太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

牛たち

フェアの牛たちを見に行ったのは1週間前になってしまったが、
記事を書いておかねば。
d0251987_21044714.jpg
私はイランの砂漠人さん宅で数年前の夏一ヶ月間
牛の近くに暮らして以来、牛の魅力にはまった。
牛は人間にミルク、肉、皮を提供してくれる素晴らしい存在で、
思った以上に頭が良く、一人一人の性格もあって、
私をとても和ませてくれた。
このミシガンの町のフェアには牛がたくさんいた。
フェアで見た牛たちは、みんなきれいで健康そうで、
いい生活をしているように見えた。
アメリカの企業牧場がミルクマシンのように扱っている牛たちは、
こんなフェアにも来られないだろう。
d0251987_21123777.jpg
子牛たちはコンテストで賞を取ったり売られたりしているようだった。
d0251987_21130375.jpg
牛小屋にはこんな自己紹介の張り紙もしてある↓
d0251987_21132251.jpg
左上のには「ハーイ! 私の名前はラッキー。赤白柄のホルスタインです!
誕生日は2017年3月14日。遊ぶのが大好きです!」と書いてある。

ここではこんなふうにミルクを絞るようだ。
牛の乳から管でガラスの丸いシリンダーに吸い込まれている。
d0251987_21115417.jpg
乳搾りの順番を待つ牛、おっぱいが張って苦しそう(自分の経験から)
d0251987_21110386.jpg
ここは牛を洗う場所↓
d0251987_21104242.jpg
ホースの水を牛にかけて洗っていた。
牛の他に鶏、七面鳥、うさぎ、ヤギ、羊、豚も同じようにいたのだが、
私は牛ばかりに目が行ってしまって、
他の動物の写真はほとんど撮らずじまいだった。
唯一、賞をたくさん撮った鶏の写真がこちら↓
d0251987_22540726.jpg






[PR]
by boudham | 2017-08-19 22:54 | Comments(3)
Commented by 砂漠人 at 2017-08-20 12:54 x
「自分の経験から」……爆

名前も付けられた、ペットに近い家畜たちが披露されるとは、なんと楽しそうなフェア! 家畜の世話のしがいがありそうですね。茶と白のホルスタインもきれいですね。
最後の鶏、しっぽの形とか、全身を見たかったです。それにしてもこの貫禄は並みのもんじゃないです。
Commented by boudham at 2017-08-21 12:48
砂漠人さん、
本当にこんなに張ったおっぱいを見ると、自分が苦しかった頃を思い出し、記憶で今も胸が苦しくなってくるのですよ(笑)

このフェアはちょっと私のツボにはまりましたよ。家畜、こんなに大切にされた家畜がですよ、みんなが連れてきて競っててね。でも、みんなこれを食べることも承知の上ですからね。アメリカの田舎、悪くないじゃないと思いましたよ。
Commented by 大福 at 2017-09-23 22:25 x
この最初の写真の牛は、口元がなにやら個性的なような気がするのですけど、下から撮っているからでしょうか?牛っていうのはそもそもこういう口元をしているものなのでしょうかね?だとしたらとっても、なんていうか意外とワイルドだったのですね、あはは。
名前
URL
削除用パスワード