太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コロラド( 60 )

ほぼ積み終わった

昨日は仕事最終日だった。
クライエントは無事にここでの目的を終え、
めでたしめでたしの終わりだったので、満足。
修了式にみんなが灯したろうそく。
花と一緒に水に浮かべるなんて、なんて素敵なアイディア!
d0251987_09033158.jpg
へやの隅には、今回ずーっとみんなを見守り続けてくれた「あのお方」が。
d0251987_09025541.jpg
さて、今日は引っ越し前日なので、車に持っていく物を積んだ。
倉庫の物は引っ越し屋さんが運んでくれるので、
車に積むのは、主に2週間前に元相棒宅から運び出してもらった室内用植物と
いつもどおりのスーツケースだ。
明日は早朝に出発予定なので、ほとんど今日のうちに積んだ。
助手席側はこんな感じ。
d0251987_09115477.jpg
ドライバー席の後ろはこんな感じ。
d0251987_09124705.jpg
トランクはこんな感じ。
d0251987_09131123.jpg
そして、運転席はこんな感じ。
d0251987_09135943.jpg
もちろん座れるスペースはあるが、
助手席に地図を置いたり、おやつを置いたりするスペースはなし。
普通は知らないところにいくときに、助手席に地図を置いて、
ちらちら見ながら行くのだが……
でも、印刷したGoogle mapをよくよく見れば、
1,864キロの道のりだが、曲がり角は5つぐらいしかないのだった。
それなら、地図に首ったけになる必要もない。
明日はおそらくアイオワ州のどこかで一泊するので、
もしかしたらそこからブログをアップするかも。


[PR]
by boudham | 2015-06-07 09:22 | コロラド | Comments(8)

最近の大家さんの庭&食後の散歩

大家さんちのバックヤード。
前に火を炊いた素焼きのファイヤープレイスは
きれいな紫の花に埋もれている。
d0251987_22410016.jpg
その後も火を焚こうという話にはなったのだが、
コロラドは今春雨が多く、なかなかチャンスがなかった。
普段は雨が少ないので、雨は結構好きだ。
植物が喜ぶし。

アスペンの木にかかっているゼラニウムは、
私が大家さんのお誕生日にプレゼントしたもの。
d0251987_22440806.jpg
買った時はほとんどつぼみだったのが今は満開。
ゼラニウムは夏中咲き続けるから好きだ。
d0251987_22444908.jpg
日がすっかり長くなったので、夕食後に散歩に出ることがある。
大家さんちの向い側に小川が流れていて散歩道がある。
d0251987_22473460.jpg
これは数日前の散歩の写真だが、夕暮れ時は暑くも寒くもなく気持ちがいい。
鳥の声と川のせせらぎが聞こえ、周りの風景に自分が溶けていくような気分だった。
自分がなくなって、いつまでも足だけが歩き続けられそうな気分。
人生どこで何をしていても、心がここに戻れたら自分は大丈夫という気がした。
d0251987_22510478.jpg
夕暮れ時のロングズピーク
d0251987_22513598.jpg



[PR]
by boudham | 2015-06-05 22:53 | コロラド | Comments(3)

もうすぐ引っ越し

今の仕事はあと1週間で終わるが、終わったらすぐに引っ越しだ。
引っ越し先はミシガン州の小さな町。
引っ越し先のアパートも数日前に決まった。
倉庫の物は昨日、引っ越し屋さんに運び出してもらった。
あとは今の仕事を終わらせて、自分の車に植物と身の回り品を積んで出発するだけ。

引っ越し先がミシガン州なのは、
ここのところ長期の仕事を探していたのだが、
1番条件のいいところを選んだというだけで、
土地自体は縁もゆかりもない。知り合いもいない。
これまで暮らした中で一番小さい町(人口1万ちょっと)だ。

さて、ブログのタイトル「太陽いっぱいコロラド暮らし」をどうしよう、と考えていた。
お気に入りのブログの題名を眺めてみると、地名が入ったブログはわりと多い。
でも、そういう方々はそこに住み続けていらっしゃる方が多いようだ。

自分はどうしよう?
ささっと決めた、つまらないタイトルなのだが、
私のことだから、考えながらも当分はこのままにしてしまいそうだ。

昨日、倉庫の物を運び出してもらうので半日倉庫にいた。
帰りに、当分来れなくなるので、Hマートに寄った。
サーモンのお刺身、里芋、小さいキュウリ、赤ピーマン、オクラ、シソ(?)、イカ、
焼き魚(たぶん太刀魚)、どんぶり2個、ショウガ、ゴーヤー、昆布、わさび粉
d0251987_22000771.jpg
久しぶりに買った物を並べて写真を撮ろうとして、
なぜ最近そうしてなかったかがわかった。
大家さんのキッチンに物を並べられるスペースがないのだった。
今回は薬の瓶などを無理矢理よけて並べてみた。
だから周りの小瓶やコップは、私の買い物じゃないからね(笑)





[PR]
by boudham | 2015-05-31 22:05 | コロラド | Comments(13)

