太陽いっぱいコロラド暮らし

boudha.exblog.jp
ブログトップ

思い通りにはいかないもの

前回の記事で自分がどれだけ風邪を
やっつけようとしているかを書いた翌日、
私の声はガラガラになった。
月から水曜日までガラガラ声でもまだ出たので、
のど飴を舐めたり水を飲みながら通訳仕事を続けた。
熱が出なかったので頭がまだ機能していたからよかった。

そんなときにたまたま「セルフネグレクト」で、
家族の遺品やゴミに埋もれて生活している高齢者女性の
ニュース記事などを目にした。
近親者を失った孤独感や喪失感から身の回りの世話が
できなくなることらしい。
http://mainichi.jp/articles/20161203/k00/00m/040/143000c

関連ニュースでこんなのも↓
http://mainichi.jp/articles/20170217/k00/00m/040/136000c?inb=ys

他にも数件読んでしまった。

なんだか悲しいねぇー
頑張って風邪を治そうとしても治らないときもある。
頑張って身の回りのことをしようとしてもできないときがある。
それがちょっと間違うとこんなことになるのか。
なんか他人事とは思えない出来事だ。

15年ぐらい前に娘たちが母の日に送ってくれた蘭が咲いた。
d0251987_08104697.jpg
同じように15年前ぐらいに3女が買ったサボテンは
子どもができて、その子どもは今はクルミより大きくなった。
3女が買ったときのサボテンそのものの大きさが
これくらいだったと思う。
d0251987_08141921.jpg


[PR]
# by boudham | 2017-03-28 08:16 | Comments(2)

風邪退治に今日使ったもの

さて寝る前に卵酒だなー と思い(笑)
卵酒を作ったついでに、今日風邪退治に使ったものを
皆さんに紹介するために並べてみた。
普通の風邪薬以外今日風邪退治に私が使ったもの。
d0251987_09314479.jpg
右は卵酒(卵、お酒、お砂糖)
Wild cherry bark syrupというのはアメリカで
喉や咳の症状を和らげると言われている自然のハーブのシロップ。
NeilMedというのは鼻洗浄で、
中にぬるま湯と生理食塩水を作る用の粉を入れて、
鼻の穴から入れて鼻と喉を洗浄する。
これは風邪予防として毎日やっている。
左側はたぶん誰でも知っている日本のイソジンうがい液。
うがいにしか使っていけないと書いてあるが、
私は脱脂綿に含ませて喉に直接塗りつけたりしている。
あとは蜂蜜大根でもあれば心強いんだけどねぇー
できるだけやったので、あとは眠るだけだ。




[PR]
# by boudham | 2017-03-20 09:40 | Comments(4)

治るといいな

昨夜から喉が痛くて、今日は声も少し変だ。
1日中家でゴロゴロして、風邪薬を飲んで、
イソジンガーグルの原液を喉につけたりして風邪退治を試みた。
このままだったらまだいいが、もし声が出なくなったりしたら・・・
通訳はできなくなってしまう。

食欲はあるので鍋にした。
出張前からの野菜がまだ大丈夫だったので、
冷蔵庫にある野菜と、干し椎茸、卵、チキンで。
d0251987_07530176.jpg
この一人用の土鍋は前回日本に行った時に、
なんと百円ショップで買った100円の鍋だ。
とても気に入って頻繁に使っている。
ひびが入ってしまったがまだ大丈夫。
割れないといいな。
d0251987_07553790.jpg
水炊きだが、ハラペーニョが入っているのでピリ辛だ。
お醤油、酢、すりごまで食べた。
お腹に優しい食事。外食続きのあとは特においしい。
卵はまだ大丈夫かわからなかったので、
お茶碗に割ってみたらぜんぜん大丈夫だった。
なので、残りは半熟に茹でて味付け卵にした。
d0251987_07590840.jpg
これを作っておくと、お弁当に食事に結構役立つ。


[PR]
# by boudham | 2017-03-20 07:59 | Comments(0)

お天気のジョーク

ジョージアは先週、もう3月であるにもかかわらず、
今冬で一番の寒さだったそうだ。
私は人に会うたびに
「あなたがミシガンから寒いお天気を持ってきたのよ」と言われ続けた。
雨女だの晴れ男だとか、こういうジョークは万国共通にあるようだ。

