太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

鴨のもも肉のアンチョビ&赤ワイン煮


ニューヨークタイムズにレシピコラムがあるようで、
毎日目を通す相棒は食べたいのが載ると、私のメールに転送してよこす。
べつに作ってくれと頼んでいるのではなく、
おいしそうだから見せようと思って送ってくれるのだそうだ。
これもそれで送られて来たレシピ。
ポレンタが添えてあっておいしそうな写真だったので作ってみた。
d0251987_2451916.jpg

鴨のもも肉は1本300円弱だった。
オリーブオイルで表面に焼き色が着くまで焼いて、
肉を鍋から出し、その油でニンジン、セロリ、玉ねぎ、ニンニクのみじん切りを炒める。
アンチョビを加える。
赤ワイン、ジュニパーベリー、トマトペースト、チキンストックを入れ、鴨肉も入れる。
20分煮込んだあと、鍋ごとオーブンに入れて90分。
鴨肉を取り出して手で割いて、また鍋に戻す。セージと塩こしょうを加えてまた20分ぐらい煮る。
d0251987_2483615.jpg

鴨肉は味が濃くて、いい具合に歯ごたえもあっておいしく、すっかり鴨肉ファンになった。
柔らかめのポレンタの上にかけた。ポレンタは少しダマができてしまった。
ほかの鴨肉料理にも挑戦してみたい。
d0251987_3102759.jpg

d0251987_2521691.jpg

[PR]
by boudham | 2012-02-17 02:54 | 食べ物(2013以前) | Comments(4)
Commented by kaguma at 2012-02-18 08:24 x
うん。おいしそう。

相棒さんはすっかりboudhamさんの料理の虜になってますね。
Commented by boudham at 2012-02-19 12:13
kaguma-ji,
いつもありがとう。おいしかったですよ。
私は本当はもっと味付けがシンプルな食べ物が好きなんですけどね。でも、料理は根本的に好きなので、楽しんでいます。
Commented by Sarah at 2012-02-19 21:17 x

美味しそうですね!ポレンタもあったまってよいですよね。こちらでターキーはあるけど鴨はないです。くまもとや東京でも食べたことがなかったけれど、最近日本のブログやサイトを見ていると、鴨料理のことが結構でていますね。ターキーも味が濃く感じるし、鴨になると更になのかな。そういえば、チェコで食べたような。

メールに転送(笑)。
Commented by boudham at 2012-02-20 12:43
Sarahさん、
ポレンタとかオートミールとかって、おかゆみたいで本当に温まります。
私は日本で鴨肉の入った温かいそば食べたことがあります。本当は、ああいう料理のほうが、鴨肉そのものが味わえておいしいと感じます。アンチョビやらトマトソースやらいろいろ入ったお料理もおいしいですが、素材の味がだんだんと遠のいてしまうような気がしてねーー
名前
URL
削除用パスワード