ランチタイムの散歩

今の仕事は拘束時間が長く、平日はジムにも行けない。
早起きして行く人は行くのだろうが、私には無理〜
なので、昼休みにできるだけ散歩をちょっとしようと思ってみる。
でも、今春のコロラドは今までにないほどの雨降り続き。
でも、最近はちょっとマシになってきた。
d0251987_11092166.jpg
職場のすぐ近くにこんな湿地帯のある広場がある。
カエルの鳴き声がするので、いないかなー と探してみた。
鳴き声はするのだが、姿は見られなかった。
d0251987_11103872.jpg
d0251987_11111341.jpg
d0251987_11115738.jpg
何かいないかなー オタマジャクシとか……
でも、何も見えない。
d0251987_11125029.jpg
晴れ間とランチタイムが重なったので散歩に出たが、
すぐにまた空模様が怪しくなって来た。
職場に帰り着いたころは、空がこんなふうで、
悪天候が迫って来ていた。
d0251987_11142144.jpg


[PR]
by boudham | 2015-05-30 11:15 | コロラド | Comments(4)

職場の隣の畑

今の職場の隣は小規模な学校だ。
たぶん中学校かな。
道に面したところにこんな畑がある。
d0251987_10575643.jpg
子どもたちが野菜を育てているようだ。
d0251987_10584214.jpg
ブロックの絵も生徒が描いたに違いない。
d0251987_10593892.jpg
この職場で働き始めて7週間が過ぎた。
残りあと1週間。
何もなかったこの畑にも、今はミニトマトの苗に実がつき、
スナップエンドウやほうれん草のような芽も出て育ち始めた。
d0251987_11012909.jpg
職場の建物の前には遅く咲く種類のライラックが満開で、
すばらしい香りを放っている。
休憩の度に私は香りを楽しみに外に出る。


[PR]
by boudham | 2015-05-30 11:02 | コロラド | Comments(0)

Humpty Dumpty

Humpty Dumpty sat on a wall
Humpty Dumpty had a great fall
All the king's horses and all the king's men
Couldn't put Humpty together again

d0251987_06092864.jpg
大切にしてきた素焼きのポットが壊れてしまった。
元相棒の家にまだ置いてあったから、業者に頼んで運び出してもらったのだが、
なんと、こんな形になっていた。
業者さんが中に植木鉢が入ったまま持ち上げたら、壊れたそうだ。
私がいたら、絶対に植木鉢を出してからこのポットを運んでもらっただろうに……
いなかったのだから仕方ない。
これは長女が高校生の時に学校の焼き物のクラスで焼いた物だ。
d0251987_06115070.jpg
底に貼ってあった紙に2002年5月に賞を取ったと書いてある。
長女はとても一生懸命作っていたので、大切にしていたのに。
直せないかと思ったが、
写真に載っていない細かい破片や粉もたくさんあるので、諦めた。
業者さんはすまなさそうにしていたが、仕方ない。
壊れてしまった物は元には戻らない。
d0251987_06145670.jpg
きれいなかけらを二つだけ取って、残りは捨てた。
マザーグースのハンプティダンプティーの詩、
本当の意味は知らないが、壊れたポットを見たときすぐにこの詩が頭に浮かんだ。

日本語訳(ウェブから取ったもの)↓

ハンプティダンプティー 壁に座ってたら
ハンプティダンプティー 勢いよく落っこちた
王様の家来や馬でも
ハンプティーは元に戻せない

[PR]
by boudham | 2015-05-24 06:19 | コロラド | Comments(6)

中道

お釈迦様、ゴータマシッダールタは、
王家に生まれて、贅沢な暮らしを経験し、出家してからは苦行の経験を積んで、
中道の大切さを悟って、それを周りの人間に教えた(2,500年前のインドのことです)

中道って、何気なさそうでとっても難しい、とこのごろ感じてばかり。
職場でも、自分の気持ちの中でも、わずかな自分の自由時間でも、
頻繁に「中道」という言葉が思い浮かぶ今日この頃。
それは、自分の行動にも言えることだし、気持ちの置き方にも関係してる。
気持ちを中道に置くことがまず大切なんだろうけど、
それは自然に起こることではなくて、努力を要することなのだ。

難しい話はこの辺にして、大家さんは去年家の向い側の公共の歩道に、
りんごの木を植えたのだそうだ。
d0251987_23595932.jpg
市の同意を得て植えたのに、市の芝刈り職員が誤って(?)その木も刈ってしまった。
大家さん、すごく悲しんでいたが、(せっせと水やりをしてたからねぇー)
残った幹から芽が出て来た。
大家さん、すごく喜んだし、市の職員もその周りに金網まで張りに来てくれた。
その金網にプレイヤーフラッグを付けて、大家さんと一緒にお祈りをした。
今度は立派に育って、いつかたくさんリンゴがなりますように。。。
d0251987_00002830.jpg
↓左側の小さい緑の芽がりんごの芽だ。
右側の大きいのが草なので、取ってしまったら? と聞いたが、
大家さんは元気に育っているので摘みたくないそうだ。
d0251987_00010113.jpg