その前の週はTシャツ一枚で過ごせるような暖かさだったそうで、
確かに木々は花を咲かせていた。
藤以外にもいろいろ写真を撮りたかったが、あまり撮れなかった。

d0251987_23363184.jpg
この白いハナミズキ(たぶん)は野生でも人のおうちの庭にも多く見られた。
シンプルに白い花なのだが、その白が輝くように美しい。
お天気のいい日は特に太陽の日差しを反射しているかのように光っていた。
d0251987_23385140.jpg
あとこの赤紫の花もあちこちにあった。
d0251987_23394003.jpg
これは帰りの高速のレストエリアで撮った写真だが、
同じ花が自然の森にもたくさんあった。

ゆうべミシガンに帰りつき、今朝は喉がいがらっぽいので、
今日はゆっくり家で休むことにする。
冷蔵庫に白菜や卵があるし、干し椎茸や冷凍鶏肉もあるから、
あとで一人鍋でも作ろうかなー
湯気いっぱいに煮込んで、湯気もたくさん吸って食べたら、
喉の調子も良くなるかもしれない。




[PR]
# by boudham | 2017-03-19 23:44 | Comments(0)

春だけど寒い

ジョージアは今日、今冬一番の寒さだったらしく、
朝、車の窓は真っ白に霜が付いていた。
先週は暖かくTシャツ一枚で過ごせるお天気だったんだって。
それを証明するかのように、様々な木々が花を咲かせている。
今はフジの写真しか撮ってないのでこれだけしか
載せられないが、他にも自然の桜のような花や、
ハナミズキ、アザレアなどが咲いている。
d0251987_10134486.jpg
ジョージア滞在中にもっと木々の写真が撮りたい。
でも、チャンスがあるかどうかはわからない。

まだ出張2日目だが、すでに食べ過ぎ気分だ。
こちらに来ると、いろんな人との外食があって、
通訳も兼ねているとはいえ、つい食べ過ぎてしまう。
あははー でもでも、考えてみれば、2年前の自分は、
通訳しながらの食事は喉も通らず、迷惑三昧なふうに言っていたのだ。
それに比べれば、今は通訳しながらでも、
食べすぎるほど食べているのだから、
まったく図太くなったわけだ。

[PR]
# by boudham | 2017-03-14 10:19 | Comments(4)

やっと週末

今週は(も?)大変だったがなんとか終わって週末を迎えた。
プールに行きたかったが、なかなか行けず、
せめてもとウォーキングに。
お天気がよかったから散歩も気持ちよさそうだと思ったが、
実際出てみたら寒くて、家に戻って服を着たしてまた出かけた。
寒いとはいえ、木の芽は膨らんできていて、春の到来を感じる。
d0251987_09410103.jpg
最近朝の出勤時間がやっと明るくなった。
でも、そうかと思ったら、明日からサマータイムで1時間ずれるので、
朝の出勤時間はまた暗くなる。
その分、夜は日永になる。
駐車場の芝生にこんなグリーンが生えていて、
ネギみたいだなと思って積んで匂いを嗅いでみたらネギの匂いがした。
d0251987_09434727.jpg
チャイプ系の植物だろうか。
芝生の中に生えているので、あとひと月もしたら、
芝生と一緒にかられてしまうだろう。
できれば、少し鉢にでも植えて部屋で育ててみたい。

今週初め、キャロットジュースを作って飲もうと、
人参をたくさん買ったのに、結局ジュースを作らずに週末になってしまった。
しかも、明日から1週間ジョージア主張なのだ。
なので、今日するしかないと思い、ジュースを作った。
d0251987_09473508.jpg
これだけの人参、りんご、ライムをジュースにした。
d0251987_09483466.jpg
3、5リットルぐらいのおいしいジュースができたが、
明日ジョージアに立つ前に飲みきれるだろうか。



[PR]
# by boudham | 2017-03-12 09:51 | Comments(10)

仕事に戻って

ペルー旅行から帰ってきて1週間半が過ぎた。
今回は旅行疲れがないどころか、
仕事へのやる気もむしろ増加した感じで帰ってきた。
休暇を取ることは、いい仕事をするためにも重要なのだ、
と感じた。
特に、今回感じたことは、1週間以内の休暇なら、
中南米がいいターゲットだと思った。
なぜなら時差がないから。
私だってたまには日本に里帰りしたいし、
イランにだってまた行ってみたいし、
ドイツ始め、ヨーロッパは言ってみれば
私の第二の故郷のような気がするほどだ。
でも、今のようにフルタイムで仕事をして、
ときに取れる休暇が一度に1週間となると、
アジアやヨーロッパのような時差のあるところに行くと、
帰ってきてすぐに仕事を再開するのは間違いなく大変だと思う。
その点、中南米なら時差ボケの問題はない。
だから、今の仕事を続ける間は、休暇で中南米を訪れてみようと思った。
そのためには、スペイン語も勉強したい。

