太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:出張・ジョージア( 86 )

クランベリージュース

日曜日にミシガンからジョージアに移動してきた。
一週間の出張なので、私にとっては「短期出張」だ。
寒いミシガンからーー
d0251987_11544500.jpg
暖かくて晴れているジョージアに来たのだから悪くない。
これは朝出勤前にホテルの駐車場で撮った風景↓
d0251987_11555530.jpg
日中は青空、ちなみに今日の日中の気温は22度まで上がった。
ミシガンとTV会議をすると、あちらは雪だそうだ。
悪くない気分だ。。。が、
三日後には雪のミシガンに帰るのだけどね(車がちょっと心配)

ところで、膀胱炎のなり始めのような症状が出始めてしまい、
クランベリージュースをたくさん飲んでいる。
アメリカでは膀胱炎にはクランベリージュースが効くと言われている。
d0251987_06501017.jpg
こんな大瓶を買ってきてグイグイ飲んでトイレに行ってーー
を繰り返していたら、症状が緩和してきた。
クランベリージュースは初期症状には効くようだ。


[PR]
by boudham | 2017-02-02 06:54 | 出張・ジョージア | Comments(2)

コンテンポラリーな感じのお部屋

アトランタのホテルで一泊した。
お部屋が普通のホテルに比べてとてもコンテンポラリーな感じ。
コンテンポラリーっていう言葉、イマイチわからないのだが。。。。
芸術的なものに使われているし、かっこいい感じがするのだが、
contemporaryって「現代風」とかいう意味だから、
そのときの風潮や好みに合っているということなのかな。
とにかく、この部屋はとっても気に入った。
そのホテルの部屋
d0251987_07335971.jpg
反対側から見たところ
d0251987_07351696.jpg
ホテルだから当然限られた面積に客室を多数作るのだが、
このホテルの部屋は長方形の空間に曲線を取り入れたり、
いろいろと工夫されていて面白い。
クロゼットも、シャワーも、通路も曲線がある。
よく見ると、とても上手に巧みに設計されているようだ。
色使いもすごいな、と思う。
d0251987_07393004.jpg
このコンテンポラリーな感じって、いずれ飽きがきたりするのだろうか。
私は自分が一番好きなのは自然な感じのする環境に身を置くことだと思っていた。
でも、こんな部屋にいると、それも面白いと思い、
なぜか気持ちがワクワクするのであった。

私は何が一番好きなんだろう。
何をするために、今、仕事を頑張っているんだろう。

今朝はこのホテルを6時半に出て空港で
コーヒーとクロワッサンを買って朝食。
スターバックスはコーヒーもパンも普通においしいから助かる。
こんなかわいいクリスマスのカップだった。
d0251987_07414597.jpg
捨てるのがかわいそうなぐらいかわいいカップ。
スパイス入りのコーヒーとか、エッグノックとか、
クリスマス期間限定のコーヒーがいろいろあった。
私が買ったのは結局普通のコーヒーだったけどね。




[PR]
by boudham | 2016-12-10 07:54 | 出張・ジョージア | Comments(6)

ジョージアはヤドリギが見える季節に

先週の今日、陸路でひたすらジョージアからミシガンに移動したが、
今日は空路でまたミシガンからジョージアへ。
飛行機でも合計8、9時間かかるが、14時間の車の旅よりは楽だ。
先週に比べるとジョージアはだいぶ冬景色になっていて
葉を落とした木々にヤドリギがあるのが見える。
d0251987_11375498.jpg
今回のレンタカーは今まででたぶん一番高級そうな車だ。
たまたま普通の車が全部借りられていたようでこれになった。
トヨタのアバロンという車で、内装のクリーム色のところは皮だ。
d0251987_11394504.jpg
オーガスタで夕食、タコの酢の物↓
d0251987_11430395.jpg
お刺身が入っている生春巻き↓
d0251987_11434469.jpg
どうやったらこんなに綺麗に巻けるのだろう。
これ以外にお寿司も食べた。
明日から月火水木とジョージアで仕事をして、金曜日にミシガンに戻る。



[PR]
by boudham | 2016-12-05 11:49 | 出張・ジョージア | Comments(4)

車でジョージア往復

今回の4泊5日のジョージア出張は1日目と5日目は往復の移動だった。
片道1300km、14時間。
運転手は交代しながらで、助手席のナビはずっと私。
車にナビゲーションが付いているんだけどね。

出発前に握ったおにぎり。
d0251987_18515730.jpg
ミシガンからジョージアまで南下するのは、
緯度にすると北海道から九州までと同じだ。
途中、インディアナ州、オハイオ州、ケンタッキー州、テネシー州を通る。
木々の葉が落ち、すっかり冬景色になったミシガンから
南下しながら少しずつまた秋の景色になっていく様子は、
時間が逆に流れるような感じだ。
まだ秋だったジョージア
d0251987_18570169.jpg
会社の裏庭にある日本の楓が紅葉していた。
d0251987_18575539.jpg
ケンタッキー南部あたりからガソリンスタンドに現れ始める
ゆでピーナッツ↓
d0251987_19002552.jpg
仕事はいつものような会議や報告会の通訳はなく、
コミュニケーションのお助けやメールのやり取りの翻訳、
それがない時はメンテ現場でお掃除や雑用をしていた。
いつものような集中や緊張感がないので楽だった。
私がお掃除や力仕事をしていると「すみませんねー」的なことを言われるのだが、
いつもの仕事より楽だから全然OKです、
とは言わなかったものの、マジでこっちのほうが楽しいと感じた。
頭に楽だし、体は動かせるし。

ジョージアスタッフの奥様からこんな嬉しい差し入れが!
d0251987_19105240.jpg
こういうときのカレーっておいしい!

