太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:出張・フロリダ( 56 )

フロリダのビーチにさようなら

このところ、何度もフロリダのこの街を行ったり来たりしていた。
ビーチのある街。いつも暖かくて、楽園のような街。
アメリカ中から裕福な人が集まるので有名な街だが、
裕福じゃない普通の人もホリデーに訪れる街だ。
私にとっては仕事でたまたま来ている場所だけど。
でも、9月から続いているこの出張仕事は3月で終わるし、
フロリダは今日が最後になった。
明日はペンシルベニアに向かう。
そこで6か月のこの仕事が終了する。
なんと、向こうは最高気温もマイナスな様子だ・・・ブルブル。
さよならをしに行ったビーチ。
d0251987_2354991.jpg

風が強くて波も高かった。
↓こんな桟橋があったので、行ってみた。
d0251987_2384256.jpg

釣り人のいる桟橋
d0251987_2392715.jpg

桟橋の先端から見た海。
d0251987_241835.jpg

砂浜にちょこちょこと走る小さい鳥がいたので、
写真を撮ろうとしたが動きが速くて難しかった。
下の写真はカモメが2羽見えるが、実は右のほうにいる小さい鳥を撮ろうとしたのだ。
見えるかな。
d0251987_2424218.jpg

[PR]
by boudham | 2015-02-15 02:43 | 出張・フロリダ | Comments(9)

炊飯器クッキング報告

最近炊飯器で作ったものを紹介しよう。
一番新しいのは昨日作ったパプリカの詰め物、ドルメ。
砂漠人さんのブログ(この記事です)を読んで、
これなら炊飯器でもできる! と思い挑戦。
詰めたのは、牛ひき肉、玉ねぎ、ソイミート、シラントロ、ニンジン、
ちりめんキャベツを炒め、別に炊いたご飯と刻んだクルミを混ぜたもの。
味付けは塩こしょう、クミン、カルダモン。
それをパプリカに詰めて、炊飯器にいれ、
周りにトマト、玉ねぎの乱切りを詰めてスイッチオン。
d0251987_7134162.jpg

できあがり〜
d0251987_717052.jpg

とってもおいしくできた。二個とも一度に食べました〜
d0251987_7204828.jpg

これを作ろうと思って材料を買ってきた一昨日は、
中に詰めるものを炒めた段階で力つきて、
それをそのまま食べておしまいになった。
でも、翌日、また元気になったので、
残っていたスタッフィングにご飯を炊いて混ぜた物を詰めて、
念願のドルメが完成した。

その他最近作ったものたち。
鮭ごはん(こちらはmiekofrenchさんのブログの記事にあったもの)
おいしかった!
d0251987_721516.jpg

豚肉と赤&緑パプリカのショウガ炒め
d0251987_7222716.jpg

インゲン、ニンジン、キャベツの卵とじ
d0251987_7232446.jpg

そして、一番おいしかったのがこれ!!
大根と鶏肉の煮物
d0251987_7245020.jpg

d0251987_7251376.jpg

これはとーーーってもおいしくて、お腹に優しい感じがして、
ホテル生活を癒してくれた一品だった。
ただひとつ、そのあと部屋から大根臭さがなかなか抜けないのが難点。
でも、ぜひまた作りたい一品。
とにかく、キッチンがないけど電気のある方、炊飯器はお勧めです。
って、そんな人はあまりいないでしょうか。
[PR]
by boudham | 2015-02-12 07:26 | 出張・フロリダ | Comments(6)

湿地帯の様子

エアボート乗りに行った湿地帯。
フロリダは本当に植物や動物や鳥や虫の種類が豊富だ。
年中暖かくて十分水があるということは
そういうことなんだなと実感する。
日本も水が豊富で、冬もほとんどの場所はそんなに寒くならないから、
植物や生物がたくさんいる。
d0251987_8434826.jpg

湿地帯の水の中はほとんどの所が藻や水草があって、
よく見るとメダカのような小さい魚がたくさん泳いでいる。
d0251987_845279.jpg

コロラドの湖は水がきれいで透明で冷たくて、こんなに水草はない。
ここが緑でカラフルで生命に満ちた土地だとすると、
コロラドは空や岩や透明な水といった無機質的な感じがする。
冬がすごく寒いのと、乾燥しているのと、空気が薄いせいだと思う。
d0251987_8472539.jpg

ここは至る所に植物が生えているし、
トカゲはその辺をちょろちょろ歩いているし、
とにかく生き物が多いのだ。
d0251987_8492091.jpg

鳥も大きめのがたくさんいて、水辺を歩き回っている。
d0251987_8502848.jpg

水辺の餌台にもこんなに集まっていた。
d0251987_8504522.jpg

[PR]
by boudham | 2015-02-10 08:59 | 出張・フロリダ | Comments(6)

