太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:家族( 39 )

娘からの絵葉書

数日前ブータンから絵葉書が届いた。
d0251987_17462360.jpg
ヒマラヤを背景に、たぶんお祈りの旗が立っている風景だ。
長女がひと月以上前にブータンにいたときに、
そこから送ってくれた絵葉書がやっと届いた。
本人はもちろんとっくにカリフォルニアに戻って仕事で忙しくしている。

ブータンは生活水準が低いこともなく、教育水準は高く、
長女が言うには「鎖国をしていたころの日本もこうだったのかな」
ブータンは国民の幸せを、他とは違った方向で求めている、
ちょっと変わった国なのだ。(参考ページ

私の冷蔵庫には他にも3女が旅行先から送ってきた絵葉書が貼ってある。
d0251987_18012323.jpg
左からスペイン、コロラド、ロンドンだ。
絵葉書は届くのに長くかかり、たいて着く頃には旅行者はそこにいない。
けれども、絵葉書を旅行先で買って、書いて、
住所を書いて、切手を貼って、送る。
それがいずれ届くというのは、
ネット社会でスピーディーになった今だからこそいいもんだなぁーと感じる。
だから、ぜひ娘たちは旅先から私に絵葉書を送り続けて欲しいし、
自分もたまには人に送ってみようか。



[PR]
by boudham | 2017-01-31 18:06 | 家族 | Comments(6)

3女とヨガ

3女が滞在中、毎日ヨガ教室を開催してくれた。
本物のヨガ教室のインストラクターみたいに、
音楽をかけて指示を出しながら、
自分もヨガをしながらセッションをしてくれた。
それが結構上手なヨガの先生みたいにうまく、
できれば専属で毎日指導してほしいぐらいだ。
彼女はどんな場所でもヨガのポーズを取ったり、
ヨガがすっかり生活の一部になっている。
散歩中もこんなふうに。
d0251987_18250817.jpg
家でも時間があるとマットを広げてヨガをしていた。
d0251987_18285282.jpg
d0251987_18333532.jpg
来年の年明け早々、ヨガのインストラクター養成のクラスを取るそうだ。
好きなことを仕事にもできたら、そんなにすばらしいことはないだろう。
運動不足を日々嘆いている私だが、見習わなくてはーー と思う。
やろうと思えばいつでもできるはずなのに、
忙しいだの何だの言って、近頃エクササイズをなまけている自分。
彼女のインスタグラムのページは彼女の旅人ぶりとヨガ生活が満載。
よろしかったら皆さんも覗いてみてください。
フォローも歓迎だそうです。

毎日毎日続けていると、どんなことも上達するんだねー
ということで、来年は私も頑張らなくちゃ! と思った。
d0251987_18341226.jpg



[PR]
by boudham | 2016-12-26 19:44 | 家族 | Comments(3)

お土産でお料理

3女は最近スペインとスェーデンから帰って来たばかりで、
お土産にスペインからのパエリヤのスパイスミックスと、
スェーデンからリンゴンベリーのジャムを持ってきてくれた。
リンゴンベリーのジャムは朝ごはんにクロワッサンにつけて食べたり、
アペタイザーにブリーと食べながらワインを飲んだりした。
d0251987_08002258.jpg
パエリヤのスパイスミックスはバルセロナで買ってきたそうで、
パッケージにはスペイン語ではないバルセロナの言葉で書いてあった。
シーフードミックス、ムール貝、エビ、鮭などで
一緒にシーフードパエリヤを作った。
d0251987_08033060.jpg
パエリヤにもいろいろつくり方があるようだが、
3女が見つけたこのレシピはとても美味しかったのでおすすめだ。
オーブンを使うレシピだ。
オーブンに入れる前
d0251987_08074517.jpg
オーブンから出したところ
d0251987_08082654.jpg
d0251987_08091740.jpg
お料理好き同士で一緒にお料理して食べるのは本当に楽しい。
一人だし、仕事が忙しいしで、大好きなお料理があまりできずにいた。
久しぶりにとっても楽しかった。