さてまた1週間が始まる・・・








[PR]
by boudham | 2016-11-28 19:13 | 出張・ジョージア | Comments(4)

一週間の短期ジョージア出張

1週間の出張って、普通は特に短いわけではない。
うちの会社でも普通4、5日から1週間。
長いと2週間行く人がいるが、ほとんどみんな嫌がる。
私みたいにそれ以上の期間となると、みんな拒否する。
確かに普通はできないだろう。
生活をしている土地には家族がいたり、友達や恋人がいるだろうから。
私はその点融通が利くので、会社には重宝していると思われる。

でも、今回は1週間という人並みの期間の出張だった。
ジョージアで朝7時半のホテルの駐車場からの風景はこんな感じ。
ホテルの隣の池の周囲からはコオロギかなんかの虫の声が聞こえる。
d0251987_21500839.jpg
この1週間夕食はステーキとお寿司を毎日交互に食べた。
通訳しながら食べた日とそうじゃなかった日が半々ぐらい。
ローカルないい雰囲気のステーキレストラン↓
d0251987_21532026.jpg
こちらはオーガスタのお寿司屋さんのお寿司。
ここのお寿司はすごくおいしい。
d0251987_21545808.jpg
短期出張だと外食ばかりになるが、お寿司だったら続いても大丈夫だ。



[PR]
by boudham | 2016-10-30 21:59 | 出張・ジョージア | Comments(2)

待っていた物がやっと届いた

今回のジョージア出張もあと4日。
緊張していた長女の結婚式も無事おわって3週間が過ぎた。
なんだかもう大分前のことのような気がする。
出張生活はもうすっかり慣れているから特に困ることはないが、
匂いがこもるのが嫌でお料理もしなくなったし、
なんというか、仕事以外では一人淡々と毎日が過ぎていく感じだ。
ホテルでの生活は毎日がきちんとパターン化され、
朝起きて、バスルームにいって、準備して、階下に降りて、
朝ごはんを入れ物に詰めて(早すぎて食べられないから詰めて会社に持っていく)
コーヒー持って、自分の車に乗ってーーっと目をつぶっていても、
できそうなほど、同じことの繰り返しだ。

そんな毎日は、仕事が好きだとはいえ、ちょっと味気ない。
そんなとき、待っていた郵便物がやっと届いた。
中身はコレ
d0251987_07033576.jpg
砂漠人のkumikoさんが先月東京で展覧会をされたのだが(こちらです)
私は前もってこの作品をキープさせてもらったのだ。
kumikoさんの旦那さんのハリルのお母さんが
一針一針刺したトルクメンの刺繍のバッグだ。
展覧会は見たかったが、もちろん東京なので私は見れなかった。

2年前私は砂漠のkumikoさん宅を訪ねたので、
お母さんがどんな感じで毎日刺繍を刺しているのかがよくわかる(その頃の記事
目を閉じると、そのときの砂漠の体験が蘇ってくる。
生き生きした人々の顔、牛や羊や猫や犬や鶏たち。
便利な先進国と比べるといろいろ不便なこともあるのだが、
のんびりと時間が過ぎていく感覚。
あれは先進国では感じられない。
こんな一針一針の作業が当たり前にできる世界。
d0251987_07100670.jpg
5分や10分、いや半日や1日物事が遅れても(1週間でも)動じない世界。
お料理も、じっくりと素材をきれいに洗うことから始まり、
時間をかけて油で炒めて素材の旨みを出して煮込む世界。
実際は正反対の場所で暮らしている私だが、
どこで暮らしていても私にはネパールやイランの生活が、
底深いところにいつもある。
d0251987_07205294.jpg








[PR]
by boudham | 2016-09-27 07:29 | 出張・ジョージア | Comments(4)