仕事の内容によって世界を覗き見

昨日は新しい仕事仲間(通訳)とエアボートツアーに行った。
こんなボートで湿地帯を行く。
d0251987_18184.jpg

その方は普段は車関係の仕事をされることが多く、
航空関係は初めてでおもしろい、と言っていた。
そうそう、書いてなかったかもしれないが、
9月からずっと続いているこの出張仕事は航空関係だ。
毎日航空機のことばかり見たり聞いたり訳したりしているので、
頭がすっかりそれになってしまっている。
通訳や翻訳の仕事って、そのときどき引き受けている仕事の内容を
勉強しなければならないので、
広く浅く、いろんな世界を覗くことになる、というような話を、
昨日は仕事仲間と話していた。
その方は車に詳しいので、いろいろ教えてもらった。
いつか私も車関係を訳す日がくるかもしれないので、
そういう話は聞いておくとためになるのだ。

いろんな世界を広く浅く覗くというのは全くそのとおりで、
たとえば、少し前には日本のある市の観光ガイドを訳していたので、
その市のことをいろいろ知ることができた。
3月にこの仕事が終わったら、4月からは整体関係の仕事が入っているので、
今度は解剖学の復習をしなければならない。
筋肉や骨の名前が出てくるから。

こんな桟橋からエアボートは出発して、
ワニが見たい観光客を載せて湿地帯を進んでいった。
d0251987_1154779.jpg

今シーズンは例年より涼しくて、あまりワニが見られないそうだ。
今回は1匹遠くに見えただけだった。
写真撮影は遠すぎて無理だった。
d0251987_1182390.jpg


昔(約20年前)、日本に住んでいたころは恋愛小説を何冊も訳した。
そのとき、フロリダキーズが舞台だった話があって、
美しい描写があったのでいつか行ってみたいと思っていた。
フロリダの出張が一昨年初めて入った時にさっそく行ってみたのはそのせいだ。
(そのときの記事☆1☆2
それを訳したころは、まだインターネットがなく、
仕事で訳す新しい本を受け取ると、図書館に数日通って、
舞台になっている土地の地図はじめ、いろんなことを調べたものだった。
今は、インターネットですべてができるので、図書館に行くこともなくなった。
ネットなしで翻訳をしていた頃とは大違い。
辞書だって紙だった時代だ。

エアボートはこんな湿地帯の草をかき分けるようにどんどん進んでいった。
d0251987_1425157.jpg

ワニは結局、見れなかったが、鳥は何種類か見ることができた。
d0251987_1424073.jpg

[PR]
by boudham | 2015-02-09 01:44 | 出張・フロリダ | Comments(6)

風邪かな

今週は平日何度か喉が痛くなり始め、
いろんな対処をしてみた。
鼻洗浄、蒸気の吸引、部屋に濡れタオルを下げて湿気を作る、
イソジンでうがい、のど飴、力の出る食事(肉と野菜のスープ)、
そしてよく眠ることなどなど。
喉は通訳の仕事には致命的だ。
なんとか1週間のり切ったものの、金曜日の夜、仕事を終えた時は、
かなり喉が痛くなってきていた。
疲れもいつも以上に感じるし、ついに風邪を引いてしまったのかーー
だから今週末は部屋で声をあまり出さずに、
栄養のある物を食べて、たくさん寝て過ごそうと思っている。
これまで9月からずっと出張続き、
スーツケース生活は1年前から続いているし、
気をつけてきたけど、人間ときには風邪を引くものなのだろう。
いつも免疫万端で、パワー全開ではいられないのだろう。
仕事のない時や、都合のいいときに風邪をひきたいものだが、
そうもいかないようだ。。。
少なくとも、週末ゆっくりしたら回復に向かってくれるといいのだけれど。
炊飯器で最近作ったもの
麻婆豆腐
d0251987_2585731.jpg

ビーフシチュー
d0251987_314123.jpg

[PR]
by boudham | 2015-02-01 03:00 | 出張・フロリダ | Comments(18)

新しいホテル@フロリダ

またまたフロリダへ帰ってきた。
今回は今までのキッチン付きのホテルではない。
そのホテルは今年から値上がりしてしまい、
私のボスは我々通訳を別のホテルに泊まらせることにした。
まぁ、仕方ない・・・
ペンシルベニアでは、既にキッチンのないホテルで
炊飯器クッキングをしていたので、
キッチンがなくても炊飯器でなんとかなる。
で、さっそくウォルマートに行って炊飯器を購入。
d0251987_918393.jpg

