太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

この町に住んでいる難民

長く歩こうと考え過ぎると出かけられなくなってしまうので、
平日は短い散歩を心がけるようにした。

この町はイエメンからの難民が多く住んでいる。
平日の夕方散歩をすると、
道で会うのはイエメン人の家族が多い。
真っ黒のベールで全身を覆った女性、
やんちゃに遊ぶ子どもたち。

週末の散歩だと、白人家庭の家族も道や庭で見かける。
私が思うにたぶん、イエメン人のお母さんたちは専業主婦で、
平日も家にいて子どもを外で遊ばせているのではないかな。
それに比べて、普通のアメリカ人は共稼ぎがほとんどだから、
平日は家族の活動が外からはあまり見えない。

私が夕方の散歩中に古い家の写真を撮ろうとしていたら、
自転車で通りかかったかわいいワルガキどもが、
自分を撮って!とポーズをしてくれた(笑)
インドなどではよく写真を撮ってくれと言われたが、
ここではまずないことだ。
d0251987_07123745.jpg
私がその時撮ろうとしていたバックの建物はこれ↓
d0251987_07133851.jpg
サービス精神旺盛なワルガキたちのおかげで、
建物の写真よりずっとかわいい写真が撮れた。

イエメンのことはあまり知らないのだが、
難民家族はどんな過去を持っているのだろう。
この町でどんな気持ちで暮らしているのだろう。




[PR]
by boudham | 2017-09-16 07:17 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード