太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

トラタヌって何の略でしょう?

これが何の略か、私の長女と昔の翻訳友達は知っているはず。
というか、この言葉、その友達が作ったんじゃないかな。

「あのさ〜、これトラタヌなんだけどさ〜〜」
で始まって、「でもさーもしも・・・」と続いていく。

長女と私は、考える事が似ているのか、
トラタヌ系の話によくなる。

ここ2週間ぐらい、トラタヌで終わってしまった仕事の件がいくつかある。
ひとつは、10月にビーチのある街での1か月間通訳の仕事。
いかにも決まりそうだったのに。
毎週週末はビーチに行こう、新しい水着を買って・・・
シーフードがおいしいだろうな・・・
通訳料が入ったら、次女と孫ちゃんにコロラドまでの航空券をプレゼントして・・・
などと延々と広がっていくトラタヌの世界。

もう1つは今日の夕方のスカイプカンファレンスの通訳。
ドタキャンの連絡がさっき来たのだが、
それまでは緊張しつつ、単語の勉強などに励んでいた。
終わったら、フンパツしてお寿司でも食べに行こうかなどと考えながら。
これもトラタヌに終わってしまった。

トラタヌ=「捕らぬたぬきの皮算用」の略でした。

庭の野菜だけは、採れまくっています(爆)
d0251987_3173122.jpg

[PR]
by boudham | 2013-08-29 03:19 | 翻訳・通訳の仕事 | Comments(4)
Commented by May at 2013-08-29 08:41 x
私の場合は、家庭菜園をして野菜がわんさか採れたら!というのがトラタヌかもしれません(爆)
いやいや,マジで時々トラタヌ妄想してますね~
ボランティア先からもっと有給の仕事が入ったら・・・・ボーダさんと同じく、娘に新幹線代を出して横浜に来てもらおう、とか、あと何回大阪に行ける、とか、あれも買ってこれも買って、とか。どんだけーー(爆)
トラタヌは楽しいですね♪そんな略語を作っちゃうお友達?も面白いです。
Commented by kaguma at 2013-08-29 09:34 x
トラタヌと言えば、虎模様のタヌキ
そんなのが捕まったら、新種として論文書いて、捕まえて動物園に売って大儲けだ!っていう感じですかね。

実際に野外で調査していると、昆虫などではまだ名前の付いていないと思われる奴は多数いるのですが、新種として証明して記載するのはとっても大変なので学者でないと難しいです。哺乳類の新種を発見するのは日本ではまず無理でしょうね。

そういえば、「とらぬ狸」はバベルの塔にいるという話を阿部公房だかが書いていたような気がします。

なんか話がトラタヌというより、ヌエのような感じになってしまいました。
Commented by boudham at 2013-09-01 04:25
Mayさん、
みんなそれぞれトラタヌをするんですねーー
娘に交通費を払って呼ぶっていう気持ちはよくわかります。どんどん妄想が広がっていって・・・
略語、確かにいろいろ作ったらおもしろいかも。
Commented by boudham at 2013-09-01 04:32
kaguma-ji,
虎模様のタヌキ(爆)!
タヌキが虎模様だたら怖く見えるかも。
へぇ〜名前のついていない昆虫ってわりといるんですか。意外です。証明や記載が難しいというのも知りませんでした。kaguma-jiができたらいいのに。そうしたらkagumajiという名前のコガネムシかなんかができるのにねーー
ヌエって知りませんでしたよ。調べたら妖怪のことなんですねぇーーこれからwikiのヌエのページを読んでみます。
名前
URL
削除用パスワード