「炊く」と「保温」だけのシンプルな炊飯器。
それにしゃもじと1合のカップと、
ご飯を炊きながら野菜などを蒸すためのトレイがついて$19.48。
なんでこんなに安いのー? という安さ!
これなら3週間使って、捨てていってももったいなくない。
キッチンのないホテルの部屋に設置。
キッチンと呼ぶほどではないが、こんな小さなシンクがある。
これがこれから3週間、私のキッチンだ。
d0251987_924838.jpg

アジア食品店で食料品を購入。
d0251987_9252636.jpg

米、春雨、中華麺、酒、酢、ごま油、醤油、炭酸水、味噌、白菜、ネギ、卵、
ブロッコリー、キュウリ、インゲン、ショウガ、キクラゲ、豆腐、ニンジン。
夕食と明日のお弁当用に春雨サラダを作った。
d0251987_9271430.jpg

具は錦糸卵、にんじん、キュウリ、キクラゲ、ネギ少々。
ドレッシングはごま油、醤油、ショウガのすりおろし、酢、お砂糖。
薄焼き卵も、春雨を煮るのも、炊飯器で問題なくできた。

ここまで書いて、ふと思った。
普通フロリダに来たら、ビーチに行って南国を満喫するのが先であるはずなのに、
私の場合、まずこれからの食生活の基盤を作るのが先なのだった(笑)
ビーチはそのあとということで。。。

明日から新しいメンバーと仕事が始まる。
緊張するーー
起きてても気分が落ち着かないので、今日は早く寝ることにする。
[PR]
by boudham | 2015-01-26 09:33 | 出張・フロリダ | Comments(17)

このごろのホテルの部屋ごはん

このホテルはキッチンが付いているのでいい。
でも、来年から値上がりするそうでボスが払えないと言うので、
次回(来月)この街に戻って来る時は、
キッチンなしのホテルに移されることになった。

ゴーヤがまた食べたくて2本買ってきて、切って驚いた。
d0251987_9414788.jpg

うわっ、種の色が違う〜
今回は豆腐、大根葉、ニンジンと炒めた。
何を入れても、ゴーヤチャンプルーと呼んでいいのかな?
d0251987_9435297.jpg


焼きそばと大根のお漬け物。
d0251987_9435294.jpg

このお漬け物、大根を立てに半分に切って、適当な長さに切って、
酢と砂糖と塩と青唐辛子とジップロックバッグに入れておくだけ。
おいしくて、今回2回も作った。

こちらは具だくさん味噌スープと雑穀入りごはんと即席ナメタケ。
d0251987_945528.jpg

ナメタケはお醤油、お砂糖、酒、水でエノキを15分ぐらい煮ただけ。
ご飯のお供にGood!
d0251987_9492411.jpg


そして、今夜は塩ラーメン。
鳥の手羽元2本を3時間ぐらい煮てでスープを取った。
最後にニンジンと白菜を入れて、柔らかくなるまで煮て、
別に茹でた麺とスープと刻んだシラントロを合わせて、
マグカップに盛って上にネギ、ゆで卵、ワカメを載せただけ。
d0251987_950266.jpg

醤油でもなく、味噌でもなく、塩の気分だったので塩ラーメン。
d0251987_9535075.jpg

ラーメンは心も身体も温まるー
[PR]
by boudham | 2014-12-22 09:59 | 出張・フロリダ | Comments(12)

20歳に戻れたら

将来何になりたい? 子どものころ誰でもきかれたことがあるだろう。
小鳥屋さん、昆虫学者、バレーボールの選手(アタックNo.1が流行っていたころ)、
テニスの選手(エースをねらえが流行っていたころ)、
絵描き、化石を探す人など、いろんな事を答えていた。
20歳に戻れたら、海洋生物学者になりたい、と最近は思っている。
海の岩についている生物を見るのが大好きだからだ。
海は大好きだが、砂浜のビーチは実はちょっとつまらないと思っている。
岩のあるところで、岩にくっついているものを見るのが好きだ。
この街のビーチは砂浜ばかりだからなーと思いながら、
今回まだ行かずにいたビーチ。
このごろ仕事が夜なので、今日午前中に行ってみた。
そこですてきな発見!