[PR]
by boudham | 2016-12-20 08:12 | 家族 | Comments(6)

3女の旅

今朝起きたら、ジプシー3女からメールに写真が届いていた。
彼女はこの夏、モンタナ州とカリフォルニア州で
アウトドア的なツアーのガイドの仕事をしていた。
モンタナ州はとても美しい場所があり、私も来ないかと誘ってもくれた。

その後同じ仕事の流れでスペインのマヨルカ島に行った。
そのスペインの写真を送ってくれたのが今朝届いたのだ。
マヨルカ等は仕事で行ったようだが、
その後スペインを高校時代からの友達と一緒に旅しているらしい。
その友達は、3女が中高校でバスケ部の仲間だった友達だが、
学校生活が終わったあとも、二人は共にアメリカ国内、南米などを旅してきた。
そんな友達関係は素晴らしいし、3女に彼女の存在があってくれて、
本当にありがたいと思っている。
下の写真は、あの二人のことだから、スーパーなどでおいしい食材を買って、
景色のいい場所に持って行って食べたのに違いない。
レストランで食べるよりこんなふうにするほうが、ずっと素敵で安上がりだから。
d0251987_23554919.jpg
その友達は高校時代からよくウチに遊びに来てい子だ。
その後、三女とその子は別々の土地で大学に行ったが、その間もお互いに訪ね合い、
一緒にアメリカ各地や南米を旅し、今はスペインを一緒に旅行中というわけだ。
d0251987_00034074.jpg
今朝はそんな写真が送られてきて嬉しくなった。
3女は12月初めにミシガンに私を訪ねて来る予定になっているので、
お土産話を今から楽しみにしている。


[PR]
by boudham | 2016-10-31 00:17 | 家族 | Comments(0)

長女の結婚式 パキスタン式編

西洋式結婚式の前夜はパキスタン式の式があった。
会場は婿ちゃんの実家。
新郎新婦の座る席はこんなきれいな垂れ幕がしてあり、
本物のバラを糸で通した長ーいものが下がっていた。
d0251987_21581286.jpg
きらびやかですごくきれいでしょう。
婿ちゃんは頭のターバンがとっても似合っている。
長女は顔つきがインド・パキスタン風なので、彼女のほうもこういうドレスで
まったく違和感なしだった。
d0251987_22015885.jpg
このときはプロのパキスタンの料理人が雇われ、
ガレージでどんどんお料理を作っては室内に運び入れていた。
なので、できたての手作りパキスタン料理がたくさん。
それからヘナレディーがいて、みんなの手に美しい模様をヘナで書いてくれる。
d0251987_22042947.jpg
ヘナをしてもらったみんなの手。
d0251987_22083475.jpg
写真はないが、花嫁はもっと凝ったデザインを両手の甲と手のひら、
手首、足と足首にもしてもらう。

私は結婚式の翌日そそくさとジョージアに帰ってきたが、
その後は家族でワシントンDC見物をしたりする時間が多少あったようだ。
そんな写真が送られてきた。
せっかくみんなが集まったのに、私もあと1日いればよかったかなー
モニュメント前でヘッドスタンドをする2女と3女↓
d0251987_22111983.jpg



[PR]
by boudham | 2016-09-11 22:13 | 家族 | Comments(6)

長女の結婚式 西洋式編

結婚式場はゴルフクラブだった。
外で写真撮影と式の練習のあと、花嫁控え室に戻った。
花嫁の登場はゲストやブライドメイドなどみんなが登場して
席に着いたあとなので、花嫁と一緒に登場した私は見ることができなかった。
孫ちゃんがフラワーガールという役を務め、
小さなバスケットに入ったバラの花びらを巻きながら、
花嫁の前を歩くはずだったのだが、孫ちゃんは最初の二掴みぐらいで
花びらを全部巻き終えてしまったらしい。
確かに花びらは控え室の出口のところにドバッと落ちていた(笑)
式台に向かって登場しているところ。
花嫁の両横は両親、つまり私と15年ぶりに会った元夫。
d0251987_21343248.jpg
式台のブライドメイドたちと新郎新婦と式を行う人。
d0251987_21355566.jpg
ブライドメイドたちは姉妹以外は全員が長女の大学時代の友達で、
アメリカのあちこちから、一番遠い人はなんとアフリカのケニアから
娘の式のために来てくれた。
ありがたいことだ。