大家さんのタンポポいっぱいのフロントヤードと、
お隣のタンポポがひとつも生えていないフロントヤード。
d0251987_00015760.jpg
毎朝、私は仕事に行く時にこの二つの庭の、
この永遠に解決しなさそうな様子を見つめて、
タメイキをついてから車のエンジンをかける。

[PR]
by boudham | 2015-05-16 00:02 | コロラド | Comments(17)

今週末、徒然

徒然(つれづれ)、という言葉の意味を改めて調べてみたら、
「することがなくて退屈なこと」「つくづく物思いにふけること」
などとある。
それと私の今とはちょっと違うような気もするが、今週末は、
いろいろ考えることが多いわりに、あまり体を動かしていないような気がする。
それでも、昨日はプールに行って、いつも通り40分泳いで、
ジャグジーに浸かって、サウナに入って、ポカポカになって帰宅。
このところ雨続きのコロラド。

その後、大家さんと夕食にパッタイを作ることになって、
二人で一緒にお料理。
d0251987_01114292.jpg
そしてその後二人で夕食。
d0251987_01122688.jpg
2時間以上もガールズトークをしながらの、楽しい夕食だった。
年取るとなかなか友達ができないと思っているが、
それは、日常何気なく、人と繰り返し時間をともに過ごす機会が
少なくなるせいかもしれない。
若くて学校に行ってたころは、毎日クラスメートにいやでも会って、
1日の大半を一緒に過ごしたりすることになる。
そんな繰り返しがあると自然と友達ができる。
大人になると、そう言う機会がめっきり減ってしまう。
私と大家さんだって、ちょっとすれ違う程度だったら、
こんなお友達にはなれなかったかだろうと思う。
でも、日常、かれこれ2ヵ月ほど同じ屋根の下で過ごしているから、
すれ違いでもそれを繰り返すごとに、
だんだんと友達になってきたように思う。
もともと最初から好感を持っていた相手だしね。

今朝(日曜日)は予報どおり、雪が積もった。
せっかく咲いたライラックに雪が……
d0251987_01214977.jpg
デッキには鳥の足跡。
d0251987_01225583.jpg
先週3女からこんなプレゼントが届いた。
d0251987_01242634.jpg
シルバーのブレスレット。
私の誕生日と母の日のプレゼントだそうだ。
うれしいことだ。
裏にはこんな風に文字が掘られている。
d0251987_01260319.jpg
うまく写真に写せなかったが、
"Mama, thanks for my roots and wings ♡ 3女の名前" と書いてあった。





[PR]
by boudham | 2015-05-11 01:28 | コロラド | Comments(6)

職場の壁の絵

今働いている所の部屋の壁にある絵。
d0251987_13013512.jpg
リンゴの中身がオレンジ
もう一枚はこれ。
d0251987_13022223.jpg
私の解釈は、外見で中身は何かわからない… ということかな。
人間は外見にものすごく左右される。
そうじゃない人はいない。
そんなことを考えていたら、このビデオを思い出した。
とても悲しくなってしまうようなビデオだが、人間ってこんななんだ。

でも、キュウリを切っても、中身がキュウリじゃないかもという
気持ちが持てたらなぁー



[PR]
by boudham | 2015-05-09 13:05 | コロラド | Comments(0)

シャンタと留守番

大家さんが3泊でニューメキシコ州の温泉に出かけたので、
私とシャンタは留守番。
いつも大家さんと寝ているシャンタはきっと寂しいだろう。
でも、私はアレルギーがあるから一緒に寝るのは無理。
食事、朝猫ドアを開けること、夕方入れてチキンをやること以外は、
せいぜい羽根の玩具でたまに遊んでやるだけ。
d0251987_12320399.jpg
最近のコロラドは雨続きで、日曜の予報は雪だ。
大家さんの庭は植物が十分な水分を吸い取って、
元気に緑に育っている。
d0251987_12083045.jpg
たぶんこの庭は夏はちょっとジャングル化するかも。
人の手が入らなかった天空の城ラピュタみたいな風情がすでに出て来ている。
d0251987_12043594.jpg
これはたぶんブラックベリー 
ベリーがなるころにはおそらく私はもうここにいないだろう。
d0251987_12103600.jpg
家に1人になると、自分のどんな行動が変わるのかに今回気づいた。
まずドアを閉めなくなること(自分の寝室もバスルームも)
あと物をキッチンなどに置きっぱなしにすること。
使ったお皿をすぐに洗わないこと。
Tシャツだけで寝室から出ること。
人がいるといないでどれだけ変わるんだかー 笑
でも、大家さんが計画を早めに切り上げて帰ってくるという事態を考えて、
あまりちらかさないでいるし、お皿もそんなにたまる前に洗っている。
でも、理由がそんなんってねー 
つまり自分自身はもっとお皿がたまっても、気にならないということだ。

部屋のドアを開けていたら、シャンタがいつの間にか、
一歩中に入っていた。
d0251987_12240810.jpg
しばらく私と見つめ合ったあと、また出て行った。
歓迎されてないことがわかったのかな。
ごめんねー シャンタ。






[PR]
by boudham | 2015-05-09 12:19 | コロラド | Comments(2)