リクガメをペットにした

ぎっくり腰、今日日曜日は立って歩けるようになってきました。
まだヨタヨタだけど、回復してきています。

ところで、ここのところ約1週間、リクガメをホテルの部屋で飼っていた。
職場のデイヴという人、私にトカゲやら鹿肉やらを持ってきてくれる人なのだが、
彼が今度は会社の敷地内で見つけたリクガメを持ってきてくれた。
おおーっ、これは本物の生きてる亀? とその時に聞いた。
なぜかというと、その亀は完全に甲羅が閉じていて、
普通の亀とは違っていたからだ。
d0251987_03444930.jpg
私が知っているカメは、頭や手足を甲羅の中に引っ込めても、
こんな風に閉じることはできない。
なのに、このカメは完全に甲羅で全身をこんな風に閉じているのだ。
しばらくして、1時間ぐらいかな、やっとカメは頭を出した。
d0251987_03473677.jpg
その後、ネットで調べてそれがBox turtle という、
アメリカ南部に生息するリクガメだということを知り、
かわいいのでホテルの部屋に連れて帰った。
そして、1週間飼ったのだった。
毎晩、カメがいるせいで、家に帰るのが楽しみで、
ホテルの部屋のドアを開ける時は、「カメちゃん、ただいまぁー」と
声に出していうほどだった。
日光浴が大切なので、夕方帰宅後外に散歩に連れて行った。
餌にキャベツやレタスやフルーツ、釣り具屋からミミズも買ってきた。
でも、私のケアの甲斐もなく、カメちゃんはなにも食べず、
ホテルの部屋では幸せそうではなかった(当たり前だよね)
なので、数日前、外のデイヴが見つけたという場所に逃がしてやった。
d0251987_03545856.jpg
バイバイ、すごくかわいかったカメちゃん。
外の世界で幸せに暮らしてね。


[PR]
by boudham | 2016-09-19 03:57 | 出張・ジョージア | Comments(6)

ぎっくり腰...

中度のぎっくり腰みたいーー
この2週間、仕事しすぎたかなぁー
ヨガにも3週間行けてないし、泳いでもいないし、
仕事と運転とホテルの部屋の行き来 + 仕事の延長の食事、
つまり外食が多かった。
仕事は好きなのでついついやり過ぎる傾向にある。

昨日、金曜日はなんとかゆっくり歩きで仕事を終わらせ、
ホテルに帰ってきたが、その後は、立てなくて這って動いている。
週末で治るかなー

さしあたって、あまりうごけないので様子見るしかない。。。


[PR]
by boudham | 2016-09-17 19:21 | 出張・ジョージア | Comments(12)

仕事でロードトリップ

昨日は仕事でノースカロライナ州シャーロットの近くに行った。
片道3時間半の道のり。
2週間前も行ったのだが、
休憩で止まった場所(サウスカロライナ州)や仕事先の野外でトンボを見た。
トンボは普段滅多に見ないが、
サウスカロライナ州に来る度に見るということは、
ここにはトンボが多く生息しているということかな。
d0251987_07195540.jpg
こんなに近くから撮れた↓
d0251987_07203872.jpg
ちょっと用事があって帰りに止まった場所に
イチジクの木があって実がなっていた。
d0251987_07253344.jpg
イチジクといえば、砂漠にいたときのことを思い出す。
トルクメン語で「インジル」というのもまだ覚えている。
私が砂漠人さん宅に滞在中はイチジクの季節で、
砂漠人さんのご実家の木のイチジクをたらふくご馳走になった。
一度に20個ぐらい食べたこともある(笑)
昨日は、熟していそうなのが高いところしかなかったが、
根性で採った。おいしかったよ、砂漠のイチジクには負けるけど。
d0251987_07291383.jpg
イチジクの木の所から坂になっていて下がこんな池なので、
私はもうちょっとで坂を転げ落ちて池に入ってしまいそうになった。
仕事中だっていうのに(爆)
d0251987_07302954.jpg
帰ってきて疲れてぼーっとしてたら、ホテルの部屋の窓が夕焼け色に。
d0251987_07362068.jpg
西向きのこの窓からは時々素晴らしい夕焼け空が見える。
d0251987_07381676.jpg




[PR]
by boudham | 2016-08-26 08:26 | 出張・ジョージア | Comments(0)

最近のホテルクッキング

ホテル生活がかなり長くなった私。
ここ3年ほど何十泊、いや何百泊ホテルで過ごしたことか。
凝った炊飯器クッキングなど、いろいろトライした時期もあった。
でも最近はこうなった。
匂いのするものは部屋で作らない。
ご飯を炊飯器で炊いたり、鍋で豆や野菜を煮たりはする。
レンジを使うこともある。
でも、味付けは一切しないことにした。
お醤油とかで煮込むと、部屋に匂いがこもり、
長時間それが消えないからだ。
窓が開かないからねぇ。
でも、それでもあまり困らずにお部屋ご飯ができている。
冷凍庫があるのがとても助かっている。
例えば今日は、冷凍オクラと納豆を炊いたご飯にかけた。
d0251987_04372014.jpg
冷凍オクラはそれだけ解凍してお醤油かけて食べても結構いける。
d0251987_04364901.jpg
煮豆。アメリカではこんな乾燥ミックス豆が超安く売っている。
d0251987_04370411.jpg
これは水で煮て、食べるときに塩胡椒、オリーブオイルなどで味付けする。
d0251987_04374847.jpg
野菜もこんな風に茹でて、食べるときに塩胡椒、オリーブオイルで味付け。
これで結構毎日の食事がなんとかなっている。







[PR]
by boudham | 2016-08-22 04:45 | 出張・ジョージア | Comments(0)