さん
d0251987_10213368.jpeg

こちらは一輪車ではないが、路上の
サングラス屋さんとジュース屋さん
d0251987_10240963.jpeg





[PR]
by boudham | 2017-02-21 09:48 | Comments(4)

ホステル

今回はよくホステルに泊まって
旅をする3女にならって
私もホステルに泊まることにした。
昔バックパッカーだった時は
私もスチューデントホステルや
ユースホステル、お寺やアシュラムなどに
泊まったものだが、
それはもうだいぶ前のことだ。
今回は3女にいろいろアドバイスをもらった。

多少心配もあったが、
全然いいところでよかった。
入り口はこんなで
d0251987_05414439.jpeg
入ってすぐの中庭はこんな
d0251987_05473368.jpeg

部屋はこんな
d0251987_05494698.jpeg
女子8人部屋
私は3女のアドバイスどおり下の段を取って
こんな風にカーテンを付けた。
ダイニングもいい感じ
d0251987_05531643.jpeg

朝食付きWi-Fi付きで1泊16ドル!
恋人とロマンチックな旅なら
こうはいかないだろうが(いないけどねー爆)
ひとり旅ならこの方がいいくらいかも。
ホテルの部屋は仕事で嫌になるほど過ごしいるし。
今中庭の揺り椅子でこれを書いているが
中庭はかなりにぎわっている
d0251987_05593745.jpeg

きっと私がずば抜けて年長者なのだろうけど
まあ良いじゃないの(爆)


[PR]
by boudham | 2017-02-21 05:32 | Comments(6)

Mercado in クスコ

昨日に引き続き今日も市場へ
今日は主に写真を撮りにと
ランチを食べに

果物屋さん
d0251987_05065138.jpeg

チーズ屋さん
d0251987_05080159.jpeg
d0251987_05091789.jpeg

バッグ屋さん
d0251987_05113475.jpeg

花屋さん
d0251987_05125666.jpeg

体にいいもの屋さん
瓶に入ったワイルーロの実、
見えるかな
d0251987_05143165.jpeg

こちらの体にいいもの屋さんには
こんなものがぶら下がっている
d0251987_05185250.jpeg

私の食事はどんどん安価になってきた
昨夜のスープはドルにすると2ドルだったが、
今日のランチはスープとセクンドで
1ドル半だった
スープ
d0251987_05224203.jpeg
セクンドは魚のフライとごはんとサラダと豆の煮物、ピコデガヨ付き
d0251987_05250272.jpeg
人間観察しながらゆっくり食べた
私が何か言うたび周りの人が
スペイン語を教えてくれる(笑)

[PR]
by boudham | 2017-02-21 05:03 | Comments(6)