最前列の席に座っているのは私と、空のバスケットを持つ孫ちゃん。
式が終わってから前菜と飲み物が振舞われ、
素晴らしい夕焼け空の中、和やかな雰囲気でみんなおしゃべり。
みんなが見とれる美しい夕焼けだった。
その後、会場内でスピーチやらダンスやら食事やら。
西洋式とはいえ、お食事だけはすごくおいしいパキスタン料理。
d0251987_21452726.jpeg
その後、ダンスやらスピーチやらでパーティーは深夜近くまで続いた。
d0251987_21460819.jpeg





[PR]
by boudham | 2016-09-11 21:49 | 家族 | Comments(5)

娘の結婚式まであと一週間

娘の結婚式はちょうど一週間後に迫り、
いろいろ頭の中でシミュレーションをしてみた。
航空券やレンタカーの予約はだいぶ前にした。
着ていくドレスと靴は2週間前に買った(→☆
でも、シミュレーションしてみた結果、
さらなる準備が必要だとわかった。
ドレスと靴はあっても、実際試着してみると、
首元が寂しいからアクセサリーが必要な気がする。
パーティーに素足はどうかと思うのでストッキングも必要だ。
ドレスに似合うバッグも必要。
というわけで、またまたオーガスタモールへ。
今日買ったもの。
d0251987_08265616.jpg
バッグはドレスや靴の色からして白がいいなーと思っていた。
安物で済ませようと思っていたのだが、
安物で似合うものが見つからなかったので、予定よりいいものを買った。
Michael Korsというお店のものだが、
私は知らないのだけど、もしかしてブランド品?
パールのアクセサリーはもちろん偽物のパール(笑)
こういう買い慣れないものを買うのはなかなかエネルギーを使う。
が、好きなものと好きじゃないものははっきりしているので、
迷うことあまりなかった。
嫌いなものや似合わないものは買えないからねー

帰りにホールフーズに寄って好きな食料品を買った。
こちら(食料品の買い物)はまったくエネルギーを使わないどころか、
むしろ私にとってはストレス解消になる(爆)
d0251987_08370759.jpg
今日買ったのは3種類の輸入チーズとスモークサーモンとベビーケール。
今夜はこれらをつまみにプールサイドでワインを飲もうっと。







[PR]
by boudham | 2016-08-28 08:39 | 家族 | Comments(10)

ドレスショッピング

長女の結婚式に着るドレスを買わなくてはーーと思いながら
ひと月以上が過ぎていた。
今日こそは! と、しっかり朝食をとり、午前10時にオーガスタモールに到着。
そしたら、モールが開くのは12時だってーー(ガクッ)
確かにここジョージアでは、
日曜日は午後にならないと開かないお店が多いのだった。
日曜の午前中は教会に行く人が多いからねー

Barns & Noble という本屋は開いていたので、そこで2時間つぶすことに。
ベンチに座ってアメリカ南部の美味しいものの本や、
南部の歴史名所などの本を読んでたら、2時間はあっという間に過ぎた。
このページには茹でピーナツのことが書いてある↓
d0251987_08151208.jpg
今度から予定のないときは、ホテルにいるより本屋に来て、
気ままに好きな本をパラパラ読むのもいいかもしれない、と思った。

ドレスは合計30着ぐらい試着したかな。
その中で似合うのは2着しかなく、それを両方買った。
あとの28着は迷うまでもなく似合わなかったので、
ある意味、迷わずに買うことができた。