今日は仕事でがっくり落ち込んだ。
あるプレゼンの通訳が全然できなかったのだ。
しかも、とっても大切な顧客相手のプレゼンだった。
でも、内容がすごく難しかったのだ、と言いたいが、
これも言い訳なんだろうなーー 
なぜなら、私の知っている通訳の先輩だったら、
おそらく上手に訳しているのだと思う。
彼女なら、どんなにわからない内容でも
とにかくなんとか通訳し通すのだ。
私にはそうする技がない。
できるなら、そういう人といっしょに働いてノウハウを盗みたいが、
今の私にはそういう仕事仲間もいない。
自分の不出来を実感させられるのは辛いし、落ち込んでしまう。




[PR]
# by boudham | 2017-03-09 08:38 | Comments(6)

旅の終わりに味わった変な気分

乗り換えのリマ空港にはベンチがなくて
次のフライトを待つのに床に座って数時間を過ごした。
それだけのことなのだが、床に座って、床目線で過ごしていると、
不思議な気分になった。
d0251987_09181605.jpg

床に座って通り過ぎる人たちの足元を眺めていた。
d0251987_09195930.jpg
d0251987_09204947.jpg
私は疲れているから眠りたかったし、
なんならこのまま床で寝てしまおうかとも思った。
このまま床で眠ってしまったら、
ホームレスみたいに床に住み着きそうな気分がした。
それもあり得るなーと本気で思えた。
そのうち、私はこんなふうに床に住み着いて、
ホームレスになるかもしれない。
こういう角度で世界を見続けるのかもしれない。
そんなことは今の自分と紙一重のような気がするし、
それでもいいじゃないかという気が妙にした。
d0251987_09255434.jpg
今、私はミシガンのアパートに戻り、
仕事にも戻り、忙しい毎日が始まったが、
いつか自分はこんなふうに床に座ってホームレスになるのかもしれない、
と感じた。
それも悪くないのではないかと思った瞬間だった。
こんな変な気持ちわかってくれる人がいるだろうか。


[PR]
# by boudham | 2017-03-01 09:28 | Comments(14)

ホステルを出る前に楽しいことが

今回ホステルに泊まってとってもいいと思った。
何しろ1泊16ドルだし!
普通ホテルに泊まったら最低でもその5倍する。
それにホステルならではのいいところがたくさんある。
私は旅の間、こんなホステルの中庭の椅子に腰掛けて、
ブログを更新していた。
d0251987_09275672.jpg
なかなか居心地よかったよ。
最終日チェックアウトしたあと荷物をストレージに預けた。
その後、中庭でいつもと違った活動が始まった。
d0251987_09303779.jpg
床の敷石を一枚外して、こんな木を植え始めたのだ。
d0251987_09314839.jpg
あれよこれよと思っている間に中庭にこんな木が設置された。
d0251987_09325489.jpg
いったいこれはなんだんだろうと思いながらも、
私は最後の町探検に出かけ、帰ってきてみたら、
地元民がびしょ濡れになって木の周りで踊っていた。
d0251987_09364748.jpg

しかも踊っているのは、旅行客の方ではなく、
ホステルの職員たちだ。
私は自分のバッグをストーレジから出してもらわないと、
そろそろフライトがあるのでーーと焦ってきたのだが、
ホステルの職員たちはこの地元のお祝いで盛り上がっていた。
とっても雰囲気が良くって、
荷物を出してもらうために踊りを中断させるのがためらわれたが、
仕方ないのでお願いして私のスーツケースを出してもらった。
今夜出るのでなかったら、
ずっと一緒に楽しませてもらいたいようなイベントだった。
d0251987_09430427.jpg






[PR]
# by boudham | 2017-02-28 09:43 | Comments(6)

ただいま〜

ミシガンのアパートに無事帰ってきました。
出かけるときわたわたと出かけて行ったので
散らかっていました。
でももう今日はこのまま寝て
明日仕事に行きます
d0251987_07241526.jpeg
休暇の終わりは悲しいが、
私としては、今回は帰る場所と仕事が
あるだけでも、幸せだ。
約2年前、それがなかったときは、
結構ストレスだったから。
明日からフル回転で仕事が始まる。
よし、またがんばろう
d0251987_07310437.jpeg

[PR]
# by boudham | 2017-02-27 07:20 | Comments(2)