砂浜を歩いていたら、ん? あれはなんだろう。
d0251987_333467.jpg

d0251987_34924.jpg

細長い岩? 岩のようだが、もともとは金属性の何かのようだ。
うわぁー ついてるついてる、いろんなものがーー
d0251987_364860.jpg

d0251987_371873.jpg

d0251987_364564.jpg

たったこれだけの場所にところ狭しとくっついて
生活している海藻や、フジツボや、貝など。
何時間でも見ていられそう。
海洋生物学者になれなくて残念だったなー
いや、あまちゃんのように、アワビやウニをとる仕事のほうがよかったかなぁー
などと夢想しながら帰路についた。
[PR]
by boudham | 2014-12-20 03:13 | 出張・フロリダ | Comments(10)

ちょぴり焼き麩のような味のするグルテンバーガー

麩が子どものころから大好きで、
母がお味噌汁に豆麩や板麩を入れてくれるとうれしかった。
煮物に麩を入れることなどを知ったのは大人になってから。
歯ごたえのある焼き麩が大好きになった。

10年前ぐらいによく参考にしていたサイトがある。
「男の趣肴」というサイトで、いろんな食品を素材から手作りするレシピが載っている。
ここに載っている物で私が作ったのは、
手打ちうどん、手打ちそば、味噌、納豆、さつま揚げ、がんもどき、
焼き麩、油揚げ、鶏肉チャーシュー、ラーメンスープ、煮豚・・・数えきれない。
成功した物もあれば失敗もあった。

焼き麩は小麦粉のグルテンで作る。
何度か試したが、なかなか難しかった。
お店で売っているような物はついにできなかったが、
毎回それなりにおいしい物ができた。

今やグルテンフリー流行りの世の中だが、
私はグルテンの風味(麩の風味)が大好きで、幸いアレルギーもない。
男の趣肴に載っているように、小麦からグルテンを取り出すのは面倒なので、
グルテンを買ってきて、焼き麩に似た味のするグルテンバーガーをたまに作る。
ちなみにグルテンとは、小麦などに入っているタンパク質の部分で、
パン生地などに弾力性を与える成分だ。
d0251987_1164328.jpg

これを水と混ぜてひとまとめにしてフライパンで焼くだけ。
蓋をして弱火で20分ぐらい裏表を焼くとプーッとふくれる。
今回はキヌアとキビを少し混ぜた。
d0251987_192415.jpg

中はこんな感じ。
d0251987_110144.jpg

これを煮物に入れてもおいしいし、
焼きたてにお醤油をかけて食べてもおいしい。
かなり噛み応えがある焼き麩のような感じだ。
d0251987_1204131.jpg

[PR]
by boudham | 2014-12-19 01:22 | 出張・フロリダ | Comments(10)

久しぶりの休日

やっとやって来た休日。
先日買った里芋があったので、ランチにホテルで山形芋煮を作った。
私が育った山形では、秋になると芋煮会というのを川原でする。
宮城県でもするので、仙台で子ども時代を過ごした
私の娘たちも知っている日本の東北の習慣だ。
ただし、山形の芋煮は醤油味で牛肉が入っていて、
宮城県のは味噌味で豚肉が入っている。
家族で、職場で、学校で、町内会で、または友達と、
秋になると川原に行って、石で釜戸を作って、薪を炊いて、
大鍋で作って食べるのだが、外で食べると特別においしいのだ。

ホテルの部屋で1人で食べる芋煮はそうはいかないが、
久しぶりの味が懐かしかった。

材料は里芋、こんにゃく、しめじ、ネギ、牛肉。
味付けは醤油、砂糖、塩、酒。
日本では牛肉が一番高いのだが、ここはアメリカなのでこんにゃくが一番高かった。
d0251987_5133043.jpg


今日のランチ。
芋煮と、黄色いスプリットピー入りごはん、おひたしと大根のお漬け物。
お漬け物は酢と塩とお砂糖とタイペッパーでジップロックバッグで漬けたもの。
d0251987_5203328.jpg


お椀かどんぶりがあればいいんだけど。
d0251987_5223416.jpg


このところ毎日職場のランチタイムに短い散歩に行っていた。
これまでは仕事仲間がいたので、おしゃべりなどしていたが、
今は通訳が私1人なので、お昼を食べ終わらせてから、
20分ほど外に歩きに行っている。
今は暑くないので、汗ばむ心配もないし、
歩いて10分のところに池があるので、ちょうどいい。
d0251987_5264777.jpg

d0251987_5271079.jpg

大きな道路沿いなので、車は絶えないが、
水辺は気持ちがいいし、鳥がいておもしろい。
サギはいつも見かけるが、この前アメリカヘビウという鳥が、
面白い動きで水に潜ってえさをとっている姿を見ることもできた。
miekofrenchさんのブログの記事で、その鳥が、アメリカへビウらしいことがわかった。
[PR]
by boudham | 2014-12-16 05:31 | 出張・フロリダ | Comments(12)