ドレスを買ったあと、少し離れていたが前に食べた美味しいフォーの
お店に遅いランチを食べに。
d0251987_08205712.jpg
その後、もう帰りたくなったが、さらに頑張って靴も買いに行った。
ここでもまた12足ぐらいは履いてみて、やっと1足買った。
ホテルに帰ってきたらぐったりー
でも、やっと買い物が終わったので、達成感を感じている。
これで結婚式に参加できる。
今日買ったものたち↓
d0251987_08233470.jpg





[PR]
by boudham | 2016-08-15 08:25 | 家族 | Comments(7)

ファーマーズマーケット

翌日はみんなで朝食を食べてからファーマーズマーケットへ。
d0251987_22372189.jpg
d0251987_22373790.jpg
着いたら、巨大シャボン玉を作る人やフェイスペイントをしてくれる人がいて、
孫ちゃんがまず大喜び。
子どもは喜べることがたくさんあっていいなぁ。
d0251987_22422171.jpg
孫ちゃんのフェイスペイントを見守る母親&おば様たち(笑)
娘たちが親やおばさんになってるって変な感じだ・・・が、
ちゃんとりっぱにそれらしい態度になっている(爆)
d0251987_22435985.jpg
ファーマーズマーケットは安い値段で新鮮そうな物がたくさん。
いろいろ買ってお料理がしたい気分になってしまう。
d0251987_22574211.jpg
d0251987_22454636.jpg
でも、サンディエゴは1日だけで、夜にはロングビーチに戻るので、
その場で食べる物だけ買った。
ウニをわって売っているお店↓
d0251987_23012186.jpg
ココナツをたこ焼きみたいに焼いたお菓子。
タイで食べたことがある、私たちみんなが大好きなお菓子だ。
どうやって作るのだろう。
d0251987_23024421.jpg
d0251987_23040132.jpg
ウニも買って食べた。普通お寿司に乗っているのとは違う種類みたいで、
身がねっちりじゃなくて、つぶつぶだった。
腹ごしらえのあとは、岩のビーチに行った。
娘たちは、私が岩のビーチで海の生き物を見るのが好きなことを知っていて、
行き先を考えてくれていたようだった。




[PR]
by boudham | 2016-05-10 23:07 | 家族 | Comments(0)

美しいご馳走

長女は美しい夕食を用意してくれていた。
マジ、美しい! 美しすぎる!
ジャーン
d0251987_23414904.jpg
クローズアップ
ブラッドオレンジ、モツァレラ、エアルームトマト、ルッコラのサラダ、
サラダ用にかけるためのカラメルコーティングしたあるクルミ。
d0251987_23422099.jpg
フルーツや野菜はファーマーズマーケットで買った有機栽培ものもばかり。
バジルはアパートの窓辺で育てた自家製だ。

自家製バジルペーストとパプリカのクロスティーニ↓
d0251987_23454100.jpg

アスパラとエアルームトマトとレモンのオーブン焼き、
丸ごとアーティチョーク、アボガドのスライス、
3色ジャガイモのオーブン焼き、オリーブ、自家製レモネードなどなど。
d0251987_23470027.jpg
あとクローズアップを撮り忘れたが、
一番上の写真の隅に写っているパスタ。
トマト、玉ねぎ、ガーリックのみのシンプルなスパゲッティだが、
すごくおいしかったーーー 
そうそう、長女は最近イタリア旅行から帰ってきたばかりで、
イタリアでおいしいものをたくさん食べてきたそうだ。
そこからインスピレーションが来ているにちがいない。
どれもこれも、あっさり、素材の味で、私好み。
やっぱり家族だからか、似たような食べ物が好きなのかなーと思った。
まあ、私が一番なんでも食べるのだけど。
長女は肉魚は食べないし、他の二人も私よりずっとベジタリアンっぽい食生活だ。

よい素材を手に入れて、素材からこだわって
一品一品心を込めて作ってくれたのがよーく伝わってきて、
みんなでありがたくいただいた。



[PR]
by boudham | 2016-05-08 23:59 | 家族 | Comments(6)